« 吉祥院天満宮 菅原家の氏寺から天満宮へ | トップページ | 南禅寺 三門から方丈庭園へ »

2018年5月14日 (月)

若一神社 平清盛と熊野信仰

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnn_6647a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の吉祥院天満宮から北に行くと、西大路八条に若一(にゃくいち)神社があります。平清盛の手植えとされる大楠が目印です。

Jnn_6437a

平安時代後期、この付近から梅小路公園あたりまで平清盛(1118~81)の邸宅「西八条殿」があり50以上の建物がありました。六波羅邸に対して、西の交通の要衝に営まれ、周辺には頼盛(1131~86)、重盛(1138~79)、宗盛(1149~85)など一族の邸宅が並びました。

Jnn_6443a

清盛は熊野権現を信仰し何度も熊野詣を行いました。社伝によると、1166年8月の熊野詣の際、土中に隠れた御神体を世に出して奉斎せよとお告げありました。帰京して邸内を探すと、東の築山から夜光が放たれ、地下三尺から若一王子の御神体が現われました。

Jnn_6448a

社を造り御神体を納め、鎮守として祈っていると、翌年2月に武士として初めて太政大臣に任ぜられました。以後、開運出世の神として崇めたといわれます。鳥居の内側に太政大臣の衣冠束帯姿の平清盛像があります(1990年建立)。

Jnn_6466a

初の武家政権が誕生しましたが、清盛は1168年に病となり出家して摂津福原に移り、西八条殿には妻の時子が住みました。平家に反発した後白河法皇と対立するも、清盛は娘・建礼門院徳子が産んだ東宮言仁親王(後の安徳天皇)を擁立して、政治の実権を握ります。

Jnn_6464a

しかし、平氏の独裁は公家・寺社・武士などから大きな反発を受け、後白河法皇の皇子・以仁王(もちひとおう)と鵺(ぬえ)退治で有名な源頼政が、平家追討のために挙兵しました。ところが、簡単に鎮圧されて以仁王と源頼政は宇治川で討死しました。

Jnn_6589a

しかしながら、この時以仁王は、平家追討の令旨(りょうじ)を諸国の源氏に発しており、源頼朝が挙兵して富士川の戦いで平維盛(これもり)率いる平家軍を破りました。その翌年の1181年清盛は熱病によって没しました。(鳥居の左に末社があります。)

Jnn_6451a

清盛の没後、北陸で木曽義仲が挙兵し、各地で平家を破り京都に迫ります。左の「松尾社」の松尾大神は醸造満足の神、右の「福徳稲荷社」の稲荷大神は、伏見稲荷大社から勧請した商売繁盛・生業繁栄の神です。

Jnn_6455a

義仲の上洛が迫った1183年、平宗盛は都落ちを決断して、六波羅邸と西八条殿に自ら火を放ち、安徳天皇を伴って平家一門とともに西国に逃れていきます。下は本殿。

Jnn_6473a

時代は下り、江戸時代中期に若一王子の御神体が再び掘り出され、この地に神社が再建されたといわれています。祭神の若一王子は、開運出世、金運上昇、商売繁盛などの信仰を集めています。

Jnn_6584a

本殿の右に、祖霊社(左)と靖国社(右)があります。祖霊社は昭和58年に建立され、神職、総代、世話方、あるいは崇敬者の方々の御霊を奉斎しています。

Jnn_6564a

「若一神社神供水(しんぐすい)」 清盛によって御神体が掘り出されて以来、毎朝神前に供えられてきた御神水です。古くから銘水として知られる地下水で、水を汲む人々が絶たないといわれています。この日もペットボトルに汲んでいる方がいました。

Jnn_6510a

祇王の歌碑「萌出づるも枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき」。祇王は清盛に寵愛された白拍子で、ここに屋敷を与えられて母、妹も呼び寄せました。しかし、仏御前を清盛にとりなすと清盛の寵愛が移り、母、妹ともに屋敷を追われました。

Jnn_6546a

「寿命社」 天正年間(1573-1585)に播州高砂神社より勧請した高砂尉と姥を祀り、夫婦円満、子孫繁栄、延命長寿のご利益があるとか。

Jnn_6512a

「弁財天社」 江戸時代中期の1715年竹生島より勧請、祭神の市杵島姫命は芸能、音楽、福運の神です。

Jnn_6533a

ところで、清盛が掘り出した若一王子の像には伝承があります。奈良時代の光仁天皇(在位770-781)の頃、唐から仏教を伝えるために来日した成光上人は、天王寺に住して熊野詣の際に、若一王子の分霊を笈に背負い、衆生救済のためとして諸国を巡りました。

Jnn_6540a

上人がこの地にあった堂で一夜を明かすと神託があり、堂内に御神体を安置しました。しかし、その後京中に戦乱が起こり、御神体は土中に埋められたといわれています。境内にも大きな楠が何本かあり、全体が木陰になっています。向うは社務所・授与所。

Jnn_6524a

神社の前の大楠は、平清盛が太政大臣に任ぜられたのに感謝して手植したものといわれ、樹齢は800年を越します。根元には「楠社」が祀られ、楠を守っています。

Jnn_6599a

昭和8年(1933)市電の軌道敷設のために、西大路通の拡張工事が行われました。境内は削られ、大楠を伐採するか移植するかが検討されました。結局、御神木の祟りを恐れて軌道を迂回することになり、西大路通はこのあたりで少し西に膨らんでいます。

Jnn_6618a

Jnn_6622a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnn_6640a

|

« 吉祥院天満宮 菅原家の氏寺から天満宮へ | トップページ | 南禅寺 三門から方丈庭園へ »

コメント

御神木を伐ると、祟りどころではなかったでしょうね。
伐らなくてよかったですね。

投稿: munixyu | 2018年5月14日 (月) 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉祥院天満宮 菅原家の氏寺から天満宮へ | トップページ | 南禅寺 三門から方丈庭園へ »