« 京都御所 特別公開「宮廷文化の紹介」 | トップページ | 京都御所 後編 「宮廷文化の紹介」 »

2018年4月14日 (土)

天龍寺 花咲く庭園2018

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnm_7174a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事の宝厳院を後に、天龍寺に来ました。下はお堂の拝観入り口の庫裡ですが、この日は左にある庭園に向かいました。

「天龍寺」は、室町時代の暦応2年(1339)足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として創建したのが始まりです。

Jnm_7064a

その後の天龍寺の歴史は省略して、庭園を見てまわります。庭園の拝観受付を過ぎると、大方丈とその前庭があります。この前庭には、向うの端に一本だけ三つ葉つつじがあります。


Jnm_7066a

「唐門」 天龍寺は東に面して建てられ、勅使門、放生池(蓮池)、法堂、唐門、大方丈が東西に一直線に配置されています。

Jnm_7071a

大方丈の裏(西)にある「曹源池庭園」。中央から右は亀山が借景となっていて、右端に小方丈が見えます。

Jnm_7079a

夢窓国師が作庭した池泉廻遊式庭園で、国の史跡・特別名勝の第一号です。向こう岸の中央に石組からなる滝(龍門瀑)があります

Jnm_7082a

小方丈の前から大方丈、右には南の借景の嵐山が見えます。*記事の最後にある「お願い」をよろしく。

Jnm_7099a

この池に中の島はなく、石があちこちに配置されています。桜の木は2、3本しか見当たりませんが、紅葉の頃は鮮やかな彩りになります。

Jnm_7113a

この地は、かって亀山上皇が離宮「亀山殿」を建てた場所で、後の後醍醐天皇も学問所として幼少期を過ごしました。北から水が流れ込んでくるところには鯉が集まっています。

Jnm_7115a

小方丈の横の石段を上って多宝殿の方に行きます。お堂に上がった場合は、下の渡り廊下が多宝殿まで続いています。廊下の向こうに嵐山を模した小さな中庭があります。

Jnm_7125a

多宝殿には後醍醐天皇の尊像が祀られています。現在の建物は昭和初期に建立されたものですが、後醍醐天皇の吉野行宮(あんぐう)時代の紫宸殿の様式を伝えています。

Jnm_7131b

多宝殿の前には大きな枝垂桜が何本もあります。

Jnm_7152b

多宝殿の左を通り北門の方に行けますが、いつものように山の斜面を上ります。このあたりでは三つ葉つつじが満開でした。

Jnm_7157a

山の斜面の道はすぐに二つに分かれ、一方は池の裏(西)を通って大方丈の南に戻ります。もう一方の道(下の写真)は斜面をさらに上り、展望台を通って北門の方に向かいます。

Jnm_7159a

展望台から多宝殿が見下ろせます。王朝絵巻の俯瞰図のような景色です(TOPの写真も)。

Jnm_7199a

下からこちらも見えるはずですが、だれも気付きません。

Jnm_7182a

この展望台は「望京の丘」といい、市内が見渡せます。奥は大文字山で、左には比叡山があります。

Jnm_7229a

展望台を通る道をしばらく行くと下りになり、下に見える多宝殿の横の道に合流します。

Jnm_7219a

「愛の泉」と「平和観音」 夢想国師の母親は観音菩薩を信仰していて、その夢を見て国師を生んだそうです。夢想国師が南北両朝の和平に尽力したことにちなみ、この像を平和観音と名付けたそうです。

Jnm_7240a

多宝殿から北門までは「百花苑」とよばれる庭園となっていて、様々な植物が四季を通じて花を咲かせます。以下では花を見ながら北門に向かいます。「和田石楠花(しゃくなげ)」

Jnm_7261a

左は「吉野躑躅(つつじ)」、右は「雪柳」 親切にすべての草木に名札があり、英語、中国語、ハングルでも書いてあります。

Jnm_7272a

「三つ葉つつじ」はもともとこのあたりに自生していたようです。

Jnm_7276s

「木瓜(ぼけ)」 手前は緋紅、後ろは白と紅の斑(まだら)。

Jnm_7286a

「白妙(しろたえ)桜」、純白のぽっちゃりした花びらでした。

Jnm_7296a

手前は「日陰躑躅(ひかげつつじ)」。

Jnm_7306a

手前は「連翹(れんぎょう)」

Jnm_7312a

「黒光木瓜(こっこうぼけ)」

Jnm_7313a

この後、北門を出て竹林の小径を亀山公園の方に向かいました。

Jnm_7329a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnm_7325a

|

« 京都御所 特別公開「宮廷文化の紹介」 | トップページ | 京都御所 後編 「宮廷文化の紹介」 »

コメント

いろんな花が咲き乱れていますね。
絵の様な春景色、いいですよね。
心が癒されます。

投稿: munixyu | 2018年4月14日 (土) 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都御所 特別公開「宮廷文化の紹介」 | トップページ | 京都御所 後編 「宮廷文化の紹介」 »