« 吹雪の清凉寺 諸堂をめぐる | トップページ | 聖護院 節分 追儺式と豆まき »

2017年2月 3日 (金)

吉田神社 節分祭(追儺式)

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnd_8933a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の夕方、吉田神社の節分祭(追儺式)に行ってきました。追儺式(ついなしき)は、「鬼やらい」とも呼ばれ、節分の豆まきの原型となった儀式です。一の鳥居から参道に入ります。

Jnd_8692a

例年、節分祭の3日間に、東大路から吉田山上の大元宮まで約800の露店が出て、50万人の人出があるそうです。二の鳥居から振り返って。

Jnd_8706a

吉田神社の追儺式は、平安時代初期から毎年宮中で行われていたものを、古式に則って伝承・継承されており、古の趣を現在に伝える数少ない神事の一つといえます。(昨年は後ろの方からしか見物できなかったので、少し早めに舞殿の前に到着しました。)

Jnd_8731a

午後6時前に、神事をおこなうため神官たちが舞殿に控えていると、吉田山上から行列が到着しました。松明を持った子供たちが先導して三の鳥居をくぐります。

Jnd_8771a

行列の中から陰陽師が方相氏(ほうそうし)を伴って舞殿に向かいます。舞殿は検非違使が警護します。

Jnd_8786a

方相氏は古代中国の鬼神で、邪気を見抜く力を持っているとされます。四つ目で2本の角がある黄金の仮面を被り、玄衣朱裳を着装し、盾矛を手に持って儀式を見守ります。

Jnd_8795a

最初に陰陽師が祭場(舞殿)を清めます。陰陽師は吉田神社の宮司が務めます。

Jnd_8797a

舞殿の四方を祓い清めます。北東から右回りに最後が北西です。

Jnd_8830a

さらに中央(天)も祓い清め、次に参列した神職や方相氏も清めます。

Jnd_8844a

そのあと、3人の神職の手を経て神前にお供え物をします。

Jnd_8866a

そのあと、陰陽師が祭文を奏上します。

Jnd_8877a

そのあと、三匹の鬼が現れました。最初に怒りを象徴する赤鬼がやってきて、観客を威嚇します。

Jnd_8891a

靑鬼は悲しみを象徴し、大げさに悲しんでみせます。、

Jnd_8897a

黄鬼は苦悩の象徴だそうです。

Jnd_8908a

3匹の鬼が舞殿の周りを我が物顔で闊歩していると、方相氏が現れます。

Jnd_8917a

鬼たちは金棒で立ち向かいますが、歯が立ちません。

Jnd_8920a

方相氏は?子(しんし)たちを従えて鬼を追いかけます。宮中の行事では?子は20名の役人だったそうですが、ここでは子供たちが務めます。、

Jnd_8921a

時々抵抗しますが、勝てずに舞殿の周りを逃げまどいます。

Jnd_8922a

舞殿の周りを追い回されていくうちに、鬼は疲れてきます。

Jnd_8942a

逃げるのが精いっぱいとなり、

Jnd_8944a

舞殿の周りを3周した後、3の鳥居から逃げ出してしまいました。

Jnd_8951a

最後に、3人の殿上人が鬼が逃げていった方向に、桃の木で作った弓で葦矢(あしのや)を放ちます。鬼が二度と戻ってこないように、それぞれ3本の矢を射ます。

Jnd_8968a

神事が終わり、神職らが引き上げていきます。この後、鬼を追いかけて竹中稲荷まで上りました。

Jnd_8980a

途中が混雑していて、ずいぶん時間がかかってしまいました。

Jnd_8990a

毎年竹中稲荷で鬼たちの記念撮影があるのですが、もう終わるところで、慌てて撮ったのでブレてしましました。

Jnd_8995a

竹中稲荷の社務所に帰っていきます。この後、参道をくだり途中で大元宮に寄りました。

Jnd_9006a

大元宮は2月2-4日の期間は特別参拝で、大混雑でした。

Jnd_9016a

Jnd_9026a

最後に気になった露店を、「Dr.シンの手相診断」、長い行列でした。

Jnd_9060a

焼き団子・・・

Jnd_9049a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnd_9062a

|

« 吹雪の清凉寺 諸堂をめぐる | トップページ | 聖護院 節分 追儺式と豆まき »

コメント

大賑わいだったのですね。
鬼役もお疲れ様ですね。
焼き団子美味しそう。露店っていいものですよね。

投稿: munixyu | 2017年2月 3日 (金) 09:55

焼き団子がキレイに並んでる!京都で節分の行事といえば、やはり吉田神社が一番人気なんですかね~。蘆山寺、壬生寺がお寺では有名なイメージですが、他にも話題に上るような所はありますか~?
いつかタイミングを合わせて見に行ってみたいんですが、1日であちこちでやるとなると、はしごしなくちゃ。。。

投稿: ばるさろ | 2017年2月 3日 (金) 23:59

★ばるさろさん こんばんは♪
今日(2月3日)は何か所か回りました。記事にしますのでよろしく。

投稿: りせ | 2017年2月 4日 (土) 01:17

はじめまして、渡辺と申します。

友人のカナダ人が京都に宿をオープンし、web制作を手伝っております。
https://marikojiinnkyoto.com/

このwebの中に“Kyoto Annual Events”という京都の主なイベントをカレンダー形式で紹介するページを作成中なのですが、
あなた様の以下のページに掲載の写真をそれぞれ2枚程度掲載させていただく事は可能でしょうか。

もちろん制作したページ内に写真は以下URlに帰属する旨を明記させていただきます。
※英語ページなので英語で記載します。

ゆくゆく日本語ページも作りますので、その際にはもちろん日本語にて明記させていただきます。

初詣
http://kyoto-albumwalking.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_f550.html

吉田神社(節分)
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-d7fa.html

時代祭り
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_aaec.html

葵祭り
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/cat22814838/index.html

祇園祭り
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-f59d.html

五山送り火
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-6502.html#search_word=五山送り火

知恩院
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-85ea.html

ご連絡いただければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: 渡辺泰規 | 2017年11月18日 (土) 14:40

★渡辺泰規さん こんばんは♪
記事に載せている写真であれば使用していただいて結構です。ブログのURLはトップページにしてください。
これからは、ブログの写真の使用については、右のサイドバーにあるようにコメントではなく、メールでお願いします。

投稿: りせ | 2017年11月19日 (日) 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吹雪の清凉寺 諸堂をめぐる | トップページ | 聖護院 節分 追儺式と豆まき »