« 三室戸寺 創建秘話とつつじ・しゃくなげ | トップページ | 葉山観音と光子内親王 »

2018年5月 8日 (火)

大田神社 気になるカキツバタは?

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnn_5460a
※写真は全てクリックで拡大します。

上賀茂神社の競馬を見た後、大田神社を訪れました。今年は桜を始めとしていろいろな花の開花が早いようで、上賀茂神社で大田神社のカキツバタが満開とのアナウンスがありました(5月5日)。

Jnn_5645a

神社の「大田の沢」には約2万5千株のカキツバタが群生していて、1939年に国の天然記念物に指定されています。

Jnn_5571a

最初に、参道右手にある「大田の沢」に入ります。カキツバタの育成には多額の費用がかかるそうで、見学には協力金(300円)が必要です。

Jnn_5634a

沢の手前を見ると、期待と少し違ってまばらにしか花が咲いていません。実は、3年前に鹿によってカキツバタが荒らされていることがわかり、網を張ったのですが被害が続きました。

Jnn_5461a

翌年には高い柵を設置したのですが、それでも動物の足跡が見つかり例年の2割程度しか花が咲きませんでした。神社では京都府立植物園に調査を依頼しましたが、「病気ではないが、シカの食害ともいえない」という回答で、原因は分からなかったといいます。

Jnn_5469a

その際、神社では土壌も含めて引き続き専門家に調査を依頼し、対策を講じていくとおっしゃっていました。その効果があったのか、昨年はある程度密に花が咲いて一安心しました。しかし、今年は沢の左手(北)も昨年より花がまばらです。

Jnn_5552a

一方、沢の奥(東)を見るとかなり密に咲いています。大田神社のカキツバタは一株で3回ほど花を咲かせるそうで、場所によって開花の時期が違うのかも知れません。

Jnn_5548a

後で社務所で伺うと、全体としてはかなり回復してきたとおっしゃっていました。

Jnn_5524a

かつてこの一帯は深泥池とあわせて一つの沼地で、雲ケ畑の池と地下でつながっていて、御所ともつながっているという伝承があります。沢の北西のあたりから。

Jnn_5534a

沢の北東には楓があります。青紅葉を通して、密に咲いている東側が見えます。

Jnn_5515a

水が枯れたことがないといわれてきましたが、近年の宅地開発により水脈が変わり、現在は井戸水を補っているそうです。

Jnn_5505a

カキツバタの花の勢いがなくなったのは鹿の食害以外にも様々な原因があるかも知れません。平安時代から世代をつないできたといわれるカキツバタの群生が、なんとか元のような状態になってほしおと思います。

Jnn_5555a

平安時代の歌人・藤原俊成(しゅんぜい)は「神山やおほたの沢の杜若ふかきたのみは色にみゆらむ」と詠みました。「上賀茂神社への心からの願いは、近くにある大田の沢のカキツバタの紫色にあらわれているようだ」という意味だそうです。

Jnn_5560a

平安時代末の1189~90年に、俊成が伊勢・賀茂・春日・日吉・住吉の五社に奉納した「五社百首」の一首です。

Jnn_5529a

「大田神社」は、かつては「恩多社(おんたしゃ)」とも呼ばれ、独立した式内社でした。平安時代には、国から財政的補助がある官幣社であることがわかっています。本殿にお参りします。

Jnn_5574a

古くは渡来系の先住民の福神が祀られ、上賀茂神社よりも古く鎮座した農耕神あるいは地主神とみられています。拝殿は江戸時代の1628年の造営で、工事中でした。

Jnn_5590a

本殿には祭神として、天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀り、芸能・芸事上達の信仰があります。天鈿女命は天照大神が隠れた天岩戸の前で踊った女神です。本殿も拝殿と同時期に建立されました。

Jnn_5612a

拝殿の前に、老後安泰の神・猿田彦命を祀る「白鬚(しらひげ)神社」、病気平癒の神・大国主神と少彦名神(すくなひとなのかみ)を祀る「鎮守社」、船玉神(ふなだまのかみ)を祀る「百大夫社」があります。道路を隔てた向かいに福徳神を祀る「福徳社」があります。

Jnn_5586a

この地には、壬生、丹生、小野などの氏族の祖神が祀られ、それらは末社の白鬚社、百大夫社、福徳社として今も存続しています。その後、沼沢の池の開墾に関わったた賀茂氏一族の影響が及び、上賀茂神社の摂社になったとみられています。

Jnn_5577a

社務所の衝立に大田の沢の絵が描かれていました。

Jnn_5629a

この日は私と同じように賀茂競馬の帰りの方が大勢見学に来ました。

Jnn_5619a

道路からカキツバタの花が密に咲いている沢の東側が見えます。

Jnn_5653a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnn_5492a

|

« 三室戸寺 創建秘話とつつじ・しゃくなげ | トップページ | 葉山観音と光子内親王 »

コメント

いい感じに咲いていますね。
静かな青が、柔らかい光りの中にあって癒されます。

投稿: munixyu | 2018年5月 8日 (火) 12:25

★munixyuさん こんばんは♪
昔に比べて、カキツバタの花がまだ少ないです。それでも、それぞれの花は美しいですね。

投稿: りせ | 2018年5月11日 (金) 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三室戸寺 創建秘話とつつじ・しゃくなげ | トップページ | 葉山観音と光子内親王 »