« 堀川通を歩く 上御霊遺前通から紫明通へ | トップページ | 西向寺 紫野東蓮台の浄土宗寺院 »

2018年2月10日 (土)

玄武神社 北方の守護神と惟喬親王

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnl_2678a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の堀川通(紫野)にある島津製作所の西に玄武神社があります。後ろにあるのは2001年に建てられた「パークシティ北大路」で、総戸数225戸の分譲マンションです。

Jnl_2679a

「玄武神社」は、平安時代の元慶年間(877-885)、大宮郷の星野市正茂光(ほしのいちのかみしげみつ)が、不運な生涯を送っていた惟喬(これたか)親王の怨霊を鎮め、王城の北方の守護のために、親王寵愛の剣をこの地に祀ったのが始まりといわれています。

Jnl_2690a

星野茂光は惟喬親王の母方の親族で、この近くの大宮郷の郷士で878年に若宮神社(八幡宮)を創建して神職を務めていたといわれています。二つの神社はどちらも現在の北区紫野雲林院町にあります。

Jnl_2688a

惟喬親王(844 -897)は、平安時代前期、文徳天皇と紀名虎(きのなとら)の娘・静子との間に生まれた第一皇子でした。紀名虎は有力な貴族の一人でしたが、文徳天皇と右大臣・藤原良房の娘・明子との間に惟仁(これひと)親王が生まれると状況が変わりました。

Jnl_2692a

当時絶大な権力を握っていた藤原良房に気兼ねして、文徳天皇は3人の兄を差し置いて、第四皇子の惟仁親王を生後8か月で立皇太子(皇位継承者)としました。

Jnl_2825a

文徳天皇はせめて惟仁親王が成人になるまで惟喬親王に皇位を継承させようとしましたが、良房の力を恐れた源信の進言により実現しませんでした。858年惟仁親王は9歳で即位して清和天皇となり、後見として外祖父の良房が人臣で最初の摂政に就任して、藤原氏の摂関政治が始まりました。

Jnl_2722s

惟喬親王は857年に文徳天皇の前で元服して四品に叙せられ、858年大宰権帥に任ぜられ、大宰帥、弾正尹、常陸太守、上野太守などを歴任しました。しかし、872年病のため官職を辞し出家して素覚と号し、比叡山山麓の小野に隠棲しました。

Jnl_2723a

玄武神社が創建されたのは惟喬親王が出家した後のことです。社名の玄武とは、青竜、白虎、朱雀とともに王城を守る四神のひとつで、当社が平安京の北にあることから北面の守護神として名付けられました。

Jnl_2731a

本殿には祭神として惟喬親王を祀り、方除、厄除、疫病除けなどのご利益があるとして信仰されてきました。  

Jnl_2729a

玄武は足の長い亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多く、亀は「長寿と不死」、蛇は「生殖と繁殖」の象徴で、陰陽が合わさる様子とされています。また、北にある冥界と現世を往来して、冥界で亀甲占いの神託を受け、現世にそれを持ち帰ると信じられました。

Jnl_2728a

その後、惟喬親王は山近江国蛭谷(滋賀県東近江市)にも隠棲したそうです。住民に木工技術を伝えたのが木地師(きじし)のはじまりとされ、木地師の祖と呼ばれています。木地師とは、轆轤(ろくろ)を用いて椀や盆等の木工品を作る職人のことです。

Jnl_2806a

死期が迫った惟喬親王は御所の川上の地を避け、雲ヶ畑の地へ移り住んで897年に亡くなりました、享年54。雲ヶ畑の人々にも愛されたようで、惟喬神社が建てられて親王の霊が祀られています。

Jnl_2793a

また、北区大森東の安楽寺には惟喬親王の墓があり、平安時代初期作とみられる薬師如来坐像が安置されています。本殿の右手に小さな庭があります。

Jnl_2798a

平安時代には疫神送りの花鎮めの祭が大徳寺東門付近にあった雲林院村で行われていました。965年に都で大水があり疫病が流行り、翌966年に勅命によって当社で都(山城国)で最初の鎮花祭が行われました。

Jnl_2800a

江戸時代の1616年に雲林院村で火災があり祭は中断、上野村が代わりに引き継いでいました。明治時代の1882年に雲林院村での祭が復活、現在では当神社の「玄武やすらい花」として毎年4月第2日曜日に催されています。

Jnl_2750a

花傘、羯鼓(かんこ)回し、小鬼(羯鼓)に大鬼が続き、赤と黒のザンバラ髪の鬼たちが太鼓と鉦に合わせ飛び跳ねて踊り、疫病神が荒れ狂う様子をあらわしています。同様のやすらい祭りは、近くの今宮神社や西賀茂の川上大神宮社、上賀茂でも行われています。

Jnl_2811a

本殿の左に二つの摂社があります。白い鳥居は「三輪明神社」で三輪明神を祀ります。やすらい祭はかって奈良時代に奈良・大神神社(おおみわじんじゃ・三輪明神)とその摂社で行われていた鎮花祭が起源ともいわれています。

Jnl_2733a

この摂社は大神神社から三輪明神を勧請したとみられ、玄武やすらい祭では最初に本殿とこの摂社にやすらい踊の奉納があるそうです。玄武やすらい祭は、1975年に国の無形民族文化財、1987年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

Jnl_2743a

赤い鳥居は「玄武稲荷神社」で、五穀豊穣商売繁盛の玄武稲荷大神を祀ります。

Jnl_2758a

隣には今宮神社の広大な御旅所があります。

Jnl_2827a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnl_2748a

|

« 堀川通を歩く 上御霊遺前通から紫明通へ | トップページ | 西向寺 紫野東蓮台の浄土宗寺院 »

コメント

鶴と亀はよく聞きますが、
亀と蛇はあまり聞かないですよね。
でも、もしかすると鶴より蛇の方が合ってるのかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2018年2月10日 (土) 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堀川通を歩く 上御霊遺前通から紫明通へ | トップページ | 西向寺 紫野東蓮台の浄土宗寺院 »