« 両足院 冬の庭園と毘沙門天 | トップページ | 知恩院 冬の方丈庭園 »

2017年2月11日 (土)

雪降る八坂神社から知恩院へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_0212a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は京都南部でも積雪があるとの天気予報でした。ところが、日中は雪が降るものの積もるほどではなく、ときどき青空も見える天気でした。そこで、特別公開されている知恩院を訪れることにしました。

八坂神社、円山公園を通って知恩院に向かいます。この時は雪が激しく降っていました。

Jne_0214b

この日も八坂神社の参道に露店が出ていました。

Jne_0218a

特に説明はありませんので、冬の雰囲気を感じていただければと思います。

Jne_0219a

「祇園蛭子社」

Jne_0226a

相変わらず多くの参拝者がいました。

Jne_0232a

傘を持っていない人も多いようです。後は修復工事中の「南楼門」。

Jne_0234a

雪が小降りになってきました。

Jne_0238a

先日八坂神社の七不思議で紹介した、毎晩すすり泣くという「夜泣き石」です。今度はちゃんと写真を撮ってきました。境内の北東隅の「日吉社」の前にあります。

Jne_0263a

日吉社の横にある鳥居から円山公園に入ります。

Jne_0267a

東山がうっすらと雪化粧です。

Jne_0271a

「瓢箪池」の水がほとんどありません。

Jne_0276a

水が少ないので、アオサギが何匹も魚を獲っていました。

Jne_0282a

魚が獲れないアオサギが、追いかけます。

Jne_0291a

しばらく見ていましたが、左のアオサギは1匹も獲れません。

Jne_0303a

知恩院の南門に来ました。

Jne_0308a

こちらは「女坂」、正面に庭園の「友禅苑」があります。左に今回の「京の冬の旅」の特別公開の看板があります。

Jne_0311a

「三門」

Jne_0315a

この日はこちらの「男坂」から上ります。

Jne_0322a

石段は見た目ほど急ではありません。

Jne_0331a

Jne_0336a

手すりがないので、雪が積もったら危ないかも知れません。

Jne_0337a

「御影堂」(国宝)は平成24年から30年まで修復工事が行われています。納骨、回向、一般の参拝などは、北にある「法然上人御堂」(集会堂)で行われます。

Jne_0341a

御影堂の西にある阿弥陀堂の前に梅が咲いていました。

Jne_0364a

御影堂と阿弥陀堂を結ぶ廻廊の下をくぐります。

Jne_0372a

また雪が激しくなってきました。

Jne_0370a

「京の冬の旅」で特別公開されるのは、大方丈、小方丈、方丈庭園です。

Jne_0375a

御影堂工事中の拝観入り口は集会堂の「武家門」です。

Jne_0376a

励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_0360a

|

« 両足院 冬の庭園と毘沙門天 | トップページ | 知恩院 冬の方丈庭園 »

コメント

時雨は、雪よりも余計に寒く感じます。
今が、一番寒い時。この寒波が終われば、少しは楽になるはずです。

投稿: munixyu | 2017年2月11日 (土) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 両足院 冬の庭園と毘沙門天 | トップページ | 知恩院 冬の方丈庭園 »