2017 桜1

2017年4月 9日 (日)

醍醐寺・霊宝館 桜と国宝

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnf_3465a
※写真は全てクリックで拡大します。

一昨日(4月7日)に醍醐寺の霊宝館を訪れました。4月3日に三宝院を訪れたときには霊宝館の桜はまだ満開ではなかったので、改めて出直しました。醍醐寺の総門を入って、三宝院の前から右に入る道沿いに霊宝館の入り口があります。

Jnf_3464a_2

霊宝館には、醍醐寺が所有する仏像や絵画、工芸品、文書などが管理・保存され、公開・展示を行っています。醍醐寺・塔頭の諸堂の尊像を除いて、ほとんどの寺宝・伝承文化財が霊宝館に安置されています。

Jnf_3584a

これらは、国宝69,419点、重要文化財6,522点、その他未指定を含めると約15万点におよびます。上の建物は本館です。

Jnf_3617a

膨大な寺宝・文化財は、開山以来の歴代の座主や多くの僧侶達によって守り継がれてきたものです。(本館内部の宝物は撮影できませんが、ここ休憩室だけは撮影できます。)

Jnf_3474a

明治維新後に起きたいわゆる「廃仏毀釈」によって、京都や奈良を中心とする多くの寺院は困難な状況に追い込まれました。(大きな枝垂桜は「醍醐深雪桜」と呼ばれています。)

Jnf_3472a_2

多くの寺院は、廃寺や統合されたり、財源を求めて仏像や什物の譲渡を余儀なくされました。多くの文化財が海外へ流出したのもこの時期です。

Jnf_3586a

本館を出て、その右手に樹齢100年のソメイヨシノの大木があります。

Jnf_3486a_2

醍醐寺では、三宝院に伝承される二つの法流(三宝院流と恵印法流)が一致して、一山に伝わるすべての宝物を一つも流出させてはならないという立場で、困難な時期を乗り越えたそうです。

Jnf_3487a

明治38年(1905)からは、寺独自に寺宝・文化財の調査・目録作成が始まりました。この事業により、学術資料としての重要性を高く評価され、「醍醐寺文化財研究所」が設立され、現在の文化財管理の基礎となりました。

Jnf_3483a_2

現在では、伝承されるすべての文化財がデータベース化されて「醍醐寺文化財総合管理システム」が構築され、その積極的管理に努めているそうです。今後、WEBサイトでも伝承された宝物を紹介していく予定だそうです。(左奥は本館の後にある「平成館」。)

Jnf_3514a

寺宝を管理・展示する施設の面でも、醍醐寺は先駆的な役割を果たしてきました。醍醐天皇の没後1100年にあたる昭和5年(1930)から霊宝館の建設が始まり、昭和10年(1935)に最初の施設が公開されました。上と下は先ほど休憩室からみた「醍醐深雪桜」。

Jnf_3515a

私設の展示施設としては早い時期の建設で、当時として最高の設備が備えられていました。(仏像館の前から)

Jnf_3530a_2

その後、所蔵品の増加に伴って昭和54年(1979)には新たに収蔵庫3棟が新築(後に本館として改築)され、平成13年(2001)に新たに「平成館」が増築されました。

Jnf_3490a_2

醍醐寺が所有する文化財の中で、明治時代から整理・研究がはじめられた古文書類は総合して「醍醐寺文書聖教(もんじょしょうぎょう)」と呼ばれています。平安時代から明治に至るまでの歴史的な資料として価値が非常に高いものだといわれています。

Jnf_3549a

ところで、国宝の所有数でみた都道府県のランキングは、1位東京都(276件)、2位京都府(230件)、3位奈良県(198件)、4位大阪府(60件)です。一方、国宝0件が2県、1件のみが6県あります。

Jnf_3551a

東京都の国宝が多いのは、博物館・美術館に収蔵されている数が多いからで、国宝の建物は2件しかありません。

Jnf_3535a_2

ところが、上の数は国宝の”件数”で、最初に紹介した醍醐寺の国宝69,419点は、実際の国宝の数(員数)を表しています。醍醐寺の古文書・醍醐寺文書聖教の69,378点は1件として数えられています。

Jnf_3560a

この醍醐寺の国宝古文書の点数は突出しており、2位の京都府立京都学・歴彩館が保管する東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)24,067通の約2.9倍です。

