« 遣迎院 鷹峯に移った名刹 | トップページ | 金閣寺 鏡湖池をめぐる »

2018年1月23日 (火)

蘆山寺・大福寺と京都七福神

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnk_5444a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の遣迎院を含めて、今年になってから「京都七福神」のうちの5寺を訪ねました。今日は残りの蘆山寺と大福地を訪ねます。京都御苑の東の寺町通に面して蘆山寺の山門があります。

Jnk_5445a

「蘆山寺」は平安時代の天慶年中(938年~947年)天台座主元三大師良源によって船岡山の南に創建されたのが始まりです。明治維新までは遣迎院ともに「御黒戸四箇院」という宮中の仏事を司る四か寺の一つでした。(山門の正面は「大師堂」です。)

Jnk_5449a

大師堂は元三大師像を本尊として、左右に不動明王、金山毘沙門天、薬師如来像を安置しています。毘沙門天は聖徳太子作と伝えられています。 太子は父・用明天皇の没後皇位継承問題で排仏派の物部守屋らと戦い、そのとき戦勝祈願したのが毘沙門天でした。

Jnk_5453a

戦いに勝った太子は仏教をひろめるため四つの天王寺を築きます。大阪四天王寺は有名ですが、京都北山に建立したのが金山(きんさん)天王寺で、如意輪観音を本尊とし、脇侍に毘沙門天像を安置したと伝わります。しかしながら、金山天王寺は廃寺となりました。

Jnk_5454a

一方、廬山寺は創建後に洛北の地を転々として安土桃山時代の天正13年(1585)現在地へ移りました。そして、金山毘沙門天像を廬山寺で祀るようになったのは明治元年からといわれています。

Jnk_5461b

蘆山寺には4種類の御朱印があります。「洛陽三十三所」めぐりの如意輪観音、「紫式部邸宅址」、寺の開基「元三大師」、残る一つが京都七福神の「毘沙門天」です。

Jnk_5446a

寺町通から2筋西の麩屋町通に面して、夷川通と二条通の中間に大福寺があります。「大福寺」は正式名称を瑠璃光山利生院大福寺という天台宗の寺です。

Jnk_7795a

飛鳥時代の推古天皇の時代の599年、大和国宮田郷に建立されました。寺伝では厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子)が創建したとされています。本尊の「薬師如来」は聖徳太子の自刻とされ、「菩提(ほてい)薬師」といわれています。

Jnk_7766a

平安時代初め、勅旨によって大福寺は平安京に移されました。当初は、八丁四方の広大な境内を有し、七堂伽藍が建ち並んだといわれています。江戸時代中期には菩提薬師の信仰が盛んとなりました。しか、1788年の天明の大火で炎上し寺域の多くを失いました。

Jnk_7773a

幕末には尊攘派志士の梅田雲浜(うんぴん、1815-1859)が寺を寓居としました。雲浜は小浜藩藩士で、近くの小浜藩塾・望楠軒に講主として通っていました。藩主が士籍剥奪されて浪人となると、京都で尊王攘夷活動を行い「反逆の四天王」と呼ばれました。

Jnk_7776a

1858年幕政批判により安政の大獄で捕らえられ獄中で病死しました。後妻の梅田千代 (1824-1889)は、明治維新の後新英学校・女紅場の講師となりました。(右は京都七福神の布袋尊で、杖を肩にしています。)

Jnk_7783a

江戸時代の商人が商売繁盛を願い大福寺にちなんで宝印を貰ったことから、出納長を「大福帳」と呼ぶようになったといわれています。大福寺は、現在では本堂だけとなり、こちらが本堂への出入り口のようです。

Jnk_7767a

大正11年(1922)民俗学者・田中緑紅(りょっこう)らが提唱して「京都七福会」が結成されました。当時は、松ヶ崎大黒天以外は寺町界わいの近い距離にあり、戦前は大変人気のある七福神だったそうです。(戸の横にご開帳やご朱印の授与日などが書いてあります。)

Jnk_7784a

ちなみに、蘆山寺には遣迎院が寺町にあった頃の七福神の推奨コースが記されていました。大黒天(妙円寺)→弁財天(妙音堂)→毘沙門天(廬山寺)→福禄寿(遣迎院)→恵比寿神(護浄院)→寿老神(革堂)→布袋尊(大福寺)

Jnk_7769a

当初の京都七福神のうち、福禄寿(遣迎院)は現在では拝観をしていません。護浄院には「京洛七福神」の福禄寿も祀られているので、そちらで福禄寿もお詣りするのがよいかも知れません。

Jnk_7802a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnk_7803b

|

« 遣迎院 鷹峯に移った名刹 | トップページ | 金閣寺 鏡湖池をめぐる »

コメント

最後の電線に鳥が止まっている写真。
寒いけど、こういう写真を見ると癒されますよね。

投稿: munixyu | 2018年1月23日 (火) 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遣迎院 鷹峯に移った名刹 | トップページ | 金閣寺 鏡湖池をめぐる »