« 長岡天満宮 霧島ツツジと道真と智仁親王 | トップページ | 乙訓寺 牡丹と早良親王と弘法大師 »

2017年5月 2日 (火)

大原の遅い春 三千院

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_8304a
※写真は全てクリックで拡大します。

大原の宝泉院を後に、三千院を訪れました。2月の雪の日に訪れたばかりでしたが、枝垂桜、山桜などと一緒にシャクナゲも咲き始めて。「御殿門」、お城の門のようで、門跡寺院の風格があります。

Ams_8061a_2

「三千院」は、奈良時代の延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東堂に築いた円融房(えんにゅうぼう)に始まり、その後慈覚大師円仁に引き継がれました。(拝観受付がある庫裏。)

Ams_8546a

平安後期以来、皇子皇族が住持する宮門跡となり、比叡山内から近江坂本、京都市中と移転しました。そのつど寺名も円融房、梨下房、円徳院、梨下門跡、梶井門跡と変えました。(客殿の玄関)

Ams_8276a

明治維新後、現在の地に移り寺名を「三千院」としました。。「客殿」は安土桃山時代の天正年間(1573-1592)に建立され、豊臣秀吉から提供された紫宸殿の余材が使われたといいます。

Ams_8267a

客殿の南庭は「聚碧園」といい、江戸時代の茶人金森宗和が美しさに感動して、自ら手を加えたそうです。

Ams_8246a

ところで、三千院という寺名は梶井門跡の持仏堂の名称「一念三千院」から取ったものだそうです。(客殿の外縁に出ます。)

Ams_8271a

音無しの滝の水が、律川を経てこの池に流れ込んでいます。向こうの渡り廊下は「円融房」に続いていますが、めったに通れません。

Ams_8261a

拝観順路に従って、客殿から一段高いところにある宸殿に入ります。「宸殿」は大正15年(1926)の建造で、最も重要な法要である「御懴法講(ごせんぼうこう)」の道場です。一番東の「虹の間」の襖絵には下村観山による虹が描かれています。

Ams_8289a

では、一念三千とはどうゆう意味なのでしょうか? (向こうは往生極楽院でシャクナゲが咲いていました。)

Ams_8294a

「一念三千」とは、中国天台宗の開祖である天台大師・智顗(ちぎ)が創案したとされる天台宗の根本教理です。一念の心には三千の諸法を具(そな)えているというものです。(庭園の「有清園」に下りて、客殿の方。)

Ams_8316a

いいかえれば、人間のそのときどきの心は、三千の数に整理して表われる世界の諸相が反映されていることを指します。(有清園は美しい苔地にシャクナゲが咲き、あちこちに石仏が置かれています。)

Ams_8319a_2

「往生極楽院」(重文) 平安時代中期の986年、恵心僧都源信(942~1017年)が父母の菩提を弔うため、姉の安養尼とともに建立しました。表に回りこむと、祀られている阿弥陀三尊像が見えます。

Ams_8349a

「朱雀門」 往生極楽院の正面にある朱塗りの門で、かって極楽院が本堂だった頃の正門にあたります。呂川沿いの道に面しています。

Ams_8347a

有清園の南東の苔地に、石彫家(石仏彫刻家)の杉村孝作の「わらべ地蔵」が置かれています。それぞれ穏やかな顔をしていて癒されます。杉村孝氏は80歳の高齢にもかかわらず、精力的な制作活動と作品を通じての平和運動を続けています。

Ams_8356a

庭の東には細長い池があり、往生極楽院の東の斜面にある「細波の滝」から水が流れこみます。

Ams_8365a

有清園の南東から石段を上ると、「金色不動堂」があります。三千院の祈願道場として、平成元年に建立され、智証大師作と伝えられる金色不動明王(秘仏)を祀っています。完成当初のお堂は金色に輝いていました。

Ams_8393a_2

上で一念三千という言葉を説明しましたが、それを観(かん)することが天台宗の観法、すなわち、実践的修行法だそうです。(休憩所があり、無料でお茶(昆布茶)がいただけます。向こうに見える石段を上ります。)

Ams_8414a

観するとは、その真理を観察し熟考することです。(「観音堂」 大きな観世音菩薩像を祀っています。)

Ams_8420a

ここは、様々な花が咲き秋は紅葉が美しいところです。

Ams_8454a

観音堂の右手の奉納された小観音像は、8万体以上あるといわれています。

Ams_8432a

お堂の左手にある「聖観音像」、石仏彫刻家・長岡和慶師の平成元年の作品であることが分かりました。師は石彫家として初めて三井寺や三千院から大仏師の称号を受け、石仏の文化財あるいは信仰の対象としての価値を高めたと評価されています。

Ams_8457a

以前に永観堂阿弥陀堂前にある「やすらぎ観音」を紹介しましたが、それ以外に東大寺、永平寺、延暦寺、泉涌寺などや、大英博物館をはじめとする海外の博物館にも作品が収蔵されています。

Ams_8461a

もう一度金色不動堂まで下りて、紫陽花苑に向かいます。紫陽花はまだ咲いていませんが、かわいい石仏に会いにいくためです。

Ams_8483a

不動堂の横を通って律川の谷に下ります。

Ams_8501a

お目当ては、「大原の石仏」(売炭翁石仏)の前にある2体のお地蔵さんです。焼き物のようですが、作者がいまだに分かりません(もしご存じでしたら、教えていただけると嬉しいです)。

Ams_8522a

有清園の西門が出口になります。

Ams_8536a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ams_8058b

|

« 長岡天満宮 霧島ツツジと道真と智仁親王 | トップページ | 乙訓寺 牡丹と早良親王と弘法大師 »

コメント

遅い桜と早い夏の花々。
晩春と初夏のバランスがいいですね。

投稿: munixyu | 2017年5月 2日 (火) 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長岡天満宮 霧島ツツジと道真と智仁親王 | トップページ | 乙訓寺 牡丹と早良親王と弘法大師 »