« 夕暮れの花見小路から四条大橋へ | トップページ | 紅葉2016 栂ノ尾から槙ノ尾へ »

2016年11月 8日 (火)

栂尾 高山寺 2016紅葉の始まり

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnb_8057a
※写真は全てクリックで拡大します。

京都の紅葉は三尾(栂尾、槙尾、高雄・高尾)から始まります、、、今日は一番北の栂尾の高山寺、鳥獣戯画のお寺として有名です。

京都市内はまだ紅葉のシーズとはいえませんが、三尾方面は比較的紅葉が進んでいそう、で昨日出かけてきました。

Jnb_7850a

「高山寺」は山号を栂尾山(とがのおさん)という、真言宗の単立寺院です。(バス停のそばに裏参道の入り口がありますが、周山街道を少し南に行った表参道に回ります。)

Jnb_7855a

高山寺の歴史は古く、奈良時代後期の774年、光仁天皇の勅願により、慶俊らを開創として創建されました。当初は、神願寺都賀尾(じんがんじとがのお)坊と称しました。(清滝川沿いは紅葉がかなり色づいていました。)

Amr_8627a

平安時代初期には天台宗の寺でしたが、その後衰退しました。平安時代後期に、度賀尾寺は文覚(もんがく)により復興され、神護寺別院となりました。

Amr_8629a

鎌倉時代初めの1206年、明恵上人が後鳥羽上皇の帰依を得て院宣を賜り、神護寺別院を贈られました。上人は華厳宗の根本道場として再興し、寺名を高山寺と改めました。

Amr_8631a

表参道の入り口、左は「栂ノ尾山 高山寺」右は「仏足石参道」とあります。

Jnb_7872a

近衛家、鷹司、西園寺家などの公家の帰依も受けて、明恵上人は堂宇を復興していきました。杉木立の中をまっすぐ行くと、金堂への石段があります。

Jnb_7906a

1219年に金堂が建立されて釈迦如来が安置されました。現在の金堂は江戸時代の1634年に仁和寺古御所の御堂を移築したもので、本尊の釈迦如来坐像(室町時代作)を安置しています。

Jnb_7945a

「春日明神社」 明恵が春日大社から勧請したといい、当時の藤原氏の家督を継いだ者は最初に参詣する習わしがあったそうです。

Jnb_7943a

このあたりにはモミジがありますが、なかなか紅葉しません。

Jnb_7950a

1216年に石水院が建立されましたが、1228年に洪水により流出して、禅堂院に移されました。金堂より一段高い場所に石水院が最初に建立された跡地があります。

Jnb_7951a

「仏足石」 明恵上人の遺跡の一つで、江戸時代の文政年間(1818-1830)に復元されたものです。

Jnb_7988a

1232年に明恵は禅堂院で亡くなり、御廟の地に葬られました。明恵上人の御廟の中には、五輪塔が立てられています。

Jnb_7975a

「日本最古之茶園」 明恵は建仁寺に栄西禅師を訪ねたとき、栄西が宋から持ち帰った茶の種3粒をもらい、境内のこの地に植え、栂尾茶として栽培したといいます。傾斜地で畑地が狭いという難点があり、後に宇治に移植されました。

Amr_8654a

この茶園は宇治の茶業協会の篤志家により管理されているそうです。、

Amr_8659a

「開山堂」 明恵が晩年を過ごし終焉の地になり、もとは禅河庵(禅堂院)といわれ、明恵没後に御影堂、その後、開山堂と呼ばれました。

Amr_8662b

室町時代の兵火で焼失し、江戸時代の享保年間(1716-1736)に再建されました。

Jnb_8001a

「聖観音像」 彫刻家の赤堀信平(1899-1992)の作品です。

Amr_8700a

参道の横の石垣の苔には長い年月を感じます。

Amr_8661a

「石水院」の山門

Jnb_8037a

撮影禁止のビラ貼ってありますが、伺うと個人の撮影はOKということ。(善哉童子像の写真は多くのブログで見かけます)

Jnb_8126a

「善哉童子像」 西村虚空作の一木造で、童子はインドの長者の子に生まれ、仏教に目覚め文殊菩薩の勧めにより、53人のさまざまな人々を訪ね教えを請いました。修行を積んで最後に普賢菩薩の所で悟りを開いたといわれています。

Jnb_8049a

扁額の「石水院」は、文儒学者の富岡鉄斎(1837-1924)の最晩年の書だそうです。

Jnb_8107a

石水院は「鳥獣人物戯画4巻(甲巻、乙巻、丙巻、丁巻)」(国宝)を所蔵していることで知られていますが、現在、乙・丙巻は京都国立博物館、甲・丁巻は東京国立博物館に寄託されていて現物はありません。

Jnb_8063a

2009年からの鳥獣人物戯画の修復作業で、紙のすき方現在の絵の順番が当初と異なっていることが分かったそうです。失われている絵もある上で再編集したと思われるので、現在の順番を治すことはしないそうです。(このあたりは紅葉が進んでいました。)

ここが紅葉のトンネルになれば・・・いつも早く来すぎて見そこなっています。

Amr_8703a

2016 京都の紅葉、明日は槙ノ尾に続きます。

Jnb_8027c

最後に、励みにしていますのでブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amr_8641a

|

« 夕暮れの花見小路から四条大橋へ | トップページ | 紅葉2016 栂ノ尾から槙ノ尾へ »

2016 紅葉1」カテゴリの記事

コメント

今年は、紅葉がなかなか進まないよね。
そろそろ一気に進んでほしいよね。

投稿: munixyu | 2016年11月 8日 (火) 10:59

秋の色になってきましたね~。写真だと穏やかな日差し。。という感じですが、結構ひんやりしてるのでは。。。こっちも寒さが急に来たので、うっかり風邪をひいてしまいました(;´д` ) トホホ
高山寺といえば、鳥獣戯画、明恵上人、お茶のキーワードだけ覚えてますが、行ったことがまだないし、詳しく調べてないので、知らないことばかり。。。石水院がいつも思い出せないし、善哉童子像があるのも知らなかった。。。明恵さんのことをようやく調べる気になって、ウィキを見てみたんですが、法然さんの批判をしてるんですねぇ。密教系の方のようなので、仏の名前を唱えるだけで救われるってのに納得が行かないってのは共感しました。まぁそうなると悪人側のオレは救われないことになってしまいますが、致し方ありませんねw

投稿: ばるさろ | 2016年11月 8日 (火) 22:40

★munixyuさん こんばんは♪
町中ではなかなか紅葉が進みません。このあたりはまだ進んでいるほうです。寒くなると一気に紅葉するのかも知れませんが、綺麗な色になればいいのにと期待しています。

投稿: りせ | 2016年11月 8日 (火) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの花見小路から四条大橋へ | トップページ | 紅葉2016 栂ノ尾から槙ノ尾へ »