Jnf_3570a

醍醐寺の古文書は、仏教史料に留まらず、政治、経済、芸能の分野に至るまで、日本史に関わる貴重な史料であることが分かっていて、順次出版されています。

Jnf_3572a_2

以上の理由で、醍醐寺は日本最大の文化財伝承寺院とよばれています。

Jnf_3607a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnf_3543a

| | コメント (3)

2017年4月 8日 (土)

上品蓮台寺 2017春

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_3128a
※写真は全てクリックで拡大します。

千本通にある上品蓮台寺を訪れました(4月5日)。ソメイヨシノの開花が遅れ、まだ見頃には程遠いときに、枝垂桜が満開になっていました。

「上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)」は、蓮華金宝山九品三昧(れんげこんぽうざんくぼんざんまい)院という真言宗智山派の寺です。

Ams_3299a_2

飛鳥時代に聖徳太子が母の菩提を弔うために建立した香隆寺(こうりゅうじ)が上品蓮台寺の始まりとされます。山門の正面(TOP)は玄関、右手(下の写真)は庫裏です。

Ams_3277a

平安時代の天徳4年(960)宇多法皇の勅願によって、東寺の寛空(かんくう)僧正が再建し、寺号を上品蓮台寺と改めたといわれています。この頃は広大な寺域に荘厳な伽藍が建ち並んでいたそうです。最初に境内の南側(山門の左手)に行きます。大師堂

Ams_3151a

室町時代の応仁の乱(1467-77)により焼失し、衰退してしまいました。安土桃山時代の文禄年間(1592-96)になって、豊臣秀吉の援助を得て、紀州根来寺の性盛上人(しょうせいしょうにん)が復興しました。

Ams_3137a

当時は千本通をまたがって十二の子院を有していたことから、「十二坊」とも呼ばれました。このあたりの地名「北区紫野十二坊町」からその隆盛がしのばれます。下は南門。

Ams_3135a

江戸時代の寛文年間(1661-1673)、霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになりました。鐘楼の横に紅枝垂桜がありますが、まだ2~3分の咲きでした。

Ams_3150a

「本堂」には平安時代中期の村上天皇より賜った勅額を掲げ、本尊の延命地蔵菩薩像を安置しています。信仰すれば八つの恐怖が取り除かれ、十の幸福が得られるといわれています。本堂の裏に墓地があります。
Ams_3147a_2

平安時代後期の仏師・「定朝の墓」 定朝は大規模な工房を構え、数々の仏像を制作して仏師として初めて法橋(僧位の第三位)に上り詰めました。現存する確実な遺作は平等院本尊の木造阿弥陀如来坐像(国宝)だそうです。

Ams_3167a_2

もう一度山門の前に戻り、境内の北側に行きます。途中にある鳥居の向こうに歓喜天を祀る「歓喜天社」があります。右の看板に「十二坊」の名で、ここで幼児を遊ばせないようにと書いてあります。大人も入ってはいけないように見えます。

Ams_3159a

明治時代になると、政府の上知令によって大部分の寺領を失い、子院(塔頭)も3院だけとなってしまいました。

Ams_3224a

歓喜天社の横の道、この右は塔頭「真言院」の境内・墓地になります。

Ams_3161a

かって、このあたりは「鳥辺野」、「化野」と並ぶ葬送の地「蓮台野(れんだいの)」が広がっていました。その道沿いに千本の卒塔婆が立っていたことが千本通の名の由来だそうです。

Ams_3180a

通りは平安時代には朱雀大路となり、明治時代には市電が敷かれて多くの石仏・石塔が掘り出され、近隣の寺社に持ち込まれました。

Ams_3184a_2

真言院の墓地の北西隅に椋の大木があり、その根元に「源頼光朝臣塚」(土蜘蛛塚)があります。頼光は平安時代中期の武将で酒呑童子討伐や土蜘蛛退治で知られています。ここには、頼光によって退治された土蜘蛛が埋められているといわれています。

Ams_3187a

北野天満宮参道にある東向観音寺にも土蜘蛛の塚があります。実際にどのような事件があったのか気になりますね。

Ams_3189a

弘法大師・空海の母の墓とされる「阿刀氏(あとし)塔」 この石塔はかつて、肺病祈願で知られていました。石塔の前で、病人が身に触れた衣服を祈とうして焼き、その灰を飲むと全快したという伝承が残っているそうです。

