« 八坂神社 祇園信仰と初詣 | トップページ | 木屋町歴史散歩 四条から三条 »

2017年1月 7日 (土)

八坂神社から四条木屋町へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnd_2525a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の八坂神社を出て四条通を西に歩きました。「漢字ミュージアム」、 ここには日本で初めての漢字博物館・図書館があり、見て触れて遊んで漢字の魅力を発見できるjそうです。

Jnd_2485a

1月29日まで「今年の漢字展」を行っています。カフェのWARAKUもあります。

Jnd_2489a

一力茶屋

Jnd_2491a

花見小路

Jnd_2501a

四条通の商店街には祇園蛭子社の提灯が並んでいます。1月10日の本蛭子に先立ち、9日には八坂神社から四条通を蛭子船が巡行します。

Jnd_2504a

「仲源寺」 眼疾(めやみ)地蔵ともいわれ眼病にご利益があります。当初は四条橋のたもとにあり、鎌倉時代に鴨川が洪水となったとき防鴨河使となった中原氏がこの地蔵尊に祈ったところ雨が止んで洪水が治まり、朝廷からこの寺号を下賜されました。

Jnd_2512a

道の向こうに北座ビルが見えます。ここには明治25年まで南座に対面した歌舞伎小屋の北座がありました。

Jnd_2515a_2

現在は、かっての北座をイメージした井筒八ツ橋のビルが建てられています。5階には「北座ぎをん思いで博物館」があり、そこから鴨川や南座の眺めも素晴らしいそうです。

Jnd_2516a

四条通を渡ると八坂神社参道の石標があり、四条通がかって参道だったことが分かります。

Jnd_2518a

「南座」 昭和4年に建造され、京都の歴史的景観に溶けこんだ建物として国の登録有形文化財に指定されています。現在耐震補強工事のため休館中で、昨年暮れの顔見世は先斗町の歌舞練場で行われました。

Jnd_2523a

「出雲の阿国像」 出雲大社の巫女だった阿国は、北野天満宮や五条河原町でかぶき踊りを演じ、後の歌舞伎の創始者となりました。ちょっと場所が違いますが、平成6年(1994)にライオンズクラブによってこの像が建立されました。

Dsh_6956b

四条大橋から北の方

Jnd_2534a

よく見ると、三条大橋のあたりにユリカモメが飛んでいます。

Jnd_2535a

「東華菜館」 日本最古のエレベーターがあるレトロな純北京料理店です。昨年8月にボヤ騒ぎがありましたが、地下の変電室でヤモリが感電したのが原因のようです。特に建物には被害がなく翌日も営業しました。

Jnd_2539a

建物はシンプルで優しいデザインの学校や教会を造ってきた米国人建築家・ヴォーリズの設計で、レストランとしては唯一のものだそうです。

Jnd_2547a

先斗町、ここはかって鴨川の洲だったそうで、江戸時代前期に護岸工事をして民家ができ、その後花街となりました。現在では飲食店も並ぶ繁華街になっています。

Jnd_2545b

高瀬川と木屋町、後でここを歩きますので説明はそのときに。

Jnd_2549a

Jnd_2552a

木屋町通を四条から少し南に行くと、お目当ての「フランソア喫茶室」があります。クラシック音楽が流れるレトロな店内で、こだわりの珈琲と洋菓子がいただけます。

Jnd_2557a

この喫茶室ができたのは昭和9年のことでした。創業者の立野正一とその芸術家の仲間が設計し、ステンドグラス、白いドーム天井、赤いビロードの椅子、絵画や調度品で飾られたサロン風の贅沢な喫茶店でした。

Jnd_2576a

オーナーの立野は、戦時色が深まり自由な言論が困難になっていく時代に抗して、反戦や前衛的な芸術を議論する場として、このフランソアを提供しました。当時の進歩的な新聞や雑誌もこの店で詠むことができました。

Jnd_2561_52a

そんなフランソアに通った人々の中には、画家・藤田嗣治、映画人・吉村公三郎、伊藤大輔、三隅研次、新藤兼人、演劇人・宇野重吉、滝沢修、フランス文学者・桑原武夫、矢内原伊作たちがいました。

Jnd_2573b

文化庁は、京町家の骨組みを残し欧風調を取り入れたインテリアを評価し、昭和初期における革新性を持った建物であり、その様式を今日まで残しているとして、平成15年(2003)に国の登録有形文化財に指定しました。喫茶店としては初めての指定です。

Imm_6600a

毎日の励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnd_2570a

|

« 八坂神社 祇園信仰と初詣 | トップページ | 木屋町歴史散歩 四条から三条 »

コメント

漢字ミュージアムの情報ありがとうございます。
昨年の都をどりの後、何ができるんだろうね?と思ってました。

東華菜館で、帰りは担当者がいなかったので5階から階段を使いましたが、
わざわざ見学に来る人もいるような有名なエレベーターだったとは!
食事しない人は駄目ですと断っていて もったいないことをしたと思いました。

投稿: ゆっこ | 2017年1月 7日 (土) 10:54

登録有形文化財の喫茶店って、凄いですよね。
歴史って意外なところにあるから面白いよね。

投稿: munixyu | 2017年1月 7日 (土) 11:36

フランソワ喫茶室 いいですね。
この40年間で3度しか行っていませんが
ビロード張り?の赤いソファに 壁の絵画、静かに流れる
クラシック音楽、の空間は 日常からふっと離れて
優雅で贅沢な時間が過ごせますね。
店員さんの制服も レトロで素敵だったと記憶しています。

投稿: カワセミ | 2017年1月 7日 (土) 20:47

★カワセミさん こんばんは♪
懐かしくて時々訪れたくなる喫茶店ですね。文化財に指定されたので、大きく変わってしまうことはなさそうで一安心です。

投稿: りせ | 2017年1月 7日 (土) 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八坂神社 祇園信仰と初詣 | トップページ | 木屋町歴史散歩 四条から三条 »