« 聖護院 採燈大護摩供 | トップページ | 歴史的町並みの小川通を歩く »

2018年2月 6日 (火)

積善院 人喰い地蔵と恋情塚

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnl_2594a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の聖護院の大護摩供の後、隣にある塔頭・積善院を訪れました。「積善院」は「積善院凖提堂」とも呼ばれる聖護院の塔頭寺院です。

Jnl_2600a

「積善院」は鎌倉時代の1200年頃に聖護院の別院として現在の熊野神社の北西に創建され、本山を補佐して諸法務をおこなう筆頭寺院・院家(いんげ)でした。一方、「準提堂」は江戸時代に熊野神社の南東に創建された聖護院の塔頭寺院です。(寺務所・授与所)

Jnl_2616a

明治初年の神仏分離令により寺院の統廃合が進められ、積善院と準提堂が合併して、大正3年にその建物を積善院境内に移転しました。そのため、積善院凖提堂とも呼ばれます。(下は「拝殿」)

Jnl_2614a

本堂はかっての準提堂で、その本尊・準提観音像と積善院の本尊だった不動明王像をあわせて祀っています。準提観音像は光格天皇の勅願といわれています。

Jnl_2439a

本堂の左手に「行者堂」はかっての積善院本堂で。役(えん)の行者像と阿弥陀如来像などを祀っています。

Jnl_2618a

役の行者(634-701)は奈良時代の山岳修行者で修験道の宗祖です。役の優婆塞(うばそく)、役の小角(しょうかく・おづの)とも呼ばれます。また。遠忌(没後)1100年を迎えるにあたって、光格天皇から神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)の諡が贈られました

Jnl_2461a

行者堂と本堂の間を行くと、境内の北西にお堂や地蔵が安置されています。

Jnl_2464a

以前は3つの祠が並んでいたのですが、現在は祠が一つしかありません。おそらく二つの祠が傷んで修理のために撤去したと思われます。

Jnl_2626b

右の石仏群は近郊から持ち込まれたもの、祠は地蔵菩薩を祀っていると思われます。中央の祠には、かって聖護院の森の西北にあった「崇徳院地蔵」を祀っていましたが、祠が無く石仏が直接台座の上に乗っていました。

Jnl_2465a

崇徳院地蔵の前に撮影禁止と書いてあるので下に祠があった頃の写真を載せます。一番左の祠には賓頭盧尊者が祀られていましたが、こちらは木像なので祠ごと撤去されています。

Jmw_2715b

平安末期の1156年に皇位継承をめぐって「保元の乱」が起き、敗れた崇徳上皇は讃岐に流され憤死してしました。その後京の都では大火、疫病、大地震などの災厄が続き、上皇を追い落とした平清盛が急死し、世間では崇徳上皇の怨霊の祟りだとされました。

Jnl_2486a

その怨霊を慰めるために町の人々が聖護院の森に建立し たのが崇徳院地蔵だといわれます。その後「すとくいん 」が「ひとくい」となまり、「人食い地蔵」の名で呼ばれるようになりました。長い間聖護院の森で野ざらしだったものを明治になってここに遷されました。

Jnl_2621a

さらに左に「お俊伝兵衛恋情塚」があります。江戸時代中期の1738年釜座三条の呉服商・井筒屋伝兵衛(23歳)と、先斗町近江屋金七の抱え遊女・お俊(20歳)が恋仲となり、添えないために聖護院の森で心中した事件がありました。

Jnl_2468a

この事件は、近松門左衛門の人形浄瑠璃「近頃河原達引」の題材となり、1952年に義太夫の豊竹山城少椽らよってこの塚が立てられました。そこには、「やつす姿の女夫連れ名を絵草紙に聖護院森をあてどにたどり行く」とあります。

Jnl_2468b

人形浄瑠璃では、井筒屋伝兵衛がお俊(しゅん)と深い仲になり、身請けの話もまとまっていました。ところが、お俊に横恋慕する侍・横淵官左衛門は、悪仲間と共に伝兵衛から金三百両を奪い、両者は四条河原で達引(たてひき、喧嘩沙汰)となります。

Jnl_2446a

伝兵衛は官左衛門を斬ってしまいお尋ね者になります。そしてお俊は、伝兵衛と接触しないように、堀川の実家に預けられました。そこにはお俊の母と兄の与次郎が暮らし、与次郎は楽でない暮らしを猿廻しで支え、盲目の母に孝行を尽くしていました。

Jnl_2450a

ある晩のこと、伝兵衛が堀川の家にそっと訪ねてきます。(境内のあちこちに可愛い猫の置物があり、探し出すのが楽しみです。下は聖護院との間の通路で、護摩壇からまだ煙が出ています。)

Jnl_2633a

伝兵衛がやぶれかぶれになってお俊を殺しに来たのかも知れないと兄の与次郎は怯えましたが、どうにか心を落ち着かせて、伝兵衛が来たら渡す手筈になっていた妹が書いた別れの手紙を差し出しました。

Jnl_2619a

ところがそれは別れの手紙でなく、自害の覚悟を知らせるお俊の書き置きでした。伝兵衛は、死なずに母や兄と暮らして欲しいと頼むと、お俊は私がそんな薄情な女と思っているのですかと必死に訴えます。心を打たれた母と兄は、二人が出て行くことを許しました。

Jnl_2604a

心中すると分かっている二人を見送る痛ましい別れですが、兄の与次郎はめでたい猿回しで見送ります。この「猿回しの段」のみどころは、「そりゃ聞こえませぬ伝兵衛さん」で始まるお俊の泣かせる言葉と、10分も続く猿回しの演奏だそうです。

Jnl_2606a

聖護院の森はかって東山丸太町一帯にあった広大な森で、その巨木が熊野神社や錦林小学校に残っています。また紅葉が美しく、現在の「錦林地区」という地名にもなりました。

Jnl_2496a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnl_2508b

|

« 聖護院 採燈大護摩供 | トップページ | 歴史的町並みの小川通を歩く »

コメント

心中。
昔の人は純粋、真っすぐだったんでしょうね。

投稿: munixyu | 2018年2月 6日 (火) 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖護院 採燈大護摩供 | トップページ | 歴史的町並みの小川通を歩く »