Ams_3198a

ところで、ここに塔頭の真言院があるはずですが、建物が見当たりません。廃寺ではなく、再建途中のようです。向こうの木は土蜘蛛塚がある椋の木です。

Ams_3217a_2

上品蓮台寺を訪れるときは、いつも気になってここに来るのですが、あまり再建は進んでいないように見えます。立派な山門が残っています。

Ams_3210a

由緒のある塔頭ですので、なんとか再建してほしいと思っています。

Ams_3213a_2

最後に、京都市内の桜情報を少し。ソメイヨシノは、遺伝子から一本の木から生まれたクローンであることが分かっているそうです。そのため、同じ気候条件の下では、全ての木が一斉に開花して、満開となるといわれています。

Ams_3243a

山沿いや北部(岩倉以北)を除いて、市内中心部のソメイヨシノはほぼ満開になっています。

Ams_3246a

少し遅れて哲学の道や岡崎疏水も満開に近い状態になっています。山門に戻ります。

Ams_3249a

一方、鞍馬や大原はつぼみや咲き始めの状態、あるいはそこから少し進んできました。

Ams_3280a

嵐山・嵯峨野も市内中心部より遅れて、つぼみや咲き始め、あるいは少し進んだ状態です。ただし、車折神社はいろんな種類の桜があり、全体としては見頃の状態が続いています。

Ams_3297a_2

以上は大まかな情報ですので、お出かけの際には目的地の状況をお確かめください。

Ams_3272a

励みにしていますので、お帰りの前にブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ams_3283a

| | コメント (1)

2017年4月 7日 (金)

松ヶ崎疏水の桜 2017 桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_3877a
※写真は全てクリックで拡大します。

京都のソメイヨシノもかなり咲きだしてきました。
天気は下り坂、花曇りというのかうっとおしい空模様でしたが、昨日は松ヶ崎疏水の桜を見に行ってきました。(撮影:4月6日)
松ヶ崎疏水は北大路通りの1つ上の通りを、東は高野川の西、松ヶ崎浄水場の南の辺りから白川疏水は顔を出します。下鴨本通りを越えて府立大学の近くまで続きます。

Ams_3879a

疏水傍のソメイヨシノは5分から6分咲きというところでしょうか。

Ams_3875a

細い疏水の左右から枝を伸ばし桜のトンネルになっています。

Ams_3860a

堤防も一面緑鮮やかに染まり、水仙、ユキヤナギも彩を添えています。

Ams_3854a

Ams_3855a

疏水に枝を落とす美しい桜の花

Ams_3775a

こちらはほぼ満開

Ams_3834a

真っ白なユキヤナギは今が満開

Ams_3807a

木の幹から伸びた短い若い枝にも花が

Ams_3826a

水仙は少し見頃を過ぎていましたが、まだまだ綺麗。

Ams_3811a

こちらは満開の水仙。

Ams_3819a

秋にはコスモスも華やかに咲きだしますが、花はご近所の方が植えられ育てておられるものです。

Ams_3792b

Ams_3828c

雨の予報が出ている週末ですが、桜の開花は益々進みそうです。
京都の桜、このブログでお楽しみくださいね。

いつも応援ありがとうございます。今日もクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

高野川の北大路通りに架かる高野橋から上流の桜並木。比叡山が見えています。桜は見頃まではまだちょっと。

Ams_3886a

| | コメント (3)

2017年4月 6日 (木)

醍醐寺・三宝院 紅枝垂桜と憲深林苑

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnf_1769a
※写真は全てクリックで拡大します。

一足早く枝垂桜が見頃となっている醍醐寺・三宝院を訪れました。「三宝院」は平安時代末の永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在で、歴代座主が居住する坊です。(三宝院の山門)

Jnf_1756a

豊臣秀吉が自ら設計をした庭園とそれを見渡せる表書院が三宝院の見どころの一つです。今まで写真撮影ができなかったのですが、最近撮影が可能になりました。そちらは別の機会に紹介するとして、今日は境内の枝垂桜を見て回ります。

Jnf_1773a

山門を入って左手にある枝垂桜は満開に近い状態でした。

Jnf_1962a

「大紅しだれ」という種類だそうです。ほとんど色がない年もありましたが、この日はピンク色がはっきりしていました。

Jnf_1793a

醍醐寺の桜は、春の彼岸の河津桜で始まり、しだれ、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラが続き、三宝院の大紅しだれと金堂わきの大山桜で終わるといわれています。だだし、今年はソメイヨシノより早く大紅しだれが見頃になっていました。

