« ブログの10大ニュースとお知らせ | トップページ | 平安神宮初詣と時代祭館十二十二 »

2018年1月 1日 (月)

即成院 新年おめでとうございます

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnk_2453a
※写真は全てクリックで拡大します。

明けましておめでとうございます。今日の記事は今年の干支にちなんで即成院(そくじょういん)です。TOPの写真は狛犬らしくないのですが、その訳は後ほど。

Jnk_2345a_2

「即成院」は山号を光明山という真言宗泉涌寺の塔頭寺院で、通称として「那須与一さん」ともよばれます。泉涌寺の総門の左手前に山門があります。

Jnk_2353a

平安時代中期の寛治年間(1087-94)に、藤原頼通の子橘俊綱が伏見・桃山の山荘に、阿弥陀如来と二十五菩薩像を安置し、即成就院(そくじょうじゅいん)と称したのが始まりとされます。(山門を入ると正面に地蔵堂があります。)

Jnk_2365a

橘俊綱(1028-1094)は公卿・藤原頼通の子で、丹波・播磨国守、修理大夫、近江守を歴任し、伏見長者と称されました。歌人でもあり歌合を邸宅で開き、造園にも通じて日本最古の庭園集『作庭記』の著者ともいわれます。(山門の右奥に本堂があります。)

Jnk_2489a

即成就院は室町時代の応仁の乱(1467-1477)の後荒廃しました。安土・桃山時代の1594年、豊臣秀吉の伏見城築造にともない、大亀谷東寺町(伏見区)に移されました。

Jnk_2373a

恵心僧都作の本尊・阿弥陀仏坐像、脇侍の二十五菩薩は後の戦禍により焼け、11体だけが残されたといいます。(手水舎には「与一の手洗い場」と書いてあります。ガチャガチャが置いてあって、おみくじと扇形の紙石けんが出てきます。)

Jnk_2376a

明治時代初めの廃仏毀釈により即成就院は廃寺となりましたが、明治8年(1875)に泉涌寺に移されてその塔頭になりました。当初は泉涌寺の大門付近に仮堂が建てられ、同じく塔頭の法安寺と合併したといわれています。

Jnk_2395a

明治35年に現在地に再興され、昭和16年(1941)に即成院と改称しました。本堂には本尊として寛治8年(1094)に造られたという阿弥陀如来と二十五の菩薩を祀っています。また、泉涌寺の七福神(泉山七福神)の第一番・福禄寿も安置しています。

Jnk_2400a

寺伝では阿弥陀如来は恵心僧都作とされてきましたが、近年は平安時代の代表的仏師、定朝とその弟子による作品といわれています。阿弥陀如来の高さは5.5m、居並ぶ二十五菩薩もそれぞれ像高が1.5mもあり、ともに国の重要文化財に指定されています。

Jnk_2351a

ところで、那須与一(なすのよいち)は平安時代末期の武将・御家人で、下野国那須荘を領地とした資隆(すけたか)の11男、宗高という名でした。弓矢に優れ兄・十郎為隆とともに源義経軍に従い、平氏方の軍船に掲げられた扇の的を射落とすなど功績を挙げました。

Jnk_2397a

戦功によって与一は頼朝から5ヵ国に荘園を賜りました。為隆を除く9人の兄達が平氏に味方し、為隆も後に罪を犯したため、11男ながら那須氏の当主となり、資隆の名を継ぎました。与一は通称で、十あまる一、すなわち11男という意味です。(奉納された記念碑)

Jnk_2408a

与一は信濃など各地に逃亡していた兄達を赦免して領土を分け与え、下野国における那須氏が発展する基礎を築いたといわれます。死亡時期は諸説ありますが、山城国伏見で死去し、与一が帰依していた即成就院に葬られました。(この柱も奉納品?)

Jnk_2428a

本堂の裏手に「那須與一宗高公墓」があります。兄・資之が功照院という寺を建立して分骨を埋葬しましたが廃寺となり、後に那須氏の菩提寺・玄性寺(栃木県大田原市)として再建されたそうです。また、与一が賜った荘園など各地にも墓(供養塔)があります。

Jnk_2420a

即成院では、祈願が成就するという意味で「願いが的へ」という言葉をお守りなどに記しています。本堂の右手前に、真言宗を開いた弘法大師・空海の像が置かれています。

Jnk_2434a

弘法大師像の前に2匹の犬の石像がありますが、狛犬ではありません。弘法大師が真言密教の霊場にふさわしい場所を探して各地を歩いていたとき、二匹が現れて高野山へと導いたという言い伝えの犬だそうです。

Jnk_2464a

石像には色がありませんが、左は白い犬で口を開いた阿形をしています。

Jnk_2438a

右は黒い犬で、口を閉じた吽形をしています。これらの犬は、神の使いで高野明神の化身だったともいわれています。

Jnk_2440a

本尊の阿弥陀如来に祈念して、犬の石像をさすると福運が手に入るとされています。

Jnk_2473a

山門の屋根に鳳凰が乗っています。平安時代の1052年、藤原頼通は宇治に平等院を建立ました。後に子の俊綱が伏見に即成就院を建立する時、平等院の鳳凰と向き合う形で、屋根に飾った鳳凰といわれています。

Jnk_2506a

ここに即成院が再建されたときも、同じ向きに鳳凰を置いたそうです。山門の扉にも鳳凰の透かし彫りがあります。

Jnk_2491a

今年もブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnk_2513a

|

« ブログの10大ニュースとお知らせ | トップページ | 平安神宮初詣と時代祭館十二十二 »

コメント

明けましておめでとうございます。
ここの犬の像は神の化身なのですね。
かっこいいです。
今年もよろしくお願いします。
今年は、春にミニミニニュースがあるらしいので
また、お楽しみに。

投稿: munixyu | 2018年1月 1日 (月) 18:28

★munixyuさん 明けましておめでとうございます♪
いつも嬉しいコメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。春のミニミニニュース、楽しみにしています。

投稿: りせ | 2018年1月 2日 (火) 08:40

I conceive you have remarked some very interesting points , regards for the post. fddcfcbdfckk

投稿: Johnk971 | 2018年1月 8日 (月) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログの10大ニュースとお知らせ | トップページ | 平安神宮初詣と時代祭館十二十二 »