« 雪の大原 実光院 | トップページ | 雪の三千院 大根焚きと石仏たち »

2017年2月16日 (木)

雪の大原 三千院 客殿からわらべ地蔵へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jne_1334b
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の実光院を出て三千院を訪れました。下の写真は「御殿門」で、堅牢な城門のような造りと高い石垣は、かっての門跡寺院をしのばせる風格があります。

Jne_0885a

「三千院」は、奈良時代の延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東堂に築いた円融房(えんにゅうぼう)に始まり、その後慈覚大師円仁に引き継がれました。

Jne_1256a

平安後期以来、皇子皇族が住持する宮門跡となり、寺地は比叡山内から近江坂本、京都市中と移動しました。そのつど寺名も円融房、梨下房、円徳院、梨下門跡、梶井門跡と変えました。(庫裏と客殿の間の坪庭)

Jne_1257a

明治維新後、現在の地に移り「三千院」として1200年の歴史をつないでいます。「客殿」は安土桃山時代の天正年間(1573-1592)の建立で、御所の修復の際に豊臣秀吉から提供された紫宸殿の余材が使われたといいます。

Jne_1265a

客殿の南に広がる「聚碧園」 江戸時代の茶人金森宗和が美しさに感動して、自ら手を加えたそうです。

Jne_1282a

この池には音無しの滝の水が律川を経て流れ込んでいます。

Jne_1304a

毛氈のあるところは有料のお茶席です。

Jne_1292a

外縁から聚碧園

Jne_1294a

この庭園の一番高いところに五重塔を思わせる灯籠があり、斜面に沿って万里の長城のように寄せ垣が続いています。

Jne_1305a

向こうの渡り廊下は「円融房」に続いていますが、通れないことが多いです。

Jne_1303a

拝観順路はこの外縁を通って宸殿に向かいます。途中にある「法洗心」(右)と「清浄水」(左)

Jne_1309a

「宸殿」は三千院の最も重要な法要である「御懴法講(ごせんぼうこう)」の道場として、大正15年(1926)に建てられました。

Jne_1318a

「虹の間」 東の間で奥に玉座があり折上格子天井、襖絵は下村観山による虹が描かれています。この部屋の中から往生極楽院を眺めるのが定番の写真なのですが戸が閉まっています。

Jne_1321a

外縁から往生極楽院

Jne_1324a

初夏には緑の苔地に石楠花が咲いて華やかな景色になります。

Jne_1331a

後ろの中央の間が御懺法講が行われる道場になっています。ここから「有清園」に降ります。境内・庭園は4段になっていて、先ほど見た聚碧園が一番下、この庭は2段目になります。

Jne_1340a

宸殿は、御所紫宸殿の様式を模した宮殿風寝殿造りの建物になっています。

Jne_1350a

こちらは「往生極楽院」(重文) 平安時代中期の986年恵心僧都源信(942~1017年)が父母の菩提のために、姉の安養尼とともに建立しました。建物の左を回る道に行きます。

Jne_1352a

宸殿の方を振り返って。

Jne_1355a_2

この庭にはあちこちに石仏が置かれています。

Jne_1356a

庭園の東には池があり、斜面に造られた「細波の滝」から水が流れ込みます。この池の前で道が通れなくなっていました。

Jne_1358a

往生極楽院の前から、拝観順路の最後に出る西門が見えます。

Jne_1363a

往生極楽院には阿弥陀三尊(坐像)が安置されています(公開中)。

Jne_1370a

「朱雀門」 往生極楽院の正面にある朱塗りの門で、かって極楽院が本堂だった頃の正門にあたります。呂川沿いの道に面しています。

Jne_1367a

有清園の南東の苔地に、石彫家の杉村孝氏の作品の「わらべ地蔵」が置かれています。それぞれ穏やかな顔をしていて癒されるのですが、この日は雪に埋もれて表情が分かりません。

Jne_1379a

ところで、往生極楽院を建立した恵心僧都源信は、比叡山の横川(よかわ)を拠点に浄土教を研究し、その著「往生要集」は後に比叡山で学んだ浄土宗の宗祖法然、浄土真宗の宗祖親鸞に大きな影響を与えました。(下は昨年5月の同じ場所の写真)

Jmy_5258b

一方では、鎌倉時代から室町時代にかけて、延暦寺は法然の墓や当時の大谷本願寺を破壊するなどした歴史があります。

Jne_1384a

恵心僧都源信の千年忌法要を勤める森川天台座主が、一昨日(2月14日)史上初めて西本願寺で法要を行い、両寺院から10人ずつ僧侶が出仕して、阿弥陀経や念仏を共に唱えたそうです。

Jne_1389a

明日(17日)には、知恩院において天台宗と浄土宗の僧侶による源信の千年忌法要が営なまれるそうです。

Jne_1395a

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jne_1399b

|

« 雪の大原 実光院 | トップページ | 雪の三千院 大根焚きと石仏たち »

コメント

何かが真冬と違う。
雪の質が違うんだろうか。なんだろうか。
春まで続く謎ですよね。

投稿: munixyu | 2017年2月16日 (木) 17:13

三千院も雪がいっぱいだと印象が変わりますね~
聚碧園は手水鉢の所は大丈夫だけど、他はうもれてしまっている感じ!有清園は緑の絨毯。。。のはずが真っ白!通路だけ雪が無いですが。。。ちゃんと雪をどけてくれてるんですね。そういえば、池の石に番号がふってあったのを覚えてるんですが、修復する予定だったんでしたっけ。。。埋もれてしまってわからないけど完了したのかなぁ。。。わらべ地蔵は地べたですから、すぐ雪で埋まってしまいますね~。しかしここから上は。。。もしや次回ですか!?通路がちゃんと雪かきしてくれていてもあの高低差はコワイなぁ~

投稿: ばるさろ | 2017年2月16日 (木) 23:17

★munixyuさん こんばんは♪
大原の里の雪は北国とは違うかも知れませんね。冬でもいろいろな草木が葉をつけていて、その上に雪が積もります。

投稿: りせ | 2017年2月18日 (土) 01:15

★ばるさろさん こんばんは♪
三千院の池の修復は気が付きませんでした。池に近づけなかったので工事中だったかも知れません。
この日は大根焚きの人出があったので、上の方まで歩きやすくなっていました。

投稿: りせ | 2017年2月18日 (土) 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の大原 実光院 | トップページ | 雪の三千院 大根焚きと石仏たち »