« 東山花灯路 青蓮院ライトアップ | トップページ | 金地院 東照宮と名勝庭園 »

2017年3月 8日 (水)

東山花灯路 知恩院から円山公園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_5476a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の続きで、東山花灯路が行われている神宮道を知恩院の前まで来ました。下はライトアップ中の三門。

Jne_5291a

知恩院では東山花灯路の期間中、友禅苑の夜間特別拝観を行っています。久しぶりなので入ることにしました。

Jne_5299a

「友禅苑」は友禅染の始祖宮崎友禅の生誕300年を記念して、昭和29年に改修造園されました。門を入ると、目の前に「補陀落池」があります。

Jne_5305a

池の中央には高村光雲作の「聖観音菩薩立像」 。

Jne_5327a

池のほとりから西に向かっての斜面に枯山水庭園が広がっています。

Jne_5307a

白砂が大河を表し、石橋や島、枯滝などがあります。枯山水の東端に「宮崎友禅斎」の銅像があるのですが、錆のせいで昼間でも怖い姿になっていて写真は載せられません。

Jne_5313a

池から上の斜面には茶室があります。裏千家ゆかりの茶室の「華麓庵」。

Jne_5332a

お茶席が開かれていました。ここで一服したい気分でしたが、先を急ぐので我慢しました。

Jne_5334a

広場から三門が見えました。

Jne_5329a

友禅苑を出て、知恩院の南門まで来ました。こちらからは円山公園の入口のようです。

Jne_5382a

門の前には昔からの花灯路の行灯。

Jne_5384a

門を入って左の広場で「京都いけばな協会」の「現代いけばな展」が行われています。前期・後期にわけて16作品を展示しているそうですが、一つだけ。

Jne_5401a

さらに東に行くと、吉水の小川にかかる石橋の付近で「竹灯り・幽玄の川」が行われています。

Jne_5408a

Jne_5413a

石橋を渡って、小川に沿って西に戻ります。

Jne_5421a

ひょうたん池にかかる橋から。

Jne_5433a

祇園枝垂桜の南に「サクハナ行灯」、来場者がメッセージを書いたシールを行灯に張り付け、行灯を飾ります。最近のヒット作ともいえ、嵐山花灯路でも登場しました。

Jne_5438a

八坂神社に向かう通りに「粟田大燈呂」が展示されています。粟田神社の粟田祭で巡行する10基のうちの5基です。青森のねぶたのルーツともいわれ、京都では180年前に途絶えたものを、平成20年に京都造形芸術大学によって復活したものです。

Jne_5442b

出し物は、粟田神社の創建にまつわる伝承や日本の神話が題材となっています。「出世えびす」 粟田神社のえびすは細身で大笑いしている姿だそうです。五穀豊穣を暗示する米俵、鯛、朱塗りの杯、後には熊手を置いている福の神です。

Jne_5445a

「因幡の白兎」 サメに皮を剥ぎ取られたウサギを、微笑みながら助ける大己貴(オオナムチ)の優しさを表現したのだそうです。

Jne_5451a

「酉」 今年の干支で、親鳥は「神聖」を表し、傍の卵、雛、鶏の「成長」を見守っています。これだけは粟田神社氏子のシニアのみなさんの制作だそうです。

Jne_5459a_2

「愛染明王」 恋愛・縁結び・家庭円満の神で明王特有の憤怒の表情をしています。女性の仏なので髪や装飾で華やかさを表現し、吉兆とされる彩雲を背負っています。

Jne_5463a_2

「スサノオノミコトとクシナダヒメ」 乱暴者で高天原を追われたスサノオですが、八岐大蛇退治ではクシナダヒメを守ります。その正義感と、彼をささえるクシナダヒメの優しを表現したのだそうです。

Jne_5477a

この道をもう一度戻ります。

Jne_5515a

「長楽館」もライトアップされています。「光と音のファンタジー」と題して万華鏡の映像を建物に投影しています。

Jne_5549a

Jne_5540a

この前の道(ねねの道)を南に行くと大谷祖廟の参道があります。

Jne_5556a

参道の西側で「大学のまち京都・伝統の灯り展」が行われています。京都にゆかりの4つの芸術大学の学生の作品です。意欲的な作品があって、毎年楽しみにしています。

Jne_5565a

「つぼみ」

Jne_5585a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_5573a

|

« 東山花灯路 青蓮院ライトアップ | トップページ | 金地院 東照宮と名勝庭園 »

コメント

夜は、まだまだ寒いですが、春の灯ということでしょうか。
灯の感じが、なんか違うような気がします。
いいですよね。

投稿: munixyu | 2017年3月 8日 (水) 11:27

cherryblossomりせさん、いつ休むのですか
昼も 夜も・・・素敵な写真を こたつに入って眺める私にはありがたいですがsweat01

先日は 京都情報の調べ方を教えて頂いて感謝です

嵐山、数年ぶりに嵐電で行ったら ↑ の写真にあるような 行燈?飾られていて驚きました。
駅も店もリニューアルしたのですね。

京行灯のお店、四条通の電気屋さんみたいな所で 真っ白なのを1つ、
京友禅をパネルに貼った 辻村さんのを外用内用各1つ、
持っていますが、
閉店されたようす。 歴史ある京都で お店を続けるって大変なのですね。

そんな中、りせさんの写真ブログは レジェンドとなりつつありますねfuji

投稿: ゆっこ | 2017年3月 8日 (水) 18:14

人出はどのぐらいだったんでしょう。。。街中から近いとは言え知恩院から青蓮院はいつもはそんなに人は居ないような。。。円山公園も桜の頃ほどではないのかなぁ。。。長楽館ってタバコ王のところでしたっけ。。。すぐ近くなのにまだ行けてないエリアなので興味津々。粟田大燈呂がいいですね。素戔嗚がちょっとマンガのジョジョのように見えるw

投稿: ばるさろ | 2017年3月 8日 (水) 21:07

★ゆっこさん こんばんは♪
京行灯が似合うお部屋、いいですね。辻むらさんの行燈はインターネットで販売しているようです。
薄暗い街角の露地行灯は、きれいに撮るのは難しいのですが、私の好きな被写体です。ついたくさん写真を撮ってしまうのですが、記事にあまり載せられないのが残念です。

投稿: りせ | 2017年3月 9日 (木) 22:49

★ばるさろさん こんばんは♪
平日に出かけると意外に人出が少なくて、ちょっと心配?になりました。長楽館は煙草王といわれた村井吉兵衛の別邸(迎賓館)で、円山公園の南隣にあります。カフェもあるので気軽に入れます。粟田大燈呂、今年はちょっとクオリティーが・・と思いましたが、学生さんが制作しているのでかえって微笑ましくもなりました。

投稿: りせ | 2017年3月 9日 (木) 23:01

★munixyuさん こんばんは♪
この日は夜になっても寒くはなく、灯りの色も暖かく感じました。今日は寒さが戻りましたが、こうやって徐々に本格的な春になるのでしょうね。

投稿: りせ | 2017年3月 9日 (木) 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東山花灯路 青蓮院ライトアップ | トップページ | 金地院 東照宮と名勝庭園 »