« 二条城 二の丸から天守閣跡へ | トップページ | 河津桜咲く 東寺 五重塔  »

2017年3月18日 (土)

二条城 梅林と清流園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ams_1333b
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事で二条城の二の丸と本丸を見て、本丸の西にある橋まで来ました。橋の上から南の方に梅林が見えます(上)。下の写真では内堀に沿って梅林の端まで来ました。ここは二条城の南西隅になります。

Ams_1352a

東西の道が二本あり、その外側(南側)を歩きます。

Ams_1356a

二条城にはおおよそ130本の梅があり、そのほとんどがこの梅林に植えられています。

Ams_1353a

昭和29年(1954)にこの場所のかし林を伐採開墾して、梅を植樹しました。その後、道の南側(右手)にも拡張補植されました。

Ams_1366a

植えられている品種は紅梅、白梅、桃色梅、しだれ梅。

Ams_1380a

それと、一本の木に紅白の花を咲き分ける源平咲き分け(下の写真)があります。

Ams_1371a

詳しい品種は分かりませんが、とりあえずいろいろな色の梅の花を撮りました。

Ams_1392a

梅林の東の端には「南中仕切門」があります。下は門をくぐってから。

Ams_1401a

門の前は内掘と本丸です。

Ams_1399a

東には内堀に沿って道があり、突き当りが二の丸の桃山門です。

Ams_1397a

もう一度門をくぐり、今度は内側(北側)の道を西に戻ります。

Ams_1406a

こちらの道端にはしだれ梅が見られます。

Ams_1413a

ところで、現在の二条城は1603年に徳川家康が上洛の時の宿舎として造営したものです。それ以前の1569年、織田信長は将軍・足利義昭のためにこの近くに城を築きました(旧二条城)。(下は南側の道。)

Ams_1444a

旧二条城は、現在の二条城の北東約1kmの平安女子学院高・中学校附近にあったと考えられています。

Ams_1427a

信長は、常時1万2000人から2万5000人の人役を投入し、70日間ほどでほぼ全容を整えたといわれています。(梅林の西の端に近づいて来ました。)

Ams_1447a

工事期間を短縮するため、石垣の石材に近郷の石仏、板碑、灯籠等を徴集して積み込んだと伝えられています。(西側の内堀が見えてきました。)

Ams_1451a

その後、信長は義昭を追放して東宮誠仁(さねひと)親王を迎え入れ、「二条御所」とも呼ばれました。しかしながら、1582年の本能寺の変で明智勢に襲撃されて信長、長子・信忠が自刃し、城郭は焼失してしまいました。 (この後、内堀の西の道を北に戻ります。)

Ams_1452a

「旧二条城石垣」 地下鉄烏丸線建設の際、烏丸下立売から旧二条城の石垣が発見され、先ほど渡った橋の手前に、その遺構が移築されました。記録のとおり、通常の石材約150個の他に、40個ほどの石仏・板碑・礎石が使われていたそうです。

Ams_1463a

「西北土蔵」 内堀の西北にあり、米蔵として使われたそうです。

Ams_1471a

最初に入った北大手門の方向に向かいます。*東大手門はまもなく工事が終わり、出入り口はそちらに戻されると思われます。

Ams_1478a_2

「北中仕切門」を南(内堀の方)に入ります。

Ams_1481a

左手は庭園「清流園」 家康時代にはこの場所に天守閣の一部がありました。家光の時代の二条城増改築のときには、天守閣は淀城に移築され、後に同心(幕府の役人)の住居が建造されました。(左に「加茂七石の庭」があります。)

Ams_1485a

加茂七石とは、鴨川上流の「紅加茂石」と「雲ヶ畑石」、貴船川の「貴船石」と「畚下(ふごおろし)石」、鞍馬川の「鞍馬石」、静原川の「賤機(しずはた)石」、高野川の「八瀬真黒(まぐろ)石」の七つを指すそうです。これらは現在はほとんど産出しないとか。

Ams_1493a

明治前期に同心の屋敷は撤去されて緑地に整備されました。大正4年(1915)には大正天皇即位式饗宴の儀の会場として施設等が建造されました。翌年から城内の復旧工事が行われ、この場所に造園家・小川治兵衛によって疎林式庭園が造営されました。

Ams_1499a

戦後の昭和25年(1950)には進駐軍のテニスコートに転用されましたが、昭和40年(1965)に中根金作が中心となって清流園が造営されて現在に至ります。中根は、先日の記事で紹介した城南宮の神苑の作庭も行いました。

Ams_1501a

この庭園は、河原町二条にあった旧角倉了以の屋敷の一部、庭石、庭木等を無償で譲りうけ、更に全国から集めた銘石、篤志家からの寄贈品などを用いて作庭されました。

Ams_1510a

西半分は二棟の建物を含む池泉回遊式山水園(和風庭園)となっています。

Ams_1505a

季節によって多様な花が咲きます。

Ams_1508a

この日はまもなく始まる桜の頃のライトアップの準備が行われていました。2軒の建物は様々な催しに使用されています。

Ams_1519a

東は芝生を敷き詰めた洋風庭園で、全体として和洋折衷庭園となっています。

Ams_1141a

平成17年(2005)の米国の日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』では、日本全国693か所の中で優れた庭園が選ばれ、清流園が5位、二の丸庭園が10位だったそうです。下が入り口のようです。

Ams_1134a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ams_1431a

|

« 二条城 二の丸から天守閣跡へ | トップページ | 河津桜咲く 東寺 五重塔  »

コメント

梅はいろんな色がありますよね。
紅白といえど、紅の種類が凄いです。
桜より、色の種類が多いのかもしれません。

投稿: munixyu | 2017年3月18日 (土) 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二条城 二の丸から天守閣跡へ | トップページ | 河津桜咲く 東寺 五重塔  »