« 渡月橋 秋の夕景 | トップページ | 鷹峰・光悦寺 2017秋 »

2017年11月28日 (火)

天龍寺 2017秋

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnj_8037a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事は夕方の渡月橋でしたが、その二日後(11月25日)に改めて嵐山・嵯峨野を訪れました。この日は休日だったので、下の総門付近はかなりの混雑でした。

Jnj_7906a

「天龍寺」は室町時代の暦応2年(1339)に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として創建したのが始まりです。(総門を入って左にある南の参道を歩きました。)、

Jnj_7931a

天龍寺は今年の春にも訪れたので、創建以後の歴史は省略して、写真の簡単な説明だけにします。(蓮池越しに「勅使門」)

Jnj_7943a

反対側には法堂が見えます。

Jnj_7946a

この日の拝観はお堂には上がらず、庭園だけにしました。大方丈の前庭です。

Jnj_7973a

「唐門」 勅使門・蓮池(放生池)・法堂・唐門・大方丈が東から西に一直線上に並んでいます。

Jnj_7976a

大方丈の裏(西)にある「曹源池庭園」に来ました。夢窓国師が作庭した池泉廻遊式庭園で、国の史跡・特別名勝の第一号となりました。向うに見える建物は「小方丈」です。

Jnj_7996a

池を正面(東)から見ると亀山が借景となっていて、中央に石組からなる滝(龍門瀑)があります。

Jnj_8014a

池の左(南)は嵐山が借景です。

Jnj_8016a

池には中の島はなく、石があちこちに配置されています。

Jnj_8008a

小方丈の前から

Jnj_8039a

Jnj_8050a

小方丈の横の石段を上って多宝殿に行きます。お堂を拝観した方には下の渡り廊下が多宝殿まで続いています。廊下の向こうに嵐山を表す小さな中庭があります。

Jnj_8084a

枝垂れ桜が美しいところですが今は葉が散っています。この付近は幼少の後醍醐天皇が学問所とした場所だそうです。

Jnj_8091a

多宝殿がある高台にきました。

Jnj_8095a

多宝殿には後醍醐天皇の尊像が安置されています。現在の建物は昭和初期に建立されたものですが、後醍醐天皇の吉野行宮(あんぐう)時代の紫宸殿の様式を伝えています。

Jnj_8099a

多宝殿のそばから斜面を上って展望台の「望京の丘」に登りました。その名のとおり京都市内が展望でき、奥には比叡山から大文字山が連なって見えます。

Jnj_8126a

下には多宝殿の前が見えます。このあたりの斜面には枝垂れ桜があり、春には王朝絵巻のような風景になります。

Jnj_8131a

北側には竹林があります。

Jnj_8146a

こちらは北山が見えます。

Jnj_8159a

竹林の前に下りの道があります。

Jnj_8162a

この下で、多宝殿の横からの道と合流します。

Jnj_8180a

「愛の泉」と「平和観音」 夢想国師の母親は、観音菩薩を信仰していて、その夢を見て国師を生んだそうです。夢想国師が南北両朝の和平に尽力したことにちなみ、この像を平和観音と名付けたそうです。

Jnj_8188a

多宝殿から北門までは「百花苑」とよばれる庭園となっていて、様々な植物が四季を通じて花を咲かせます。

Jnj_8229a

Jnj_8215a

紅葉も多いようです。

Jnj_8236a

この後、北門から天龍寺を出て竹林の道に出ました。

Jnj_8185a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnj_7955a

|

« 渡月橋 秋の夕景 | トップページ | 鷹峰・光悦寺 2017秋 »

コメント

りせさん こんにちは

26日の日曜日、お客様のご希望で嵐山に行きました。
はい、ご多聞にもれず、ものすごい人でした。
野々宮さんの手前に人力車専用の道ができていて驚きました。

最後に大徳寺の高桐院に行きましたら今年の6月から
補修のため門を閉めておられて、こちらも驚きました。
まさか…でした。涙。


投稿: 8mama | 2017年11月28日 (火) 09:51

どこでもドアは要らないけど、
どこでも窓ぐらいで、景色がみれるといいよね。
いい紅葉です。

投稿: munixyu | 2017年11月28日 (火) 11:47

★8mamaさん こんばんは♪
嵐山は大変でしたね。私が行ったときは、渡月橋から竹林までが一番混雑していました。
5月下旬の高桐院の記事を見返すと、今年の6月9日から来年10月末日まで拝観謝絶で、参道への立ち入りや御朱印もできないと書いてありました。例年ならば、紅葉(の絨毯?)が美しいのに残念でしたね。

投稿: りせ | 2017年11月29日 (水) 22:59

★munixyuさん こんばんは♪
天龍寺は嵐山では別格といってよいほど、桜や紅葉が洗練された美しさです。その代りいつも混雑しているのが難点です。

投稿: りせ | 2017年11月29日 (水) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渡月橋 秋の夕景 | トップページ | 鷹峰・光悦寺 2017秋 »