« 雪景色 天龍寺 | トップページ | 雪景色 光明院 東福寺塔頭 »

2017年1月22日 (日)

雪景色 嵯峨野竹林から小倉池へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnd_5687a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の天龍寺を出て、嵯峨野の竹林にやってきました。長辻通の入口付近は混雑していましたが、歩くうちに次第に人がまばらになってきました。最初の角を曲がると、向こうに見えるのは野宮神社。

Jnd_5574a

竹林の中は竹が覆いかぶさっているのに、意外と雪が積もっています。

Jnd_5587a

平安遷都後、嵯峨野に野宮という社ができ、伊勢神宮の斎宮に選ばれた皇女が1年間ここに籠って精進潔斎をする習わしがあったといわれています。正面の黒木の鳥居は最古の鳥居の様式で、小柴垣と合わせて往時をしのばせています。

Jnd_5591a

祭神として天照大神を祀り、縁結び、子宝、安産のご利益があるとされています。

Jnd_5624a

授与所

Jnd_5627a

授与所の後に嵐山を表現した苔庭があり、こちらも雪で覆われています。

Jnd_5596a

電車の来る音がしたので神社の右手にある踏切に来ました。ここは山陰本線の野宮踏切で、心霊スポットともいわれています。夜中に自転車で通ると後輪が重くなって、振り返ると…、だそうです。

Jnd_5632a

踏切の手前に「小倉百人一首文芸苑(奥野々宮地区)」があり、「後撰集」に収められている7首の歌碑があります。そのうち二つだけを、文屋朝康「白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける」

Jnd_5647a

天智天皇「秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ」

Jnd_5637a

もう一度野宮神社の前に戻り、その左手にある道を歩きます。

Jnd_5653a

しばらく歩くと天龍寺の北門の前を通ります。天龍寺から北門を出て北に行くと、野宮神社を通らないことになります。

Jnd_5657a

北門を過ぎると、本格的な竹林の道になります。

Jnd_5663a

このあたりは南から北への緩い上り坂になっています。振り返って撮っています。

Jnd_5673a

向こうに竹林の道の突き当りが見えてきました。左は亀山公園、右はトロッコ嵐山駅や小倉池方面に出ます。

Jnd_5690a

突き当りから今来た道を振り返って

Jnd_5691a

亀山公園の展望台に寄ってきます。展望台へ上る途中では南側に市内が見渡せ、

Jnd_5701a

展望台からは保津峡が見えます。

Jnd_5704a

いつもは保津川下りの船、コンビニ船、星のや京都の送迎船などが見えるのですが、この日は一隻も見ませんでした。

Jnd_5706a

山の中腹にある大悲閣千光寺は、慶長19年(1614)に角倉了以が二尊院の僧、道空了椿(どうくうりょうちん)を中興開山として建立した禅寺です。

Jnd_5720b

もう一度、竹林の道の突き当りまで来て反対側の小倉池の方に向かいます。左は大河内山荘の入り口ですが、天候不順のため閉門していました。

Jnd_5726a

小倉池の前に来ました。左手にある御髪(みかみ)神社に寄ります。

Jnd_5767a

ここには、藤原鎌足の末孫、藤原采女亮政之(うねめのすけまさゆき)が祀られています。日本で唯一の髪の守護神として信仰されていますが、そのいわれについてはこちらをご覧ください。

Jnd_5741a

毘沙門天、神社でも祀っているところは多いようです。

Jnd_5748a

池の東の道を北に行きます。

Jnd_5774a

対岸は御髪神社。

Jnd_5769b

Jnd_5736a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnd_5613a

|

« 雪景色 天龍寺 | トップページ | 雪景色 光明院 東福寺塔頭 »

2017 雪景色」カテゴリの記事

コメント

真っ直ぐな竹全面に雪が積もって、
雪の棒みたいになって立っている竹林、
いや、雪林をみると積雪の凄さがよくわかります。

投稿: munixyu | 2017年1月22日 (日) 11:05

地方から上洛しようと考えている旅行客にとって
りせさんブログは ガイド&天気予報になって重宝です。
・・・でも 難儀ですよね。雪道の撮影
社会貢献?趣味で ここまでできるのは 修行に近いかも
などと考えながらポチすると納得なのですが 雪の写真は大勢見てるようです。
今年は 都をどりの前に 梅園が開催中にも行こうと予定してます。
なので そろそろ梅の記事も期待しております

投稿: ゆっこ | 2017年1月22日 (日) 12:06

munikyuさんがおっしゃるように、竹林ならぬ雪林
ですね。
天龍寺北門近くの墓地には雪の降るときには行った
事がないのですが、りせさんのお写真がきれいなので、
こりゃあ一度雪の時にお参りするのもありですね。
あたり一面雪の中の花入れに赤い椿一輪。
祖母が喜ぶかもです。

りせさん、こんな雪の日はスノーブーツ履いてお出かけ
ですか?

投稿: 8mama | 2017年1月22日 (日) 14:18

★munixyuさん こんばんは♪
確かに雪林とはぴったりの表現ですね。竹林の中はあまり積雪を期待していなかったので、嬉しい誤算でした。

投稿: りせ | 2017年1月22日 (日) 19:45

★ゆっこさん こんばんは♪
京都に何十年も住んでいても、まだ雪景色を見ていない名所はたくさんあります。雪が降ると、到着するまでに雪が残っているか、今まで雪の写真を撮っていないか、などを考えて予定を立てます。結局、いつものところになってしまうことも多いのですが。
まだ梅のたよりは聞いていませんが、心待ちにしています。

投稿: りせ | 2017年1月22日 (日) 20:23

★8mamaさん こんばんは♪
おっしゃる墓地、竹林の道から見ると、中央に13重塔がそびえて綺麗な雪景色でした。よろしかったら最後のURLをクリックして見てください。
雪の日の履物は苦労します。長時間歩きやすいのが一番で、防水や滑りにくいことも大事です。ほどんどの場合人の踏み跡を歩くのでスノーシューズを使ったことはありません。http://catdiary.littlestar.jp/blog/JND_5583a.jpg

投稿: りせ | 2017年1月22日 (日) 20:49

竹って節の所に雪がたまるんですねぇ~。おもしろい!生垣も上の所だけに雪がかたまって、綿花の畑のようで面白いです。
小倉百人一首文芸苑のあたりって ちょっとさびしげだったり竹林もまばらになってて、うっかり入ってきた。。みたいな人もいるのですが、百人一首ってことすらわかってない感じでもったいないなぁ。。と思ったりしますw亀山公園の方は、松籟庵に行くことができたらその時に。。。と思っていてまだ取っておいてある。。。って感じですw

投稿: ばるさろ | 2017年1月22日 (日) 21:55

まあ…。 
りせさん、ありがとうございます。

投稿: 8mama | 2017年1月22日 (日) 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪景色 天龍寺 | トップページ | 雪景色 光明院 東福寺塔頭 »