Jnf_1790a

この桜は豊臣秀吉が醍醐の花見をした桜の子孫といわれ、日本画家・奥村土牛の「醍醐」という絵に描かれたので、「土牛の桜」とも呼ばれています。

Jnf_1801a

拝観受付がある大玄関前から

Jnf_1808a

境内の西にある「憲深林苑(けんじんりんえん)」、芝生の中にお茶席ができています。

Jnf_1888a_2

庭園の南の塀の上から、先ほど見た大紅しだれが見えます。

Jnf_1904a

このあたりからの景色はちょっとした穴場です。

Jnf_1906a

お茶席の周囲を回ります。

Jnf_1934a

お茶席の西に来ました。昨年までは一周できたのですが、この日はお茶席の周囲の道を戻ります。

Jnf_1925a_2

こちらはお茶席の北で、受付があります。

Jnf_1946a

Jnf_1950a

山門の横にある「クローン桜」 2004年に住友林業・住友林業緑化が「土牛の桜」をバイオ技術で増殖して移植したものです。枝垂れ桜は比較的長寿ですが、樹齢が高くなると挿し木や接ぎ木という従来の方法では増殖が難しいのだそうです。

Jnf_1777a

翌年には早くも開花して、花の色や形など特徴がすべて土牛の桜と一致して、遺伝子も同じ型であると確認され、クローン桜と認定されました。

Jnf_1786a

当初は細くて触られたら折れてしまいそうでしたが、ずいぶん大きくなって一安心です。

Jnf_1779b

お帰りの前に、励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnf_1801e

| | コメント (1)

2017年4月 5日 (水)

哲学の道 早咲き桜めぐり

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnf_2617a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日哲学の道を訪れました。3月31日に桜の開花宣言が出てから4日目でしたが、ソメイヨシノはまだ満開にはほど遠い状態でした。一足早く見頃になっていた枝垂桜をお送りします。

Jnf_2588a

哲学の道ではないのですが、同じ琵琶湖疏水(分線)が北白川疏水として北に流れていきます。その中ほどの伊織町にある「銀月アパートメント」は戦前からのレトロな建物が人気で、映画「鴨川ホルモー」のロケも行われました。

Jnf_2574a

この大きな紅枝垂桜は、例年ならば一足早く(3月末頃)に満開となるのですが、今年はずいぶん遅れているようです。まだ蕾もかなり残っていました。

Jnf_2596a

銀閣寺(白川今出川)交差点から琵琶湖疏水。桜は2~3分咲き程度でしたが、昨日は温かかったのでかなり開花が進んだようです。

Jnf_2599a

銀閣寺橋から哲学の道が始まります。左は銀閣寺参道で、このあたりはいつも混雑しています。

Jnf_2601a

哲学の道の桜もまだ見頃には程遠い状態でしたが、ところどころにある枝垂桜が見頃になっていました。「幸せ地蔵尊」、この枝垂桜は新しいようです。

Jnf_2605a

弥勒院では3月28日~4月10日の期間、「しあわせ市」(手作り市)を開催しています。

Jnf_2606a

法然院と霊鑑寺へ行く二つの橋の中間にある「銀意匠」。

Jnf_2611a

1階は漆器や家具のショールーム、2階は茶室を備えたカフェになっています。

Jnf_2613a

哲学の道の桜はほとんどがソメイヨシノで、橋本関雪が大正時代に植えた「関雪桜」(大島桜)は既に寿命がつきたと考えられています。

Jnf_2624a

大豊神社の参道への橋のたもとに、桜の大木があります。すこし濃いピンク色をしていて、真如堂にもある「立皮(たてかわ)桜」だそうです。

Jnf_2641a

大豊神社に向かいます。

Jnf_2644a

大豊神社の本殿前には枝垂桜(左)と枝垂梅(右)あり、両方同時に満開となるのは4年ぶりです。桜の方がずいぶん大きいですが、この枝垂桜は円山公園にある「祇園枝垂桜」の三代目で、俳優の栗塚旭氏の献木だそうです。

