« 六波羅蜜寺 萬燈会 | トップページ | 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて »

2017年8月12日 (土)

拾翠亭2017 百日紅咲く

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnh_3583a
※写真は全てクリックで拡大します。

京都御苑の南西にある拾翠亭に行ってきました。毎週木、金、土曜日に一般公開されています。

「拾翠亭(しゅすいてい)」は江戸時代後期に五摂家の一つであった九條家の別邸として建てられ、主として茶会や歌会などの社交の場として使用されました。

Jnh_3807a

拾翠とは、緑の草花を拾い集めるという意味で、平安の昔に貴族がのどかな春の日に野辺に出て草花を摘んだ習わしにちなんで名付けられたとされます。建物は数寄屋風の書院造で2層からなります。下は一階の7畳半の控えの間。

Jnh_3578a

また、翠の字には緑の美しい鳥(カワセミ)という意味もあり、かってここの池に多くのカワセミが飛来したことから拾翠と名付けられたともいわれています。

Jnh_3586a

十畳の広間は茶室になっていて、広縁が張り出し、「縁高欄」と呼ばれる手すりが付けられています。

Jnh_3630a

毎年この時期には建物の周囲にある百日紅(さるすべり)が美しく咲きます。

Jnh_3604a

北の方は縁高欄がなく、庭に降りれるようになっています。

Jnh_3591a

この池はその形から「勾玉池」とよばれていましたが、現在は九條家をしのんで九條池とよばれています。

Jnh_3596a

北に三畳中板の小間があり、庭からも出入りできます。このように広間と小間が隣接しているのは、当時二つの茶室を行き来しながらお茶を楽しんだもので、貴族の茶事の習わしを知るうえで貴重なものだそうです。

Jnh_3649a

この茶室には入れませんが、壁は「ほたる壁」とよばれ、白っぽい斑点が浮き出ています。

Jnh_3651s

2階に上がります。

Jnh_3660a

2階は2間半四方の座敷になっていて、3方の外縁に縁高欄が付いています。こちらは老朽化のため危険とのことで、外に出れません。

Jnh_3687a

池の東岸は築山になっていて、かっては木立が現在ほど茂っておらず、東山が借景として眺められたそうです。池の橋は後の明治15年にかけられた「高倉橋」です。

Jnh_3670a

ところで、九條家は藤原鎌足を遠祖とする藤原北家の流れをくみ、摂政関白を数多く輩出した家系です。(南側の外縁は一部だけで、横に窓があります。)

Jnh_3696a

元は京都の南東部、九条陶化坊の一帯に領地があり家名の由来となりましたが、秀吉の都市政策によって御所の南に移されました。(窓の格子には「丁子七宝」の透かしが付いています。)

Jnh_3689a

かっての九條家は1万坪以上の敷地があり、最盛時には建物だけで3,800坪もあったそうです。(北側には百日紅が迫っています。)

Jnh_3673a

東京遷都にともなう東京移転命令によって、京都の邸宅はほとんど取り壊され、この40坪余りの拾翠亭と池の中の島にある鎮守社の厳島神社だけが残されました。北の引き戸から厳島神社が見えます。

Jnh_3681a

九條道孝が公爵に叙せられ、その四女・節子は大正天皇の皇后となりました。庭に下ります。

Jnh_3698a

京都にあった九條家の邸宅の母屋などの主要な建物は東京に移築され、近年国立博物館に寄贈されて「九条館」と名づけられたそうです。北の庭の池のほとりに「四阿(あずまや)」があります。

Jnh_3712a

現在の九條家の当主は九条道弘氏で、平安神宮宮司、藤裔会の会長を務めています。藤裔会とは全国の藤原氏の末裔の会で、毎年秋に氏神の春日大社で集まりを開いているそうです。(3方に障子がありそれぞれ異なる景色が楽しめます。)

Jnh_3718a

藤裔会の代表は代々九條家が努めることになっているそうです。(全ての障子が「石垣張り」になっています。これは、小さな紙を何枚も使い、桟(さん)の中央で貼り合わせるようにしています。高度な熟練が必要だそうです。)

Jnh_3718b

ここから左に広間、右に小間が見えます。下屋(一階部分の屋根)は杮(こけら)葺となっています。

Jnh_3724a

明治維新までは「藤氏長者」が藤氏の政治、財務、宗教のすべてを束ねる代表者でした。(今度は南の庭に行きます。こちら側の屋根は下屋を含めてすべて瓦葺になっています。)

Jnh_3749a

藤氏長者は藤原氏による摂関政治に始まり、婚姻関係を通じて多くの近親者を朝廷に送り込んできました。天皇家の三種の神器のように、藤氏長者は四つの伝家の宝器を引き継いできました。、(九條池には百日紅の花びらが浮かんでいました。)

Jnh_3755a

屋根は入母屋造りで、その頂きには1対の鯱が載せられ、九條家の家紋の鬼瓦が飾りとして付けられています。2階の屋根もこちら側は杮葺になっています。簡素な中にも貴族的な優雅な外観だといわれています。

Jnh_3781b

また、藤氏長者は氏領としての荘園や動産の管理、氏寺興福寺、氏社春日社・大原野社などの管理を行ってきました。最後の藤氏長者は九條道孝で、その孫が現当主の九條道弘氏です。

Jnh_3786a

千年以上にわたって歴史に名を残してきた藤原氏一族ですが、明治維新後も首相を輩出したり、現在の伊勢神宮、春日大社、平安神宮の宮司を務めるなど、今なおその影響力を保っています。

Jnh_3764a

高倉橋の上から。

Jnh_4055a_2

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnh_3690a

|

« 六波羅蜜寺 萬燈会 | トップページ | 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて »

コメント

真夏の百日紅ももう満開に。
季節はどんどん進んでいきますよね。
大阪の空は少し高くなったみたいです。

投稿: munixyu | 2017年8月12日 (土) 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六波羅蜜寺 萬燈会 | トップページ | 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて »