« 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて | トップページ | 夏の夕暮れ 高台寺から八坂通へ »

2017年8月14日 (月)

正法寺・霊明神社から網敷天神へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnh_4616a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の霊山護国神社を出て、坂道をさらに上ると鳥居があります。

Jnh_4599a

鳥居をくぐると、下に急な石段の参道があります。

Jnh_4600a

参道はさらに上にある「正法寺」まで続いています。

Jnh_4601a

その途中に「霊明(れいめい)神社」があります。左の崖の下は幕末維新の志士たちが眠る霊山護国神社の墓地です。霊明神社は、江戸時代後期の1809年、村上都愷(くにやす)が正法寺塔頭・清林庵の所有する山林を買い受け、

Jnh_4604a

霊明社を建立して、神道による葬式、神葬祭を行ったのが始まりです。幕末の3代・村上都平(くにひら)の時になると、長州や土佐の維新の志士たちが葬られるようになりました。(時間が遅かったので中に入れませんでした。)

Jnh_4607a

明治初年(1868)に境内地や墓地は上知(没収)となり、その後霊山護国神社が創建されました。それまでの志士達の墓は霊山護国神社に引き継がれたので、霊明神社はその前身ともいえます。

Jnh_4624a

参道坂道の正面に「正法寺」の山門があります。正法寺は山号を霊山という時宗霊山派の本山で、平安時代中頃に創建されました。明治には境内の大部分が上知となり、廃仏毀釈にによって、伽藍、塔頭も2つを残して廃されました。こちらも遅いので閉まっています。

Jnh_4626a

2010年、400年ぶりに日想観が復活しました。西山を望むことが出来る正法寺では、かって極楽往生を願って西向きに座り、夕日を拝む修行が行われていました。身代地蔵は、洛陽四十八願所地蔵めぐりの第40番札所になっています。

Jnh_4629a

霊山護国神社の参道を下ります。左手は京懐石の「山荘 京大和」ですが、昨年から料亭は改修工事中です。さらに、竹中工務店が敷地を借地のうえ、70室程度の高級ホテルを建築中です。

Jnh_4663a

ハイアット インターナショナル アジアパシフィック リミテッドと運営委託契約を締結して、「パーク ハイアット 京都」として2019年に開業する予定です。

Jnh_4666a

二年坂に面した街並みや周辺との景観に配慮した低層建築とし、歴史的建築物や庭園などは保存・復元し、伝統と新しい文化を融合させてきた京都らしさを取り入れたホテル・料亭とする計画だそうです。

Jnh_4667a

この日は久しぶりに空が晴れ渡ったので、夕焼けを見に高台寺の駐車場に向かいました。

Jnh_4703a

夕暮れまで少し時間があるので、このあたりを見て回ります。左は「湖月茶屋」で後で一休みしました。

Jnh_4705a

Jnh_4706a

高台寺の拝観出口の横に「高台寺天満宮」があります。豊臣秀吉の夫人、北政所ねねが1606年に高台寺を創建した際、日頃崇拝していた綱敷天満宮の祭神・菅原道真を勧請して高台寺の鎮守社としたのが始まりです。

Jnh_4711a

藤原時平の讒言(告げ口)によって九州大宰府に左遷させられていく船上で、道真が休憩しようにも敷物がありません。(お堂の周囲を3回廻ると願い事がかない、悪いことが去るといわれています。)

Jnh_4721a

そこで、船の友綱を巻いて円座として憤怒の形相で座っている菅原道真像です。狩野永納の『本朝画史』によると、北野天満宮境内の北向観音寺の「菅神自画像」、摂津上宮天満宮の「上宮天神像」とともに、道真の真蹟疑いなきものだそうです。

Jnh_4732a

お堂の横にマニ車があります。チベットの寺院に多く見られ、一度回すと大蔵経という経典を一度読むのと同じ功徳があるとされます。筒の中に般若心境の写経が入っていて、時計向きに回すことによって、身体、言葉、思考を清め、災いを取り除くとか。

Jnh_4719a

撫で牛があります。先日の春光院前の摩利支天と同様に「東山路傍の触れ仏」の一つで、体の悪い部分と同じ個所を、右手あるいは両手で触ると、それを取り除いてくれるとか。

Jnh_4722a

今日もブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnh_4734b

|

« 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて | トップページ | 夏の夕暮れ 高台寺から八坂通へ »

コメント

かき氷、この時期は格別。
かき氷発明した人って凄いよね。
夏の必需品?だと思います。
安くて涼しくて美味しい。

投稿: munixyu | 2017年8月14日 (月) 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて | トップページ | 夏の夕暮れ 高台寺から八坂通へ »