Jnf_2716a

哲学の道は大混雑でしたが、ここを訪れる人はほとんどありません。

Jnf_2680a

狛ネズミたちは可愛く花で飾られていました。

Jnf_2665a

境内にはいろんな種類の椿も咲いていました。

Jnf_2667a

Jnf_2722a

哲学の道の南の端にある「熊野若王子神社」。

Jnf_2770a

4月2に日に「桜花祭」が行われ、詩吟の奉納などがあったそうです。

Jnf_2853a

神社の裏山にある「桜花苑」に上ります。

Jnf_2797a

若王子の取水施設が見えます。疏水の水はここからパイプで松ヶ崎浄水場まで送られ、残りは哲学の道沿いに北上します。

Jnf_2824a

しばらく上ると西の方の視界が開け、斜面に濃いピンクの「陽光桜」の林があります。陽光桜は、愛媛県の高岡正明氏が「里桜」の天城吉野と寒緋桜を交配して作った品種です。

Jnf_2827a

元教師の高岡氏は、戦場に散った教え子たちを悼む旅に出た沖縄で寒緋桜と出会い、25年にわたって改良して陽光桜を創り出し、「平和のシンボル」として各地に贈り続けたそうです。この桜花苑の桜は記念植樹されたものです。

Jnf_2817a

今年は開花が遅れましたが、もう少しで満開のようです。

Jnf_2816a

励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnf_2832a_2

| | コメント (3)

2017年4月 4日 (火)

御所の桜 近衛邸跡の糸桜ほか 2017 桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_2964a
※写真は全てクリックで拡大します。

桜満開の声がなかなかきけない京都ですが、御所近衛邸跡の糸桜は満開を迎えています。
御苑北西部のこの場所は、五摂家の一つ、摂政や関白を多く出した近衞家の邸宅跡で、枝垂れ桜の大木が多く植わっています。御苑で一番早く咲き始める桜で、3月中旬にはほころび始めます。

Ams_2979a

昨日、すでにこの状態です。 御所らしいところも1枚。

Ams_2970a

撮影は昨日(3日)、凄い数の観光客で賑わっていました。

Ams_2909a

池の傍の糸桜。かつての勢いと比べると、大きさも花数も少なくなったなあと思います。桜は地面を踏み固めるとダメになると聞きます。来年くらいにはこの樹の周りは柵で囲まれるのではないだろうかと思っています。

Ams_2923a

池に枝垂れる枝。この木の幹には薬剤が塗られていました。守り続けたい桜です。

Ams_2878a

ほぼ満開、細い細い糸のような枝に咲く可憐な白い花です。

Ams_2977c

いつまでもいつまでもこの美しい桜が咲き続けますように。

Ams_2977a

Ams_2974a

ちょうど赤い着物を着た方が居られたので、、、赤色に映える桜を1枚。

Ams_2954b

こちらは柵にかこまれた方の糸桜。

Ams_2944a

白枝垂れ、紅枝垂れなどの種類によって花の時期が違うため、全体としては1ヶ月くらい楽しむことができます。.

Ams_2931a

満開の桃の花も彩を添えています。

Ams_2985a

こちらも見事に満開の枝垂桜。

Ams_2963a

桜色の雲のよう。

Ams_2988a

Ams_2937a

近衛邸跡の糸桜を後にして・・・別の場所の早咲きの枝垂桜を見に行きます。

Ams_2998a

皇宮警察本部前の枝垂桜、大きくなり見事に咲いています。

Ams_3003a

そして、、、出水の小川の糸桜。やはりこちらもかなり樹形を変えて花数も少なくなっています。

Ams_3011a

それでも尚、花は可憐に美しく咲き誇り、見事な花を楽しませてくれています。「桜の京都」、いよいよ始まりました。

Ams_3017b

ソメイヨシノの木の寿命が50年とか60年とか言われて危機感を感じていました。桜並木が美しく続く高野川の桜も、中には伐採されたもの、枝を短くされたのもありますが、保護育成の甲斐あって例年に変わらない蕾をいっぱい膨らませています。
京都の桜は今年も美しく咲きだしました。京都の桜風景、このブログでお楽しみくださいね。

いつも応援ありがとうございます。今日もクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

青竹の柵と可愛い糸桜の花。

Ams_3016a

| | コメント (2)

2017年3月30日 (木)

百万遍知恩寺 ふじ桜と史跡をたずねて

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_9952a
※写真は全てクリックで拡大します。

少し前になりますが、知恩寺の鐘楼そばの桜が咲いていると聞いて見てきました(3月24日)。東大路通に面している西門から入ります。

Jne_9636a

最近では「手づくり市」で有名な知恩寺ですが、浄土宗で初めて創建された由緒ある寺で、その大本山の一つです。(西門から境内までの参道にはいろいろな植物が植えられています。)

