« 夕暮れの清水坂から産寧坂へ | トップページ | 白雲神社 御所の弁天さん »

2018年3月 4日 (日)

夕暮れの二年坂から維新の道へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnl_6938a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて二年坂まで来ました。上の写真の和傘は「cafe 我楽苦多」です。近くに世界的ブランドのスターバックスやアラビカがオープンしましたが、こちらの「二年坂ブレンド」も人気です。

もう日が暮れていますが、空には薄明かりが残っています。

Jnl_6941a

「ハナビラヒトツ」 オリジナルのちりめんでできたアクセサリーや伝統的なつまみ細工、普段使いにも適したトンボ玉・ガラスアクセサリーなどがあります。

Jnl_6943a

20~30分でかんざし、ピアス、イヤリングなどが作れる体験工房もあります。

Jnl_6944a

「北斎グラフィック 二年坂」 和傘屋さんです。

Jnl_6948a

「ちりめん細工館」 残り布を使った吊り雛、季節を切り取る月ごとの細工物、てんてんてん毬、わらべシリーズ、小箱シリーズなどがあります。

Jnl_6949a

「爆笑似顔絵商会」 カリカチュアという誇張した似顔絵で、控えめ、面白め、激しめから選ぶのだとか。京都の背景付きもあり、写真からでも描いてくれるのでお土産にもなるそうです。

Jnl_6950a

通りの真ん中あたりに「延命地蔵菩薩」が祀られています。ここでこの町内の地蔵盆が行われます。

Jnl_6951a

「二井三(にいみ)」 千利休の師匠で、詫び香の始祖・武野紹鴎(じょうおう)がこよなく愛した香の調合を、一子相伝として伝えているそうです。一番人気は「加茂のせせらぎ」で、京線香、練り香水、百楽香などもあり、ネット販売もしています。

Jnl_6952a

露地の向こうに八坂の塔が見えます。

Jnl_6961b

向うの右手のフェンスの中では、「京大和」がホテルを建設中です。地上2階、地下4階、延べ床面積1万5千㎡の高級ホテルで、西日本初のパークハイアットだそうです。

Jnl_6958a

「旭亭」 和雑貨、京小物のお店です。ちりめんの小物、飾扇子・京扇子、かんざし、西陣織の金襴の手提かばん、酒染・草木染のかばん、お香などいろいろあります。

Jnl_6962a

「はろうきてぃ茶寮」 こちらはハローキティ―のお菓子や小物などのお土産店です。右の露地の奥に料理やお茶がいただける茶寮があります。

Jnl_6965a

茶寮では、ティー、珈琲、抹茶、パスタ、カレー、ハンバーグ、オムライス、稲荷茶そばセット、デザートなど、どこかにキティーちゃんがいます。

Jnl_6969a

大きなキャラクターが置いてあって、順番待ちの間定員さんが写真を撮ってくれます。中にはキティーちゃんで再現した秀吉の黄金の茶室、キティーちゃんの石仏?がいる日本庭園などもあります。外国人の方も多く、キティーちゃん人気にちょっとビックリしました。

Jnl_6972a

「寺子屋本舗」 おかき・煎餅のお店です。お得なこわれおかきもあります。

Jnl_6976a

「釜座」 湯葉・生麩・豆腐や天ぷらなどの麺類や丼ものから、お手軽な御膳まで京の味覚が楽しめるごはん屋さんです。生麩まんじゅうや生麩のみたらし、冷抹茶などのテイクアウトもできるそうです。

Jnl_6977a

「一年坂」

Jnl_6980a

正面には一昨年落慶した高台寺の「利生堂」が見えます。右手の工事フェンスの中には京大和直営の茶寮「林泉」があったのですが、こちらは木造の建物を保存・改修して外観を復元するそうです。

Jnl_6979a

高台寺南門通(維新の道)まで来ました。ここから東大路に出て帰宅しました。

Jnl_6983b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

ねねの道

Jnl_6985b

|

« 夕暮れの清水坂から産寧坂へ | トップページ | 白雲神社 御所の弁天さん »

コメント

キティーちゃんワールドは大人気なんですね。
外国にも広がっているのには驚きです。
キティーちゃんの力は絶大ですね。

投稿: munixyu | 2018年3月 4日 (日) 12:37

★munixyuさん こんばんは♪
最近日本を訪れる外国人には、キャラクターやアニメのグッツ、その聖地巡礼が目的の方もあるそうですね。従来の観光地だけでなく、いろいろな目的で訪日する人が増えるのはいいことですね。

投稿: りせ | 2018年3月 7日 (水) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの清水坂から産寧坂へ | トップページ | 白雲神社 御所の弁天さん »