« 吉田神社 夏越大祓式2017 | トップページ | 泉涌寺 御寺2017 »

2017年7月 2日 (日)

熊野神社 熊野信仰と茅の輪くぐり

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jng_4998a
※写真は全てクリックで拡大します。

吉田神社の夏越大祓式の後、熊野神社を訪れました。こちらは吉田神社より2時間遅い午後6時から茅の輪くぐりが行われます。時間があったので、最初に境内を見てまわりました。

「熊野神社」は平安時代の初めの弘仁2年(811)に、修験道の日円上人が国家護持のために紀州熊野大神を勧請したのに始まります。

Jng_4926a

平安時代後期の寛治4年(1090)白河上皇の勅願により創建された聖護院には別当職が置かれ、熊野神社はその守護神となりました。この時の別当職とは、親王家や摂関家などの政務を司る長官のことです。

Jng_4928a

平安末期には後白河法皇がしばしば熊野詣を行い、当社にも厚く信仰をよせたといわれています。(境内の西に社務所・授与所があります。)

Jng_4959a_2

室町時代の応仁の乱(1468)によって社殿は焼失し、その後荒廃しました。(授与所の左手に豊臣稲荷大神と金比羅大神を祀る摂社があります。)

Jng_4937a

江戸時代になり寛文6年(1666)聖護院宮道寛法(どうかんほう)親王が再興し、当時の社地は鴨川まで達するほど広大なものだったそうです。

Jng_5077a

こちらには、神倉大神、須賀大神、春日大神を祀っています。

Jng_4947a_2

その後、天保6年(1835)にも大修造が行わました。現在の本殿は、この時下鴨神社の本殿を移築した代表的な流れ造りです。

Jng_4953a

「流れ造り」とは、切妻造りの屋根の前面が長く延びて向拝を成している典型的な神社本殿様式だそうです。

Jng_4961a_2

境内の東に「西尾為冶の銅像」と「八ッ橋発祥の地」の石碑があります。西尾為冶は、明治12年(1879)に聖護院村の八ツ橋屋に生れ, 元禄からの古法を基調に改良を重ねて八ツ橋の名声を拡げ、中興の祖といわれました。

Jng_4966a

平安遷都1200年を記念して八ツ橋発祥の地の聖護院の森に石碑と銅像が建立されました。

Jng_4967a

「聖護院の森」とは、明治以前に聖護院村から鴨川にかけて広がっていた森のことで、熊野神社はその鎮守社でした。境内には今もムクノキやモミなど当時の森の巨木が残っているそうです。(東大路・丸太町の交差点から見た熊野神社)

Jng_5083a

また、紅葉の美しさから「錦林」とも呼ばれ、現在も「錦林地区」として名に残っています。錦林小学校にも聖護院の森のケヤキやムクノキが残っているそうです。(手水舎)

Jng_4972a

ところで、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて京の皇族や貴族を中心として熊野三山に対する信仰が盛んとなり、その祭神を勧請して三つの神社、熊野神社、新熊野神社、若王子神社が造られました。熊野神社はその最も古い社です。

Jng_4930a

しかし、鎌倉時代の承久の乱(1221)を契機に、後鳥羽上皇をはじめ皇族や貴族、上皇に加勢した熊野別当家が没落し、以後は皇族や貴族の参詣が途絶えました。代わりに、地方武士の参詣が増え、15世紀ごろには一般民衆の参詣が最盛期を迎えます。

Jng_4935a

室町から戦国時代にかけて熊野山領の荘園からの収入が減り、熊野先達の活動が全国に及んだことも熊野信仰が広がった要因です。そして、熊野詣に代わり、全国に熊野神社が建てられ、現在でも約3000社が残っているそうです。八咫烏は熊野の祭神の使いです。

Jng_4962a

ようやく夏越祓(なごしのはらい)が始まるようです。

Jng_4983a

熊野神社では最初に茅の輪くぐりが行われます。宮司さんを先頭に氏子代表、一般の参加者の順に輪を、3回くぐります。左回り、右回り、左回りの順です。

Jng_5002a

茅の輪くぐりが始まると、大勢の方が集まってきました。

Jng_5007a

3回目に茅の輪をくぐった後、そのまま進んで拝殿に上がります。

Jng_5013a

拝殿で神事が行われます。吉田神社と同様に、宮司の祝詞、大祓詞の合唱、切り幣(ぬさ)で身を清め、宮司が祓(はら)えつ物の布を切り裂きます。人形を儀式の最中に焚き上げることはしません。拝殿は参列者でいっぱいで、写真を撮るのは遠慮しました。

Jng_5020a

神事が終わってからも、ぞくぞくと人々が集まってきました。

Jng_5051a

特に子供さん連れが多くて、楽しそうでした。

Jng_5060a

小さな茅の輪を作るために、本殿前の茅の輪から穂を抜き取って持ち帰ってもよいようです。

Jng_5074a

Jng_5042a

励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jng_5089d

|

« 吉田神社 夏越大祓式2017 | トップページ | 泉涌寺 御寺2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田神社 夏越大祓式2017 | トップページ | 泉涌寺 御寺2017 »