« 哲学の道 早咲き桜めぐり | トップページ | 松ヶ崎疏水の桜 2017 桜 »

2017年4月 6日 (木)

醍醐寺・三宝院 紅枝垂桜と憲深林苑

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnf_1769a
※写真は全てクリックで拡大します。

一足早く枝垂桜が見頃となっている醍醐寺・三宝院を訪れました。「三宝院」は平安時代末の永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在で、歴代座主が居住する坊です。(三宝院の山門)

Jnf_1756a

豊臣秀吉が自ら設計をした庭園とそれを見渡せる表書院が三宝院の見どころの一つです。今まで写真撮影ができなかったのですが、最近撮影が可能になりました。そちらは別の機会に紹介するとして、今日は境内の枝垂桜を見て回ります。

Jnf_1773a

山門を入って左手にある枝垂桜は満開に近い状態でした。

Jnf_1962a

「大紅しだれ」という種類だそうです。ほとんど色がない年もありましたが、この日はピンク色がはっきりしていました。

Jnf_1793a

醍醐寺の桜は、春の彼岸の河津桜で始まり、しだれ、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラが続き、三宝院の大紅しだれと金堂わきの大山桜で終わるといわれています。だだし、今年はソメイヨシノより早く大紅しだれが見頃になっていました。

Jnf_1790a

この桜は豊臣秀吉が醍醐の花見をした桜の子孫といわれ、日本画家・奥村土牛の「醍醐」という絵に描かれたので、「土牛の桜」とも呼ばれています。

Jnf_1801a

拝観受付がある大玄関前から

Jnf_1808a

境内の西にある「憲深林苑(けんじんりんえん)」、芝生の中にお茶席ができています。

Jnf_1888a_2

庭園の南の塀の上から、先ほど見た大紅しだれが見えます。

Jnf_1904a

このあたりからの景色はちょっとした穴場です。

Jnf_1906a

お茶席の周囲を回ります。

Jnf_1934a

お茶席の西に来ました。昨年までは一周できたのですが、この日はお茶席の周囲の道を戻ります。

Jnf_1925a_2

こちらはお茶席の北で、受付があります。

Jnf_1946a

Jnf_1950a

山門の横にある「クローン桜」 2004年に住友林業・住友林業緑化が「土牛の桜」をバイオ技術で増殖して移植したものです。枝垂れ桜は比較的長寿ですが、樹齢が高くなると挿し木や接ぎ木という従来の方法では増殖が難しいのだそうです。

Jnf_1777a

翌年には早くも開花して、花の色や形など特徴がすべて土牛の桜と一致して、遺伝子も同じ型であると確認され、クローン桜と認定されました。

Jnf_1786a

当初は細くて触られたら折れてしまいそうでしたが、ずいぶん大きくなって一安心です。

Jnf_1779b

お帰りの前に、励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnf_1801e

|

« 哲学の道 早咲き桜めぐり | トップページ | 松ヶ崎疏水の桜 2017 桜 »

2017 桜1」カテゴリの記事

コメント

クローン技術やiPS技術は、
ソメイヨシノ存続の大きな力となりそうですね。
京大がiPS技術を持っているのも、何かの縁なのかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2017年4月 6日 (木) 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哲学の道 早咲き桜めぐり | トップページ | 松ヶ崎疏水の桜 2017 桜 »