« 神護寺 後編 2017秋 | トップページ | 紅葉の永観堂 前編 お堂の中から »

2017年11月19日 (日)

西明寺 2017秋

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnj_4211b
※写真は全てクリックで拡大します。

神護寺を出て、清滝川沿いの道を上流に向かって歩きます。この道は京都一周トレイルのコースにもなっています。途中の山肌は緑から赤まで様々に彩られ、街中の紅葉とは違う美しさです。

Jnj_3571a

しばらくすると西明寺の裏参道へ渡る橋があります。この参道は舗装されていて車道にもなっていますが、急な登りでお勧めできません。また愛宕神社に行く山道もあります。

Jnj_4009a

表参道の始まりの「指月橋」 橋を渡ったところに拝観受付があり、紅葉の時期だけ拝観料が必要です。このあたりの紅葉は晩秋のような雰囲気です。右の石標は「槙尾山聖天堂」。

Jnj_4243b

石碑の「大界外相(だいかいげそう)」とは、俗世間と聖域の境界(結界)のことです。ここから表門が見えま。「西明寺」は、山号を槙尾(まきの)山、院号を平等心王院(しんのういん)という、真言宗大覚寺派の準別格本山です。

Jnj_4221a

平安時代前期の天長年間(824-834)、空海の弟子で甥の智泉大徳(789-825)が開創した神護寺の別院が西明寺の始まりといわれています。「表門」(京都市指定有形文化財)は、江戸時代の元禄13年(1700)に建立された一間薬医門です。

Jnj_4212a

表門を入った右手にある「聖天(しょうでん)堂」 祀られている大聖歓喜天は、仏法を守護し、 仏道を行ずる人々を守護する神様で、夫婦和合の神でもあります。

Jnj_4076a

その後西明寺は荒廃しましたが、鎌倉時代中期の建治年間(1275-1278)、和泉国槙尾山寺の我宝自性上人が中興し、出家者の律院としました。律院とは戒律を厳守する寺、修行道場のことだそうです。(「本堂」も表門と同年に建立され、京都市指定有形文化財。)

Jnj_4090a

本尊の釈迦如来像(重文)は、鎌倉時代の仏師・運慶が清凉寺の釈迦如来像を模して作ったといわれています。脇侍に十一面千手観世音菩薩像(重文)、脇陣に愛染明王像が祀られています。

Jnj_4171a

1288年には後宇多天皇から平等心王院の院号を賜り、1290年に神護寺から独立しました。(下は本堂から聖天堂への渡り廊下から。)

Jnj_4116a

室町時代の永禄年間(1558-1570)兵火により焼失し、その後再び神護寺に合併されました。(本堂から外を撮影するのはOKだそうです。)

Jnj_4178a

安土・桃山時代の1602年、明忍律師(1576-1610)により再興され、真言律宗の本寺(本山)となりました。(本堂から客殿への渡り廊下)

Jnj_4130a

山側には斜面の上にある神社(鎮守社?)への道がありますが、何年も前から行けないようになりました。

Jnj_4166b

客殿は本堂より古く、江戸時代前期に移築されました。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用されたそうです。ここでお茶とお菓子を頂けます。「八重」は焼菓子で、上品な甘みのこしあんを、もちもちした食感の生地で包んで、焼き上げたそうです。

Jnj_4161a

江戸時代の1700年、第5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院(1627-1705)の帰依により再建されたといわれますが、後水尾天皇中宮・東福門院(1607-1678)の寄進という説もあります。

Jnj_4137a

境内に下ります。本堂と聖天堂の渡り廊下の下から滝行の地や鎮守社に行けたのですが、現在は通行止めになっています。

Jnj_4184a

中央の背が高い木は高野槇で、樹齢700年の日本最古とされます。鎌倉時代の中興の祖・自性上人の手植えともいわれています。

Jnj_4092a

根本には自性上人の歌碑「白露のおのが姿をそのままに紅葉におけば紅の玉」。

Jnj_4074a

「鐘楼」 鐘は一撞き100円だそうです。

Jnj_4071a

戦後の昭和22年(1949)、戦時中に結成された大真言宗が解消され真言宗大覚寺派が独立したのにともない、西明寺は準別格本山として真言宗大覚寺派に属するようになりました。(境内の奥に行きます。)

Jnj_4201a

外から見た客殿

Jnj_4066a

客殿と社務所の間に庭園があり、「阿育王石柱」が建っています。石像彫刻家で特に狛犬(獅子像)彫刻を芸術にまで高めた名工といわれる小松寅吉の作品だそうです。私はそうとは知らず、お寺には珍しく西洋的な像だと思い毎年のようにブログに載せていました。

Jnj_4033a

一方、小松家の方や研究者、愛好家の方たちには、小松寅吉の最後の作品とされるこの像の行方が分からないままだったそうです。このブログの写真から西明寺にあることが分かり、私の疑問も解決してちょっと嬉しい経験をしました。池は紅葉で埋まっていました。

Jnj_4044a

ここから引き返します。

Jnj_4055a

表門に戻ってきました。

Jnj_4078a

表門の横に鮮やかな色の紅葉があるのですが、落ち葉の絨毯になっていました。

Jnj_4079a

見上げるとまだ紅葉が残っていました。

Jnj_4087b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnj_4144a

|

« 神護寺 後編 2017秋 | トップページ | 紅葉の永観堂 前編 お堂の中から »

コメント

凄く古い寺ですね。
入り口の階段がかなり歪んでいますよね。
火事でも階段は変えていないのかもしれませんね。
紅葉、美しいですね。

投稿: munixyu | 2017年11月19日 (日) 11:09

★munixyuさん こんばんは♪
確かに古そうな外見のお寺です。写真に撮ると、石段や石碑、建物が歪んでいることに気が付きます。写真を撮る位置によって歪んで見えることもあって、気になるときには画像を補正するのですが、実際に歪んでいるものはどうにもなりません。石段の角が丸みを帯びているのも歴史を感じます。

投稿: りせ | 2017年11月20日 (月) 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神護寺 後編 2017秋 | トップページ | 紅葉の永観堂 前編 お堂の中から »