« 下鴨神社 光琳の梅と式年遷宮事業 | トップページ | 夕暮れの清水坂から産寧坂へ »

2018年3月 2日 (金)

京都御苑と各地の梅情報 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnl_7350a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の下鴨神社を出て、京都御苑の建礼門前大通に来ました。ここは葵祭、時代祭の行列が通るところで、右手前に「黒木の梅」があります。

Jnl_7234a

この梅はかって九條邸にあった八重の紅梅です。この日(2月28日)はいまにも蕾がほころびそうで、開花直前のようでした。

Jnl_7246a

以下では、御苑の梅とともに京都の代表的な梅の名所とその開花情報をお伝えします。

Jnl_7259a

建礼門前大通から梅林がある西の通りに行く途中に、一本だけ白梅が咲いていました。

Jnl_7264a

☆隨心院 つぼみ(2月28日)、見頃は例年3月上旬~下旬
小野小町ゆかりの寺として知られ、境内には約230本の梅が咲く小野梅園があり、3月1日から4月1日まで開園します。

Jnl_7276a

園内には「はねずの梅」と呼ばれる薄紅色をした遅咲きの梅があり、3月24日に「はねず踊り奉納舞」が行われます。

Jnl_7278a

御苑の西の通りの宗像神社の北に一対の紅白の梅が咲いていました。

Jnl_7281a

☆北野天満宮 咲き始め(2月28日)、見頃は例年2月上旬~3月中旬
梅苑と境内に50種約1500本の梅が植えられ、中には「和魂梅」「黒梅」など珍しい品種もあります。

Jnl_7292a

梅苑は2月上旬~3月下旬まで公開され、2月23日(金)~3月18日(日)の毎週末(金・土・日曜)には、梅苑のライトアップがあります。

Jnl_7305a

「出水の小川」に来ました。ここには桜を始めいろいろな草木が植えられています。ここから北にある梅園までの間にも、梅が植えられています。

Jnl_7315a

☆城南宮 咲き始め(2月28日)、見頃は2月中旬~3月中旬
城南宮の神苑は「源氏物語花の庭」と呼ばれ、物語に登場する花を始め四季折々の草花で彩られます。

Jnl_7320a

中でも梅は格別で、春の山の庭では紅白合わせて約150本のしだれ梅が苑路のすぐ近くまで枝を垂らして咲きます。2月18日(日)~3月22日(木)の期間、「しだれ梅と椿まつり」が開催されます。

Jnl_7322a

少し北に行くと、蝋梅(ろうばい)が咲いていました。

Jnl_7418a

☆元離宮二条城  咲き始め(2月27日)、見頃は例年2月下旬~3月上旬
徳川家康が造営し、家光の代に完成した二条城は、絢爛豪華な襖絵や彫刻で知られますが、城内には桜や梅、モミジも植えられ、四季折々の自然も楽しめます。

Jnl_7433a

約130本の梅が植えられ、南西部に広がる梅林にそのほとんどがあります。紅梅、白梅、桃色梅、枝垂れ梅、1本の木に紅白の花を咲かせる「源平咲き分け」などがあり、城壁や堀を背景に春を彩ります。

Jnl_7431a

☆梅宮大社 咲き始め(2月28日)、見頃は例年2月上旬~下旬
日本最古の酒造の神さまとして知られますが、東神苑の咲耶池の周りには、かきつばた、花菖蒲、霧島つつじが咲きます。

Jnl_7397a

北神苑の勾玉池の周りには花菖蒲、八重桜、平戸つつじ、あじさいが咲きます。西神苑が梅林となっていて、ラッパ水仙が道路に沿って咲きます。梅宮神社のHPには、極早咲き(満開)、早咲き(3~5分)、標準(咲き始め)(いずれも2月26日)と詳しい情報があります。

Jnl_7401a

出水口からの東西の通りに来ました。ここにも一対の紅白の梅が咲いていました。

Jnl_7327a

☆京都府立植物園(梅林)および青谷梅林はともに 咲き始め(2月28日)で、例年の見頃の時期の情報はありません。

Jnl_7333a

上で紹介したのは、梅園や梅林があるところですが、菅原道真を祀る天満宮や天神神社にはほとんど例外なく梅が植えられています。中には、境内に一本だけしか梅がないところもあります。

Jnl_7339a

そんな神社で梅を見ながら、大宰府に左遷させられ「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅の花、主(あるじ)なしとて春を忘るな」と詠った道真をしのぶのも風情があるかも知れません。(ここから北が梅林ですが、咲いている梅はほとんどありませんでした。)

Jnl_7358a

このあたりのアオサギは誰かが餌を与えるようで、人になついています。

Jnl_7382a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnl_7440a

|

« 下鴨神社 光琳の梅と式年遷宮事業 | トップページ | 夕暮れの清水坂から産寧坂へ »

コメント

梅、今が見ごろみたいですね。
いい春の匂いがしてきそうです。
蝋梅、紅梅、白梅、それぞれに趣きがあっていいですよね。

投稿: munixyu | 2018年3月 2日 (金) 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下鴨神社 光琳の梅と式年遷宮事業 | トップページ | 夕暮れの清水坂から産寧坂へ »