« 大豊神社と哲学の道(南部) | トップページ | 嵐山・法輪寺とお知らせ 2018春 »

2018年4月 1日 (日)

熊野若王子神社と桜花苑

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnm_4561a
※写真は全てクリックで拡大します。

哲学の道の南端にある若王子(にゃくおうじ)橋を渡ります。「熊野若王子神社」は、平安時代末期の永暦元年(1160)後白河上皇が紀州熊野権現を勧請して禅林寺(永観堂)の守護神とした「若王子」が始まりとされます。

Jnm_4450a

社名は天照大神の別称「若一王子」にちなみ、かっては永観堂の近くにあったそうです。下の石橋は、江戸時代の1656年に吉良家から寄進されたといわれています。

Jnm_4452a_2

当時は、熊野神社、新熊野(いまくまの)神社とともに京都三熊野のひとつに数えられました。正面は末社の「恵比須社」で、かつて夷川通にあった「夷川恵比須社」を遷したものです。

Jnm_4457a

「恵比須神像」 木造寄木造りの等身大の坐像で、室町時代の作とされ、開運商売繁盛の神です。*今日も記事の最後にある「お願い」をよろしく。

Jnm_4462a

鎌倉時代には将軍・源頼朝の寄進、室町時代には将軍・足利尊氏や義満らの寄進が相次き、武家の信仰を集めました。この頃には花見の名所として知られ、尊氏や義政が花見の宴を開いたという記録が残っています。境内にはテントの休憩所や茶店が出ています。

Jnm_4464a

室町時代の応仁の乱(1467-1477)により社殿は荒廃しましたが、豊臣秀吉によって再興されて社殿と境内が整備されました。下は境内の中央にある本殿。

Jnm_4466a

本殿には祭神として、国常立神(くにとこたちのみこと)、伊佐那岐神(いざなぎのみこと)、伊佐那美神(いざなみのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀ります。道中安全、進学や縁結びの神様たちです。

Jnm_4482a

本殿の正面にも石橋があります。

Jnm_4489a

江戸時代には聖護院門跡院家として、「正東山(しょうとうさん)若王子乗々院」と号し、寺領75石を得ています。院家とは大寺院を補佐してその法務を行う別院です。境内の東に新しい社務所ができていました。

Jnm_4473a

明治初年(1868)の神仏分離令後の廃仏毀釈により、若王子乗々院は神社だけが残り、聖護院より離れました。地仏堂に安置されていた薬師如来坐像は、奈良国立博物館に遷されました。本殿の前に地仏堂の屋根にあった宝珠が置かれています。

Jnm_4483a

左の道をまっすぐ行くと、山の斜面に滝がありその周囲にいくつかの末社がありますが、このときは訪れていません。

Jnm_4477a

左の道の途中に「桜花苑」への登り口があります。

Jnm_4496a

しばらく登ると鮮やかなピックの桜が見えてきます。

Jnm_4543a

この桜は「陽光桜」という種類で、例年3月下旬から4月上旬に濃いピンクの花を咲かせます。

Jnm_4539a

西の斜面に、いろいろな記念として約100本の桜が植えられています。奥に新たに東屋ができていました。

Jnm_4515a

Jnm_4503a

木の枝の間から西山が見えます。かすんでいますが、愛宕山です。

Jnm_4524a

南の方には「若王子取水池」が見えます。蹴上から流れて来た水は水路閣を過ぎてトンネルに入り、ここから疏水分線および地下を通るパイプに分かれます。パイプ(導水管)の水は疏水分線の下を通り、松ヶ崎浄水場まで運ばれ、市内北部に供給されます。

Jnm_4528a

昭和43年の疏水分線を埋め立てる計画は、松ヶ崎浄水場への水を増やすために2本目の導水管を設置する際に持ち上がりました。実用的な用途がなくなった疏水分線を埋め立てれば、より多くの水を確保でき、新たに車道を造ることもできると考えたのです。

Jnm_4530a

ところで、昨日の記事にある「若王子観音」は、かっての神仏習合時代の正東山若王子乗々院に祀られていたようです。『花洛名勝図会』には、「本地堂が拝殿の東にあり、西向 。千手十一面如意輪等の観音三躰を安置する」と書いてあるそうです。

Jnm_4547a

さらに、「洛陽順礼第一番の札所」とも書いてあるそうです。これは、洛東三十三所観音巡礼のことのようです。一方、神仏分離令によって観音菩薩やいしぶみ(石標)などが寺町の矢田寺に遷されたともいわれています。

Jnm_4423b

下は矢田寺の「しあわせ大日如来」の前にある石標。上部が欠けていますが、「東山若王子」、左の面には「所第一番」と刻んでありました。しかしながら、矢田寺、熊野若王子神社とも観音菩薩像については行方が分からないそうです。

Jni_7225c

美味しそうだったので、みたらし団子を頂きました。

Jnm_4494a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnm_4510b

|

« 大豊神社と哲学の道(南部) | トップページ | 嵐山・法輪寺とお知らせ 2018春 »

コメント

だいぶ濃い色の桜が出てきましたね。
春はどんどん進んでいきますよね。

投稿: munixyu | 2018年4月 1日 (日) 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大豊神社と哲学の道(南部) | トップページ | 嵐山・法輪寺とお知らせ 2018春 »