« 新緑の南禅寺 三門 水路閣  | トップページ | 天授庵 緑あふれる庭園  »

2017年5月 9日 (火)

蹴上浄水場一般公開 つつじの通り抜け

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnf_7183b
※写真は全てクリックで拡大します。

蹴上浄水場の一般公開に行ってきました(5月7日)。つつじが見頃の5月3日~7日の期間、つつじの通り抜けや施設の見学ツアーがあり、4~6日には様々なイベントもありました。

参考のためにパンフレットの見取り図を載せておきます。下の道が三条通で、浄水場の仕組みが少しでも理解しやすいかもと思って東の正門から入りました。

Img_20170509_0001b

「蹴上浄水場」は日本最初の急速ろ過式浄水場として明治45年(1912)から給水を開始しました。その後の需要に対応して順次更新が行われ、平成24年(2012)に現在の設備となり、市内の中央部に給水をしています。(正門)

Jnf_7062a

正門から入って本館に向かう途中で、浄水施設の全体が見渡せます。蹴上の船溜りにある取水施設から流れてきた琵琶湖疏水の水は、手前(東)から向こうに行くにしたがってきれいになります。

Jnf_7075a

場内の斜面には約4,600本のつつじが植えられています。

Jnf_7077a

最初に本館に入りました。東西に長い建物で、廊下の両側の部屋のいくつかでイベントや展示を行っていました。

Jnf_7092a

先日の琵琶湖疏水の十石舟の記事で、琵琶湖の舟運(通船)は昭和26年に途絶えたと紹介しました。一昨年(平成27年)に琵琶湖から蹴上船溜りまで試験的に運航して、現在新たな観光船の建造など、琵琶湖疏水の通船を復活させる事業が行われています。

Jnf_7097a

廊下の突き当りの部屋はホールになっています。こちらは南側で、北側には浄水施設があります。

Jnf_7123a

本館の西から出て、東の向かって坂道を上ります。途中で正門からの坂道と合流します。

Jnf_7145a

疏水の水は、右の施設の活性炭と炭酸ガスを吹き込む「粉末活性炭接触池」、塩素と凝集剤を入れてかくはんする「ブロック形成池」を通り、「薬品ちんでん池」から不純物は下水道に排出されます。

Jnf_7160a

不純物を取り除かれた水は、本館より西にある「急速ろ過池」(あとで近くを通ります)でさらに水道水の水質に浄化されて、あちこちにある「配水池」に送られます。下は「第2高区配水池」で、地面の下に貯水池があります。

Jnf_7174a

蹴上浄水場では、低区、高区、最高区の三段階の高さにある配水池にポンブで水を送り、それぞれの水圧によって市内に給水します。、

Jnf_7186a

第2高区配水池の横の坂道をさらに上ります。

Jnf_7199a

右の台地の上に「最高区配水池」があり、その下に記念写真の撮影場所が設けられていました。


Jnf_7204a

先ほど通った第2高区配水池。

Jnf_7212a

「第2最高区配水池」 左に太陽パネルがあってその向こうにも配水池があります。

Jnf_7233a

「第1最高区配水池」 こちらは見晴らしがよい場所です。

Jnf_7237a

中央は吉田山で、金戒光明寺の建物の屋根や右に文殊塔が見えます。

Jnf_7246a

右手前に南禅寺の三門、中央の山すそにノートルダム女学院中学高等学校、奥は比叡山。

Jnf_7248a

最高区の配水池から道は下りになり、下に第1高区配水池が見えてきます。この配水池は明治45年の浄水場建設当時のもので、2棟の建物は2007年に近代化産業遺産に指定されました。

Jnf_7300a

この配水池は、現在機能維持・向上と耐震化を目的に改良工事が実施されています。地下に新たに配水池を築造するため、2棟の建物を曳家工法でいったん移動して耐震工事や内部の改装を行い、昨年秋に同じ場所に戻されました。右は流出弁室。

Jnf_7311a

順路は配水池を回り込み、途中から「急速ろ過池」が見えます。上で説明した薬品ちんでん池を経た水に、再び塩素(中間塩素)と凝集剤を注入して、急速ろ過池に送られます。ちんでん処理をした水を砂と砂利の層でろ過してさらにきれいにします。

Jnf_7321a

流入弁室の前を通って、坂道を下ります。二つの建物は500~600トンあって、それぞれ約15m移動させたそうです。写真の背後に「水質管理センター」の建物があります。

Jnf_7338a

下りの坂道の途中に「つつじのトンネル」があります。

Jnf_7362a

与謝野晶子の歌碑(看板の後ろです) かってここに旅館「辻野」があって、与謝野鉄幹・晶子夫妻が宿泊したときに晶子が読んだ歌「御目ざめの鐘は知恩院聖護院いでて見たまへ紫の水」。

Jnf_7369a

坂道を下りて本館の横を通ります。こちらはブロック形成池、薬品ちんでん池の方。

Jnf_7403a

こちらが「急速ろ過池」 この後再び塩素が注入(後塩素)されてポンプであちこちの配水池に送られます。

Jnf_7395a

Jnf_7406a

最後に「第1低区配水池」(手前)と「第2低区配水池」(向こう側)の横を通ります。ここだけ霧島ツツジが植えられていました。

Jnf_7414a

蹴上浄水場(中部)、松ヶ崎浄水場(北部)、新山科浄水場(南部と西部)は、いずれも琵琶湖疏水を水源としていて、一日77万?の水を145万人の京都市民に供給しています。琵琶湖疏水は水道水としても、人々の生活を支えています。

Jnf_7426a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnf_7331a

|

« 新緑の南禅寺 三門 水路閣  | トップページ | 天授庵 緑あふれる庭園  »

コメント

凄い躑躅たちですよね。
燃え盛っている。
桜並木もいいけれど、躑躅並木もいいですよね。
いい匂いがしてきそうです。

投稿: munixyu | 2017年5月 9日 (火) 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑の南禅寺 三門 水路閣  | トップページ | 天授庵 緑あふれる庭園  »