« 北野天満宮 飛梅伝説と摂社たち | トップページ | 城南宮 梅咲く境内と摂社たち »

2017年3月14日 (火)

北野天満宮 別離の庭と梅苑

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_6983a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の続きで、北野天満宮の梅苑に入りました。二つる入り口のうち、楼門の西にある絵馬舎の横から入ると、まず境内の西にある庭を通ります。数年前からこのあたりは整備が行われ、昨年一段落したようです。

Jne_6929a

北野天満宮では、菅原道真が亡くなってから50年毎に「大萬燈祭」、25年毎に「半萬燈祭」という式年祭を斎行してきました。それぞれの式年では古式ゆかしい祭典や社殿の修復が行われてきました。

Jne_6936a

平成39年(2027に)斎行される「千百二十五年半萬燈祭」に向けて、北野天満宮は国宝絵巻「北野天神縁起」などに描かれた境内図や古儀の復興に取り組んでおり、境内の大規模な整備を行っています。

Jne_6998a

平安京の時代からの景勝地「北野松原」を再現すべく参道に松並木を造り、紅葉の名所である史跡「御土居」を整備しています。境内西側にあたるこの場所では、北野天神縁起の「別離の段」に描かれた景色を再現し、「別離の庭」と名付けました。

Jne_7002a

上の写真の小川は新たに造られた「御手洗川」です。下は三光門前の参道から見た写真です。

Jne_6667a

かって社殿の西にあった神饌所の建物を、曳家工法でこの場所まで移動して道真の生家の「紅梅殿」となずけました。

Jne_6949a

道真はあわただしく大宰府に出発するとき、紅梅殿に植えられていた梅に「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな 」と詠みました。

Jne_6965a_2

道真は文才が高く評価され、宇多天皇のころに歌会にも招かれていました。紅梅殿の中庭には傾斜をつけ、湧き水を引いて歌会「曲水の宴」の鑓(やり)水を再現しています。植栽は境内の梅と御土居の紅葉を連続的に配置して奥行と広がりを持たせているそうです。

Jne_6952a_2

昨年11月3日には、およそ1100年ぶりに道真ゆかりの曲水の宴が再興されました。(下は拝観区域の外からの写真です。)

Jne_6708a

別離の庭の設計・施工を行った(株)空間創研と(株)樋口造園はランドスケープコンサルタンツ協会のCLA奨励賞を受賞しました。歴史的庭園の再現のために、神職や有識者と調整しながら複雑な工事を実施したことが評価されました。、

Jne_6996a_2

別離の庭の南には昔からある「豊国神社」、「一夜松神社」などの摂社が並んでいます。

Jne_7004a_2

それらの摂社は拝観区域の外からお参りすることができます。こちらには鳥居があるのですが、社は紫白幕でさえぎられていてちょっと不自然な形になっています。

Jne_7009a

この後、順路に沿って史跡「御土居」を超えて、紙屋川沿いの道に下ります。

Jne_7055a

この道の南側にある梅林を通ります。

Jne_7065a

振り返って

Jne_7071a

Jne_7074a

南端にある橋を渡るとちょっとした竹林があります。

Jne_7082a

西岸からは茶室の展望台が見えます。

Jne_7098a

もとの道に戻り、御土居を越えて境内の南にある梅苑に入ります。北野天満宮には約2万坪の境内に道真ゆかりの梅50種約1,500本があるそうです。

Jne_7117a

左の茶店で入苑券についている茶菓子が頂けますが、最後に行くことにしました。

Jne_7108a

早咲きの梅は例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、正月明けから開花。 徐々に咲き繋ぎ、3月末頃まで長く楽しめるそうです。

Jne_7136a

開花状況によりますが、梅苑は例年2月初旬から公開されます。2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯も行われ、多くの人出があるそうです。

Jne_7138a_2

以下で、昨日(13日)の梅の開花情報(JR西日本調べ)を紹介します。

Jne_7148a

☆随心院・小野梅園、ちらほら咲き
☆青谷梅林、7分咲き

Jne_7178a

☆城南宮 神苑 楽水苑、満開

Jne_7155a

☆北野天満宮、満開

Jne_7198a

☆京都御苑、7分咲き
☆元離宮二条城、5分咲き

Jne_7188a

☆梅宮大社、7分咲き

Jne_7214a_2

梅苑の北はすだれで仕切られていて、半萬燈祭に向けた整備計画の一環として、多目的ホールを備えた神社会館が建設中でした。

Jne_7230a_2

「菅公梅(かんこうばい)」 寒気に咲く紅梅白梅を模した梅肉入りすり蜜つきの麩焼煎餅で、昆布茶と頂きます。

Jne_7224a_2

お帰りの前に、励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_7022a

|

« 北野天満宮 飛梅伝説と摂社たち | トップページ | 城南宮 梅咲く境内と摂社たち »

コメント

いい梅日和。
1500本?凄いですね。
いつの間にか春爛漫、嬉しい、いい季節になりましたよね。

投稿: munixyu | 2017年3月14日 (火) 11:25

こんにちは。
毎日の様に拝見させて頂いています。
今日は、北野天満宮一帯を丁寧に紹介いただき嬉しいです。この辺りの様子を伺いすることが出来ました。
京都の行った時の参考にさせて頂きます。
ありがとうございます。

投稿: さゆうさん | 2017年3月14日 (火) 16:58

いい天気になってよかったですね!一昨年ぐらいに行った時はどんよりしてました(;´д` ) トホホ
紅梅殿は以前は十二単姿の等身大の人形があった所でしょうか。。。なんかレイアウトが変わったのか思い出せません。一夜松神社のあたりで太鼓をたたいていた人が居たのを覚えています。
菅公梅のお煎餅が結構おいしいですよね~。
見た目は味の薄いパサパサするやつかと思ったら
なかなかいい味がする!昆布茶とベストマッチングです~

投稿: ばるさろ | 2017年3月14日 (火) 22:06

★ばるさろさん こんばんは♪
紅梅殿のあたりはいろいろ整備をして以前とは違う風景になりました。北野天神縁起の情景を再現したそうで、昨年秋に一段落したようです。梅苑の茶菓子は美味しいのですが、いつもゆっくりできないのが残念です。

投稿: りせ | 2017年3月16日 (木) 00:16

★さゆうさん こんばんは♪
北野天満宮は大きくて歴史もあるので、いろいろな見どころがいっぱいあります。記事にするときはまとめるのに苦労しますが、ご参考になれば嬉しいです。

投稿: りせ | 2017年3月16日 (木) 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北野天満宮 飛梅伝説と摂社たち | トップページ | 城南宮 梅咲く境内と摂社たち »