« 桜紅葉の高野川を下る | トップページ | 白沙村荘 2017秋 »

2017年11月12日 (日)

下鴨茶寮で懐石料理

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnj_3376a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は下鴨茶寮でお昼をいただきました。高野川にかかる御蔭橋のたもとにある老舗料亭です。

Jnj_2930a

下鴨茶寮の創業は幕末の安政3年(1856)、その2年後には日米修好通商条約の締結、安政の大獄、4年後には桜田門外の変が起こるなど江戸幕府の崩壊が始まる時期でした。

Jnj_3437a

京都では2年前の安政元年に大火があり、内裏が炎上して孝明天皇がすぐ近くにある下鴨社(下鴨神社)に避難をしている時期でした。

Jnj_3440a

懐石料理は個室でいただくようになっています。

Jnj_3416a

「先附」 炙り海老、焼茄子、焼椎茸に利休餡かけ

Jnj_3378a

「八寸」 壬生菜と松茸煮浸し、鮟肝、赤蕪寿司、胡桃と林檎白和え、雲子磯辺揚げ、厚焼玉子

Jnj_3381a

伝統のある下鴨茶寮でしたが、5代目女将、佐治八重子さんには後継者がいませんでした。女将のたっての願いで平成24年(2012)に放送作家、脚本家の小山薫堂氏が代表取締役社長に就任しました。(お部屋は高野川に面していました。)

Jnj_3384a

「椀物」 鱧、松茸の土瓶蒸し

Jnj_3390a

「造里」 鯛、鰤、文甲烏賊

Jnj_3392a

小山薫堂氏は熊本県出身でくまモンの生みの親ですが、京都とのつながりが深いことでも知られています。首都圏の情報発信拠点「京都館」館長を務め、今年の4月には京都造形芸術大学の副学長・芸術学部教授に就任しました。

Jnj_3422a

「焼物」 甘鯛西京味噌

Jnj_3396a

「含肴」 南禅寺蒸し

Jnj_3399a

「料理の鉄人」のプロデューサーでもあった小山氏が社長に就任して、下鴨茶寮がどのように変わるのかと注目されました。しかしながら、建物など外観は以前と変わったところは見られせんでした。

Jnj_3418a

「鉢」 蓮根餅、鴨治部煮

Jnj_3402a

「食事」 帆立となめ茸の釜炊御飯、香物、止椀

Jnj_3405a

小山氏の改革は、「おもてなし」を徹底するということのようです。伝統的な懐石料理に洋の食材や手法を取り入れ自由度の高い料亭料理に進化させ、料理人・中居・販売員などスタッフ間のつながりを強くして、文化的なイベントを開催するなどです。

Jnj_3435a

「甘味」 きなこプリンに柿、柚子羊羹

Jnj_3410a

「抹茶」 いただいた料理は、たくさんの旬の食材を使い、それぞれに合うような調理と味付けがされていました。どれも大変おいしくて満足しました。

Jnj_3414a

小山氏の改革の一つとして、特別個室「糺茶内(たださない)」を設け、ここではカツ丼やナポリタンなどわがままな注文が許されるそうです。これは、料理人の意識革命にもつながるとか。

Jnj_3443a

Jnj_3439a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnj_3420b

|

« 桜紅葉の高野川を下る | トップページ | 白沙村荘 2017秋 »

コメント

器がカワイイのから奇麗なのまであっていいですね~。もちろん料理の美しさも!下鴨茶寮というと、最近東京でもそんな感じのロゴを街中でみかけるのですが、こんなにちゃんとした懐石料理のお店という感じではなくて、とっつきやすいようにだとは思うけど、少しポップな雰囲気もあって、あまり気になってはいませんでしたが、その認識を変えなくてはいけないようです!w
お昼でもなかなかお値段が張りそうですが、一度は行ってみたいなぁ。。。

投稿: ばるさろ | 2017年11月12日 (日) 08:16

上品でいいですね。
鱧もまだあるのてすね。
秋の深まっていくなかでの、こういうお料理との
ゆっくりとした時間は最高ですよね。

投稿: munixyu | 2017年11月12日 (日) 10:27

★ばるさろさん こんばんは♪
東京では下鴨茶寮がどのような雰囲気かよく分かりませんが、京都では、場所も含めてちょっと気軽には入りにくい雰囲気のお店でした。最近ではある程度手軽なお値段の料理も増えて、団体の観光客も訪れるようになりました。それでもお座敷(個室)は昔ながらの懐石料理で、そう頻繁には利用できません。

投稿: りせ | 2017年11月12日 (日) 18:25

★munixyuさん こんばんは♪
窓から見える景色も秋らしくなって、楽しく料理をいただきました。鱧の生態から本当の旬は今頃(11月)だそうです。鱧の旬が夏といわれるのは、若狭から鯖街道を通って魚を運んでいた時期の名残です。鱧は生命力があるので、暑くなる夏には他の魚と比べて手に入りやすかったからです。それがいつしか鱧は夏の風物詩という認識が広がりましたが、あえて本当の旬の時期に鱧を出すのが下鴨茶寮のこだわりというわけです。

投稿: りせ | 2017年11月12日 (日) 18:51

風雅な懐石料理でお昼のひとときを
楽しまれたのですね~。
お料理はもちろん 器もとても美しく趣がありますね。

昨年の晩秋 下鴨神社からの帰りに
御蔭橋の袂、茶寮横の銀杏の大木が見事に色づいていて
地面も一面の黄金色だったので 今年も見に行きたいと
思っていますが もう そのような美しい色づきに
なっているでしょうか?
橋を渡って元田中駅?までの御蔭通りの銀杏並木も
とても美しかったのを思い出します。

投稿: カワセミ | 2017年11月14日 (火) 22:01

★カワセミさん こんばんは♪
銀杏の大木に気が付かなかったので、撮った写真で確認すると、かなり落葉しているようです。下のURLに対岸からの写真があります。
http://catdiary.littlestar.jp/blog/JNJ_2923b.jpg

投稿: りせ | 2017年11月15日 (水) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜紅葉の高野川を下る | トップページ | 白沙村荘 2017秋 »