Jne_9648a_2

遅すぎた気はしますが、昨年11月に御影堂(本堂)を始めとした9棟が国の重要文化財に指定されることになりました。(知恩寺西の通りにあるおかめ桜が満開でした。)

Jne_9654a

御影堂等重要文化財指定記念として、4月1日~3日の期間に「春の特別公開」が行われます。非公開の建物、宝物、庭園が公開されるので、ぜひ行こうと思っています。(こちらが今出川通に面している山門。)

Jne_9694a

伽藍は特別公開と一緒に紹介するとして、今日は境内にある史跡(石碑や摂社、墓所)などを訪ねて歩きます。(山門を入って左には「吉祥天」が祀られています。石灯籠には吉祥前?と刻まれています。)

Jne_9699a

隣に地蔵尊と石仏

Jne_9700a

こちらは山門の右手にある石碑、前の石柱に「抜苦興楽(ばっくこうらく)」と書かれ、石碑の正面には6体の地蔵、側面には地蔵菩薩本願功徳経の一節が彫られています。何かの記念碑と思われますが、詳細は分かりません。

Jne_9708a

釈迦堂の前にある「猫間塚」 平安時代後期の勧修寺家の祖、猫間中納言清隆の墓とされますが、しばしば猫の墓と間違われてきたそうです。

Jne_9721a

猫間塚の後にある仏足石

Jne_9736a

「石経」 阿弥陀経石ともいい、板石に阿弥陀経を陰刻した珍しいものだそうです。江戸時代中期の1714年、筑前国善導寺にあった石経を模刻したものとされます。

Jne_9732a

本堂の左手前にある「鐘楼」 その脇にふじ桜(フジザクラ)が咲いています。

Jne_9656a

フジザクラ(富士桜)はマメザクラともいい、桜の野生種の一種です。富士山周辺や山麓、箱根近辺に自生していて、マメの名の通り樹高が低く花も小さいのが特徴です。

Jne_9664a_2

3月下旬から5月上旬に開花して、花弁は五枚一重で色は白から薄紅色。花は1~2cmと小ぶり。花が下に向いて開くのが他の桜とは違うところです。

Jne_9676a

上の特徴は亜高山帯でも子孫を残せるように変化したものだそうですが、何故ここに植えられているかは分かりません。向こうに鳥居が見えるのは摂社の「鴨明神社(かもみょうじんのやしろ)」です。

Jne_9682a

知恩寺がかって上賀茂社の神宮寺であった名残を伝える鎮守社です。かっての神仏習合時代には神社に神宮寺が付随して、その僧侶が神社を所轄しました。源智上人が知恩寺を再興した後洛中を転々としましたが、この鎮守社も一緒に移転したようです。

Jne_9957a

その北にある「百萬弁財天」 鬼瓦がアニメの「きかんしゃトーマス」に出てくる「ディーゼル10」にそっくりと話題になりました。

Jne_9944a

瓦職人さんの遊び心からと思います。

Jne_9950a

本堂の右奥(東北)に墓地の入り口があります。今回初めて入りましたが、外からは想像できないほど広大な墓地でした。

Jne_9759a_2

奥の方に開山の圓光大師(法然)御本廟があります。珍しい形の鳥居です。

Jne_9846a

両側に歴代の住持の墓が並んでいます。

Jne_9834a

宮内庁管轄の皇室の墓もあり、右から後西(ごさい)天皇皇女・香久宮墓、同皇女・満宮墓、同皇子・凉月院墓です。後西天皇は江戸時代前期の後水尾天皇の第八皇子で、兄の後光明天皇が崩御した時、その子がまだ生後間もなかったのでつなぎで即位しました。

Jne_9779a_2

しかし、在位中に火事、地震、水害が多発し、天皇の不徳のためと非難された気の毒な方でした。もっぱら学問に打ち込み、著作を多数残し和歌の才能もあったそうです。後西天皇の墓は泉涌寺内の月輪陵にあります。

Jne_9774a_2

鳥居元忠の墓 徳川家康に仕えて各地で戦った武将で、1600年に家康の会津出兵後に伏見城を任されたとき、石田三成らが家康に挙兵し(伏見城の戦)、元忠は1800人の兵力で城に立て籠もり13日間持ちこたえましたが、討死しました。

