« 祇園白川 夜桜2018 | トップページ | 真如堂 桜めぐり2018 »

2018年4月 8日 (日)

神楽岡通から法伝寺(吒枳尼天)へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnm_5648a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事では北白川疏水から銀閣寺交差点まで来ました。そこから今出川通を少し西に行くと、左手に「神楽岡(かぐらおか)通」があります。この通りは吉田山の中腹を南に向かいます。吉田山は神が降臨した場所と考えられ、かっては神楽岡と呼ばれました。

Jnm_5501a

紅白の桜が咲いているのは「アトリエCASHA(カーシャ)」で、しょうざんリゾートにある「セントオーガスティン教会」での小さな結婚式を運営する、結婚式写真の会社(本社)です。

Jnm_5518a

結婚式や写真の相談・受付はこちらではなく、教会で行っているそうです。

Jnm_5520a

「後一条天皇菩提樹院陵」と「後冷泉天皇皇后章子内親王陵」 平安時代中期の藤原道長の全盛期、後一条天皇は一条天皇と道長の長女・彰子の間に生まれました。9歳で即位、道真の四女・威子以外に妃を持たず29歳で崩御しました。その皇女の一人が章子です。

Jnm_5530a

宗忠神社の車参道(吉田山越の道)のところで左に曲がると、東北院、極楽寺、大興寺、迎称寺の四つの寺院があります。そのうち、「大興寺」は歴史がある臨済宗東福寺派の寺院ですが、現在本堂がありません。山門の向こうに一本だけ桜が見えます。

Jnm_5545a

迎称寺は塀の前に咲く萩の花で知られますが、その前から南に行くと、左は真如堂の敷地です。

Jnm_5549a

塀の中の桜は満開のようです。

Jnm_5553a

真如堂の赤門の前に来ました。その左前に塔頭の「法伝寺」があります。

Jnm_5555a

鳥居と「吒枳尼天(だきにてん)」の石標があります。ここは、かっての神仏習合時代には真如堂の稲荷堂でしたが、現在は塔頭寺院の法伝寺となっています。

Jnm_5650a

吒枳尼天は、もともとインダス文明の女神、豊穣の大地母神ヤクシーでしたが、ヒンドゥー教には魔女として取り入れられダーキニーと呼ばれました。

Jnm_5565a

自在の通力をもって6か月前に人の死を知り、その心臓を食うといわれました。

Jnm_5572a

参道の正面に舞殿のような、奉納舞台を改造した休憩所があります。その内部には三十六歌仙の額が掲げられています。

Jnm_5575a

吒枳尼天は、中国に伝わり密教に取り入れられ、胎蔵界曼陀羅外院にあって大黒天に所属する夜叉神とされ、仏教を守護する神となりました。

Jnm_5583a

平安時代、空海が密教を日本へ持ち込んだときに吒枳尼天とよばれるようになりました。一本だけある紅枝垂桜が見事に咲いていました。

Jnm_5580a

密教の経典ではジャッカルを眷属(家来)にするとありましたが、 日本にいなかったので代りに狐が眷属となり、稲荷(いなり)信仰と結びつきました。

Jnm_5591a

もともと豊穣の女神だった吒枳尼天は豊穣の農業神の稲荷神と一体のものと考えられました。二の鳥居もあります。

Jnm_5606a

正面のお堂に、空海が刻んだという白狐に天女が乗った荼枳尼天(だきにてん)像が安置されています。

Jnm_5610a

徳川家康はこの吒枳尼天を深く信仰し、天下を治めるようになって報恩のために祭祀料として百石を献上したといわれています。 また、刀匠三条小鍛治宗近が、童子に化身したこのお堂の白狐に打鍛治術の奥秘を授かり、名工となったという伝承もあります。

Jnm_5614a

密教には吒枳尼天法という秘術があり、自分の心臓を吒枳尼天に捧げると密約すると、何でも願いを叶えてくれるといわれています。家康もこの秘術によって天下を獲ったとも噂されました。お堂の裏に狐の出入り口があります。

Jnm_5622a

空海が刻んだ像は当初は稲荷大明神として祀られていましたが、明治の神仏分離令によって、本地仏の吒枳尼天と呼ばれるようになりました。本地仏とは、神道あるいは日本古来の神が人々を救うために仏教の仏(神)の姿になって現れたものです。

Jnm_5612a

この後、真如堂の桜を見にいきました。

Jnm_5643a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnm_5598a

|

« 祇園白川 夜桜2018 | トップページ | 真如堂 桜めぐり2018 »

コメント

桜でお腹いっぱいになるような桜景色ですよね。
満開の桜の力はやっぱり凄いと思います。

投稿: munixyu | 2018年4月 8日 (日) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園白川 夜桜2018 | トップページ | 真如堂 桜めぐり2018 »