« 蹴上浄水場一般公開 つつじの通り抜け | トップページ | 日向大神宮 シャガの花咲く »

2017年5月10日 (水)

天授庵 緑あふれる庭園 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amt_0076a
※写真は全てクリックで拡大します。

南禅寺の塔頭 天授庵の青もみじです。
天授庵の庭園は、本堂前庭(東庭)の枯山水庭園と、書院南庭の池泉回遊式庭園に分かれます。今日は緑あふれる天授庵の庭園です。
天授庵の門を入ると目に飛び込んでくるのが書院の窓の向こうに見える景色です。紅葉の頃は真っ赤に、そして今は青もみじと1本の赤い紅葉がアクセント。

Amt_0067a

天授庵は暦応2年(1339)、南禅寺第十五世虎関師練によって開山無関普門の塔所として創建された南禅寺の開山塔です。
明徳4年(1393)、文安4年(1447)に焼失、さらに応仁の乱で荒廃、130余年を経過しました。慶長年間に入り世情の安定と共に、玄圃霊三の代の慶長7年(1602)に、霊三の法嗣雲岳霊圭が細川幽斎の妻光寿院の甥にあたることから、幽斎の援助を得て再興されました。

Amt_0209a

「頭上注意」の張り紙、中は青もみじが鮮やかです。

Amt_0069a

南禅寺の三門が大きく見えます。あの三門から見下ろした緑の庭園です。

Amt_0198a

紅葉の時期には行列ができる天授庵ですが、今はこんなにも静かです。目に優しく癒される緑の中、ついつい長居をしそうです。

Amt_0075a

紅葉の頃はライトアップされた庭園を書院から眺める特別公開が行われます。

Amt_0189a

秋の紅葉の頃には真っ赤な紅葉と、松の緑の対比が美しいところです。青もみじの前でも際立っています。

Amt_0084b

本堂の東庭は、正門より本堂に至る幾何学的な石畳を軸として配する数個の石と、白砂を以ってし、これに緑苔を添えたものです。

Amt_0171a

ひし形の石の周りの苔もそろそろ新芽が出てきそうです。

Amt_0175a

こちらは額縁風?

Amt_0213a

この先は書院南庭に続きます。

Amt_0088a

門から見えていた書院のガラス窓です。

Amt_0091a

若い青葉と赤い紅葉、これは年中赤い種類なのでしょうね。

Amt_0158a

こちらは池泉回遊式庭園。庭園内を回遊して鑑賞します。

Amt_0110a

睡蓮が咲きだせばまた美しさが増すことでしょう。

Amt_0106b

色とりどりの錦鯉が優雅に泳いでいます。

Amt_0097a

陽の当たった石の上には亀がいっぱい乗っています。

Amt_0117a

池の水面も緑、もみじを映しています。

Amt_0124a

Amt_0122c

緑の世界を独り占めです。

Amt_0125a

油絵を見ているよう。

Amt_0133a

錦鯉も亀もたくさんいました。

Amt_0151b

紅葉の名所は青もみじの名所。これからは修学旅行生で賑やかな京都になります。

※いつも応援ありがとうございます。今日もクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amt_0132a

|

« 蹴上浄水場一般公開 つつじの通り抜け | トップページ | 日向大神宮 シャガの花咲く »

 5 南禅寺 塔頭 水路閣」カテゴリの記事

花の京都 新緑 青もみじ 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蹴上浄水場一般公開 つつじの通り抜け | トップページ | 日向大神宮 シャガの花咲く »