« 泉涌寺 御寺2017 | トップページ | 新熊野神社 後白河上皇と熊野信仰 »

2017年7月 4日 (火)

今熊野観音寺 頭の観音様

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jng_4386a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の泉涌寺を出て、今熊野観音寺を訪れました。泉涌寺の境内から直接行けるのですが、下は大門の横にある参道の入口です。

Jng_4498a

「今熊野観音寺」は山号を「新那智山」という泉涌寺の塔頭の一つです。正式名は単に「観音寺」といい、西国三十三所第十五番霊場としても知られています。

Jng_4380a

「宮内庁書陵部 月輪陵墓管区事務所」 昨日の記事のように泉涌寺の月輪陵にはたくさんの天皇、皇族の墓があり、その管理を行っています。

Jng_4379a

今熊野観音寺の創建時期は古く、諸説あります。平安時代初期の大同2年(807)、弘法大師・空海(774-835)が熊野権現のお告げによってこの地に庵を結びました。空海が唐で真言密教を学んで帰国した翌年のことです。向うに今熊野川にかかる鳥居橋が見えます。

Jng_4383a

弘仁3年(812)、空海は嵯峨天皇から官財を賜わり、勅旨によって諸堂の造営を始め、天長年間(824-833)完成しました。この時期を創建とする説が有力だそうです。

Jng_4390a

さらに、左大臣藤原緒嗣の発願によって、広大な寺域に伽藍の造営が始まりました。(山門を入って左手には新しい大講堂があります。)

Jng_4394a

その造営は緒嗣の没後も続けられ、亡父緒嗣の菩提のための事業として藤原春津に受け継がれ、斉衡2年(855)に完成しました。

Jng_4396a

平安末期の永暦元年(1160)、後白河上皇(1127-1192)がこの地に熊野権現を勧請して、当山の本尊をその本地仏と定め、「新那智山」の山号を賜りました。本地仏とは、神が人々を救うために仏の姿になって現れたものです。

Jng_4397a

さらに、上皇は山麓に新熊野神社を造営しました。この時期には「熊野信仰」が盛んとなり、その本地仏としての「観音信仰」も盛んとなりました。「子護弘法大師」像が本堂下にあります。

Jng_4403a

「本堂」には空海作の「十一面観世音菩薩」を安置しています。後白河上皇の持病の頭痛がこの観音様によって平癒したので、人々から頭痛封じの観音様として信仰されるようになりました。智恵授け、ぼけ封じのご利益もあるとされ、頭の観音様とも呼ばれています。

Jng_4405a

本堂の正面にある「五智井」 空海が観音様を祀るににふさわしい霊地を選ぶため錫杖で岩根を穿っていると、霊水が湧き出したといわれます。その五智水はいまも湧き出ています。

Jng_4408a

本堂の左手に「地蔵堂」があります。本尊の地蔵菩薩と、十一面観音像と弘法大師像も祀られています。

Jng_4413a

地蔵堂の隅に当寺の創建時のものと思われる、平安様式の三重石塔があります。

Jng_4410a

「茶所」 本堂の石段下で見えた崖の上の建物で、茶店・休憩所になっています。

Jng_4470a

本堂の方を振り返ると、山の上に多宝塔が見えます。後で上ってみます。

Jng_4471a

本堂の右手に「大師堂」があり、その前に「ぼけ封じ観音」がいます。

Jng_4417a

足元にいるのは、お年寄りでした。

Jng_4428a

「ぼけ封じ近畿十楽観音霊場」第一番札所になっていて、奉納された像が並んでいます。

Jng_4427a

大師堂には、弘法大師・空海以外に、不動明王、愛染明王、左大臣藤原緒嗣の像も祀られています。護摩の修法が行われ、修行道場にもなっています。

Jng_4423a

境内の南東に「鐘楼」があります。梵鐘は戦時中に金属供出されましたが、元の形のまま残されていて、終戦後に修理されました。

Jng_4438a

「熊野権現社」 唐から帰国した空海は、山中の光明にひかれてこの地に来て熊野権現と遭ったといわれます。その伝承に基づいて熊野権現社が勧請されました。

Jng_4439a

さらに奥に行くと「今熊野西国霊場」があります。西国三十三ヶ所霊場の本尊が石仏として祀られていて、山の上の方まで続いています。

Jng_4444a

今熊野西国霊場をしばらく上ると「医聖堂」があります。医道顕彰会が、1981年に平安様式の多宝塔「医聖堂」を建立して、奈良時代から幕末までの日本の医家122人を選定、祀りました。その後、医界関係者なども合祀されました。

Jng_4453a

塔の前に、「医心方記念碑 」があります。平安時代の984年、鍼博士・丹波康頼が日本最古の医学書『医心方』を著し、医道顕彰会によってその一千年記念碑が建立されました。

Jng_4452a

下には茶所、

Jng_4458a

西の方には東寺が見えました。

Jng_4461a

お帰りの前に。ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jng_4490a

|

« 泉涌寺 御寺2017 | トップページ | 新熊野神社 後白河上皇と熊野信仰 »

コメント

茶店巡りなんかも楽しいかもしれませんね。
時間が止まったような、独特の雰囲気がありますよね。

ACジャパンのCM
ホームページはこちら
https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_08.html

メイキング映像はこちら
https://www.jmda.or.jp/ac-ad/
一番下。見てみてください。

投稿: munixyu | 2017年7月 4日 (火) 12:38

★munixyuさん こんばんは♪
URLありがとうございます。メイキング映像は見せていただきました。なかなか放映されているCMはお目にかかりませんが、時間を調べてみます。

投稿: りせ | 2017年7月 8日 (土) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泉涌寺 御寺2017 | トップページ | 新熊野神社 後白河上皇と熊野信仰 »