Jne_9799a

鳥居元忠の首級は、石田方により京橋口に晒されましたが、鳥居家出入の京都の呉服商・佐野四郎右衛門がその首を盗み出し、出家していた元忠の弟の縁で当時京極寺町にあった知恩寺に葬られました。

Jne_9800a

近くにアフロ頭の2体の石像がありました。

Jne_9796a

庫裏・寺務所の前

Jne_9934a

励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_9981a

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

鴨河原のおかめ桜と富士山

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_8773a
※写真は全てクリックで拡大します。

出町柳の長徳寺のおかめ桜を見た後、鴨川の対岸の桜を見に行きました。それと、連休中のプチ旅行の写真を少し。

Jne_8772a

出町三角州の上を通る、河合橋と出町橋を渡り河原を南に行きます。植木屋さんの前からは、手前に湧き水、奥は大文字山。

Jne_8360a

三角州の向こうに昨日の記事の長徳寺とおかめ桜が見えます。

Jne_8361a

出町三角州はいつの頃からかトンビが集まる場所になっています。

Jne_8376a

鳥が飛んでいるとついカメラを向けてしまいます。後は比叡山。

Jne_8378a

この日は連休の最後に日で、家族連れでにぎわっていました。この下流の賀茂大橋は平成31年3月まで耐震補強の工事中です。

Jne_8389a

賀茂大橋の下をくぐると、2本の桜が見えてきます。手前に大きな枝垂桜もあるのですが、こちらはまだ咲いていません。

Jne_8393a

この桜は「京都鴨川ライオンズクラブ」が植樹したものです。この会は昭和37(1962)に発足して鴨川の環境保全の活動を数多く行っています。

Jne_8401a

結成10年目には、植物園西の「半木(なからぎ)の道」に72本の枝垂桜を植樹し、その維持・管理を行っています。

Jne_8408a

平成3年(1990)には、「花の回廊」として三条大橋から団栗橋まので鴨川東岸に地域の人々と一緒に桜と柳を植えました。

Jne_8399a

このおかめ桜がいつ植樹されたか分かりませんが、プレートの番号から半木の道の後だと思われます。

Jne_8413a

先日の連休中、富士山を見たくて富士五湖あたりに行ってきました。京都の写真でなくてすみませんが、富士山の写真を少し。本栖湖から

Jne_7772a

忍野八海から、富士山は思っていた以上に雪に覆われていました。

Jne_7931a

車窓から

Jne_7986b

Jne_8419a

この後、京都御苑に向かいました。

Jne_8405a_2

今日もお越しいただき、ありがとうございます。お帰りの前にブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_8397a

| | コメント (4)

2017年3月21日 (火)

長徳寺 おかめ桜満開

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_8796a
※写真は全てクリックで拡大します。

出町柳にある長徳寺に行ってきました。非公開の寺院ですが、今の時期だけ大勢の方がおかめ桜を見物に訪れます。

「長徳寺」は、京阪と京福の出町柳駅の南、川端通に面しています。隣の常林寺、正定院とともに、浄土宗の「砂川の三軒寺」と呼ばれていました。

Jne_8838a

上の呼び名は、かって背後に流れていた小川がこの付近で鴨川に合流して、3寺が砂の川原に建っていたからだそうです。(山門)

Jne_8801a

長徳寺は、江戸時代初め(1605)に摂津溝口領主の長谷川宗仁によって、万愚牛廊を開山として裏寺町(中京区)に創建されました。宗仁は、京都の町衆出身ともいわれ、信長、秀吉、家康のそれぞれに仕えた武将です。(山門から広くて綺麗な庭が見えます。)

Jne_8332a

信長に従って戦功をあげ、信長没後秀吉に伏見の代官に任じられ、名護屋城築や醍醐の花見にも尽力しました。関ヶ原の戦いでは西軍に加わり、戦後は家康に北政所の番を任ぜられました。

Jne_8252a

一方で、画業にすぐれ法眼(ほうげん)の位を許され、茶人としても活躍した文化人でもありました。法眼とは、当初は僧都に相当する僧の高い位でしたが、中世以降は医師、絵師、仏師、連歌師などの達人にも与えられた称号です。

