« 産寧坂 興正寺本廟と青龍苑 | トップページ | 松ヶ崎大黒天 妙円寺と白雲稲荷神社 »

2017年9月 4日 (月)

安井金比羅宮 その歴史と悪縁切り

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnh_8836a
※写真は全てクリックで拡大します。

清水寺方面から東大路に出た時、まだ明るかったので安井金比羅宮を訪れました。今では悪縁切りの神社として知られていますが、その歴史は古く飛鳥時代にさかのぼります。

Jnh_8845a

天智天皇の代(668~671年)に藤原鎌足が仏堂を建て、紫色の藤を植え藤寺と名付けて、家門の隆昌と子孫の繁栄を祈りました。(蔵の前にいる狛犬たちは、かなり古そうです。)

Jnh_8849a

平安時代後期、崇徳上皇(1119-1164)はこの藤を愛で、久安2年(1146)に堂塔を修造して寵愛する阿波内侍を住まわせて、たびたび藤寺を訪れました。

Jnh_8850a

崇徳上皇は、わが子の皇位継承が阻まれたことに端を発した保元の乱(1156年)に敗れ、讃岐(香川県)に流され亡くなってしまいました。悲嘆にくれた阿波内侍は出家して尼になり、上皇より賜った自筆の御尊影を寺中の観音堂に祀りました。

Jnh_8868a

崇徳上皇が配流先で一切の欲を絶って国家安泰を祈願したことにちなんで、安井金比羅宮は断ち物の祈願所となりました。男女の縁を妨げ、別離の苦悩をもたらす悪運を断つという意味もあるそうです。1978年縁切り縁結びの碑(いし)が設置されました。

Jnh_8867a

形代(かたしろ)といわれる紙に願い事を書いて本殿に参拝します。その後、願い事を念じながらこの碑の穴を潜り抜け、最後に形代を碑に貼り付けると願い事が成就するとされます。縁切りは表から、縁結びは裏から潜り抜けます。

Jnh_8871a

平安時代末の治承元年(1177)大円法師が観音堂に参拝した際に崇徳上皇の霊が現れ、それを聞いた後白河法皇は詔(みことのり)を残しました。後の鎌倉時代の建治年間(1275‐77)になって光明院観勝寺が建立されたのが安井金比羅宮の始まりとされます。

Jnh_8866a

光明院観勝寺は応仁の乱(1467‐1477)の兵火により荒廃しましたが、元禄8年(1695)に太秦安井にあった蓮華光院が当地に移建されたとき、その鎮守として再興されました。

Jnh_8959a

その際、崇徳天皇に加えて、讃岐の金刀比羅宮より勧請した大物主神(おおものぬしのかみ)と、源頼政を祀ったことから「安井の金比羅さん」の名で知られるようになりました。(拝殿、悪縁を切り良縁を結ぶ以外に、海上安全、交通安全のご利益があるとされます。)

Jnh_8877a

源頼政を祀ったのは、大円法師がその末裔だったからです。源頼政は、平家政権下唯一の源氏でしたが、1180年に余りの平家の横暴に追討のため以仁(もちひと)王をたてて挙兵するも失敗、平等院境内の「扇の芝」で自刃しました。

Jnh_8882a

村上天皇(926-967)の「安井の藤」の歌碑、「まとゐしてみれとも あかぬ藤なみの たゝまくをしきけふ にもあるかな」 藤寺の時代のことです。

Jnh_8873a

明治時代の神仏分離令後の1873年、蓮華光院は大覚寺山内に移され、その後廃寺となりました。一方、金刀比羅宮は現在地に残され、安井神社と称しました。(金比羅絵馬館、立派な藤棚があります。)

Jnh_8875a

終戦後の1945年、安井神社は再び安井金比羅宮と改称しました。下は「厳嶋神社」、覆屋の中に5つの祠がありますが、祭神は不明だそうです。

Jnh_8931a

末社の「天満宮」は天満宮25社巡拝所の一つですが、現在修復工事中です。祭神の菅原道真は本殿に遷されています。

Jnh_8942a

「久志塚」は古い櫛の供養塚で、美顔のご利益があるといいます。左は「吉川観方小直衣之像」 観方(賢次郎、1894-1979)は画家、風俗研究家で、松竹合名会社の舞台意匠顧問を務めました。

Jnh_8917a

毎年9月第4月曜日に「櫛祭」が行われ、古い櫛を供養した後、古墳時代から現代までの地毛で結った髪型と衣装を装った女性たちの時代風俗行列が祇園界隈を練り歩きます。

Jnh_8920a

「八大力尊社」 安置されている石造りの八体の像は、詳細は不明ながら廃寺になった蓮華光院の柱を支えていた力石であったと伝えられています。1昨年社殿を新築した際には、大覚寺と安井天満宮が合同で法会・神事を行ったそうです。

Jnh_8915a

地盤固めや基礎固めの神、現在では基礎能力向上のご利益の神、困難に負けない力を授けてくれる神として崇敬されています。祠の扉が閉まっていたので絵馬を。

Jnh_8907a

本殿の裏に「金毘羅大権現」と書いてある場所があり、遥拝所だそうです。

Jnh_8892a

Jnh_8930a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnh_8863a

|

« 産寧坂 興正寺本廟と青龍苑 | トップページ | 松ヶ崎大黒天 妙円寺と白雲稲荷神社 »

コメント

形代にもいろいろありますよね。
流したり、貼ったり。
面白いですよね。

投稿: munixyu | 2017年9月 4日 (月) 13:27

けっこう人がいますね~~。こぢんまりした神社だし、街中でビルに侵食されてるような感じですが、由緒正しいんですよね~。祇園に泊まることができた時に、朝早くに寄るぐらいだったので、こんなに盛況なのはあまりみたことがありませんでした。
櫛祭りは今月ですね~。どんな感じなのか一度は見てみたいです。
こちらは女性の縁切りが有名ですが。。。大原の蛇道心寺は男のほうってことで、気になってます!w

投稿: ばるさろ | 2017年9月 4日 (月) 23:12

★munixyuさん こんばんは♪
確かに形代にはいろいろなパターンがありませす。でも、最後にはどれも燃やしてしまうのかも知れませんね。

投稿: りせ | 2017年9月 5日 (火) 19:09

★ばるさろさん こんばんは♪
縁切りから始まったのかも知れませんが、絵馬を見ていると、イヤな上司や元カレ、元カノを呪う過激なものもあり、ちょっと引いてしまいます。神様はどのように処理をしているのか知りたいものです。

投稿: りせ | 2017年9月 5日 (火) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 産寧坂 興正寺本廟と青龍苑 | トップページ | 松ヶ崎大黒天 妙円寺と白雲稲荷神社 »