« 勧修寺 桜咲く庭園 | トップページ | 嵐山 法輪寺 2017春 »

2017年4月15日 (土)

渡月橋 2017春

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_4622a
※写真は全てクリックで拡大します。

市内より遅れて桜が見頃になった嵐山に行ってきました。嵐電の嵐山駅を出て、渡月橋に向かいます。

Ams_4602a

渡月橋の北に来ました。

Ams_4639a_2

法輪寺の桜も見頃のようです。

Ams_4611a_2

中ノ島(嵐山公園)の桜も満開で、大勢の人出が見えます。後で立ち寄ります。

Ams_4613a_2

Ams_4619a

橋の上から、正面は嵐山。

Ams_4644a

向こうは保津川下りの船着き場。

Ams_4671a_2

中ノ島の渡月亭の横。

Ams_4674a

渡月小橋の上から 左の岸には「星のや京都」の送迎船の桟橋、屋形船とボートの乗り場があります。

Ams_4684a

お客を下した保津川下りの船が戻ってきました。

Ams_4687a

小橋の下をくぐります。

Ams_4693a

小橋の反対側で船を預けて、船頭さんは車で保津川下りの出発点の亀岡に戻ります。

Ams_4703a

船はクレーンでトラックに積み込まれて、亀岡に輸送されます。

Ams_4867a_2

渡月小橋を渡って、大堰川の右岸を少し遡ります。ここには外国人に人気の岩田山モンキーパークがあります。

Ams_4875a

Ams_4879a_2

今まで気にしていませんでしたが、茶店の前に石碑があります。よく見ると「露営の歌」の碑でした。露営の歌は、「勝ってくるぞと 勇ましく 誓って故郷(くに)を・・・」で始まる軍歌ですが、なぜこの場所に石碑が建っているのでしょうか?

Ams_4880a

昭和12年(1937)に日中戦争が勃発し、毎日新聞が戦意高揚のために「進軍の歌」の歌詞を公募しました。第1位入選作品は陸軍戸山学校軍楽隊が作曲しました。上の歌は、佳作第一席に入選した歌詞に古関裕而が作曲して『露営の歌』と曲名が改められたものです。

Ams_4872a_2

二つの軍歌のレコードは日本コロンビアから発売されましたが、B面の露営の歌がA面をしのぐ人気となり、当時としては珍しい60万枚の売り上げとなりました。(星のや京都の送迎船が帰ってきました。)

Ams_4885a

露営の歌を作詞した薮内喜一郎氏は京都市役所に勤務していて、友人の毎日新聞記者・岸田正三氏が提唱して、京都嵐山保勝会と右京区在郷軍人会連合分会が音頭をとって翌年この場所に記念碑が建てられました。(屋形船が出発しました。)

Ams_4888a

この歌は、軍歌とはいうものの、3番では「夢に出てきた 父上に死んで還れと 励まされ 覚めて睨むは 敵の空」、4番「笑って死んだ 戦友が 天皇陛下 万歳と 残した声が 忘らりょか」、 

Ams_4894a_2

5番では「戦争(いくさ)する身は かねてから 捨てる覚悟で いるものを 鳴いてくれるな 草の虫」と 戦争に対する率直な気持ちを表現しているのが、大ヒットにつながったといわれています。

Ams_4924a

古関裕而は新聞に発表された歌詞を旅行中に見て心を動かされ、依頼されていないにもかかわらず作曲をしたそうです。今日の記事は軍歌の話で終わってしまいましたが、この後法輪寺を訪れました。

Ams_4911a

昨日(4月14日)賀茂川沿いの道を歩いてきました。ソメイヨシノはあまり散っていなくて見頃の状態が続いていました。半木の道の枝垂桜は蕾も残っていて、もうしばらく楽しめそうです。

Ams_4921a

記事をご覧の後は、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ams_4679b_2

|

« 勧修寺 桜咲く庭園 | トップページ | 嵐山 法輪寺 2017春 »

2017 桜2」カテゴリの記事

コメント

軍歌と言えば、海ゆかばとか、いろいろあるけど
みんな悲しいですよね。
よく読むほど、戦争してはいけないと強く思います。

投稿: munixyu | 2017年4月15日 (土) 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勧修寺 桜咲く庭園 | トップページ | 嵐山 法輪寺 2017春 »