Jne_8222a

その後焼失し、1672年に現在地に移転・再建されました。

Jne_8223a

近世になって長徳寺の名が京都に広まる事件が起きました。

Jne_8334a

大正7年(1918)8月に起こった米騒動は、京都でも大きな騒ぎになりました。政府が8月初めにシベリア出兵を決定すると、各地の米屋が投機目的で売り惜しみをして米価が吊り上がりました。

Jne_8212a

富山県魚津の漁村で起こった騒動は、瞬く間に全国に広まり、8月10日には京都にも騒ぎが及びました。

Jne_8308a

最初に、群衆が東七条派出所に押し掛け、そのうち近くの米屋を襲撃するなどして騒ぎが拡大、翌11日には京都市全域に騒動が広まりました。(花の香りに誘われてメジロが来ました。)

Jne_8260a

京都各地で群衆が派出所、米店などを破壊し、電線を切断、市電を止めるなど大騒動になりました。(ヒヨドリ?)

Jne_8306a

騒動が最も激しかったのが、ここ出町柳の長徳寺でした。警察だけでは鎮めることができず、ついに京都府知事は鎮圧のために第十六師団(伏見)に出動を要請しました。

Jne_8294a_2

翌12日の午前0時過ぎになってようやく長徳寺付近の騒動は鎮圧され、この全国的な米騒動で軍隊が出動した始めての例となりました。

Jne_8344a

舞妓さんが見に来て記念撮影をされていました。祇園甲部の小花(こはな)さんです。

Jne_8819a

親切にも、他の見物客とのツーショットにも応じていました。

Jne_8821a

昨年の時代祭りで祇園甲部は中世婦人列の輪番で、小花さんは先輩芸妓さん演じる「静御前」のお供をされていました。

Jne_8814a

Jne_8235a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_8336a

| | コメント (3)

2017年3月19日 (日)

河津桜咲く 東寺 五重塔 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_1683a
※写真は全てクリックで拡大します。

早咲きの桜を求めて・・・今日は河津桜咲く東寺をお届けします。

そろそろ河津桜は咲いているかな? と、思って出かけた東寺です。咲いているどころか満開を過ぎかけているのもありました。
春、桜の季節は着実に訪れていました。(撮影:3月16日)

Ams_1693a

東寺は世界文化遺産に登録された真言宗総本山。平安京造営時に国家鎮護のために創建され、のちに弘法大師空海に下賜されました。

Ams_1660a

五重塔 (国宝)
徳川三代将軍家光が再建した五重塔(国宝)は、高さは約55m木造の建築物としては日本一の高さを誇ります。

Ams_1670a

境内の河津桜の数は5本くらいだったでしょうか、多くはありませんが、それぞれの桜を通しての五重塔が綺麗に撮れました。

Ams_1667b

Ams_1675a

「京の冬の旅」で初層の特別公開がされていた五重塔。初層内部は極彩色の文様で彩られ、密教の根本仏・大日如来に見立てた心柱を囲んで金剛界四仏が安置されています。(今回の特別公開は18日(土)まででした)ポスターを撮影

Ams_1603a

Ams_1684a

Ams_1689a

河津桜はソメイヨシノよりピンク色が少し濃く、中心が赤いです。

Ams_1649a

境内はまだ色味は少ないですが、木々には新芽が芽吹き春の訪れを感じます。

Ams_1635a

左にあるのが「不二桜」、開花にはまだまだのようですが、3月18日~4月16日まで夜桜ライトアップが行われます。満開になればそれはそれは見事な枝垂桜です。

Ams_1604a

梅の花も咲いていました。甘い香りが漂います。

Ams_1609a

紅梅の赤い色をバックに八重の可愛い白梅です。

Ams_1619a

もう一ヵ所河津桜が咲いている場所があります。御影堂(現在修復中)の近く、鐘楼の横です。

Ams_1554a

河津桜は花期が1ヶ月と長いそうです。こちらの花は蕾も多く、見頃はまだまだ続きそうです。

Ams_1544a

メジロのヒナ(小さかった)が1羽。群れから離れたのでしょうかポツンと不安げにいました。早く皆と合流できますように。

Ams_1585a

Ams_1550b

早咲きの枝垂桜、そしてソメイヨシノへと・・・桜咲く京都の春にワクワク、嬉しくなりました。これからも春の京都をお楽しみくださいね。

いつも応援ありがとうございます。今日もクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ams_1555a

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 紅葉2 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | 2017 桜1 | 2017 桜2 | 2017 雪景色 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2