« 紅葉2016 栂ノ尾から槙ノ尾へ | トップページ | 紅葉2016 神護寺・楼門へ »

2016年11月10日 (木)

紅葉2016 西明寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnb_8276a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事で指月橋まで来て、今日は西明寺を訪れます。紅葉の時期の拝観は有料となり、橋を渡ったところに受付があります。

表門(山門)まで急な石段が続きますがそれほど時間はかかりません。

Jnb_8293a

「西明寺」は、山号尾を槙尾(まきの)山、院号を平等心王院(しんのういん)という、真言宗大覚寺派の準別格本山です。(「大界外相(だいかいげそう)」とは、俗世間と聖域の境界(結界)のことです。ここから最後の登りです。)

Jnb_8296a

平安時代前期の天長年間(824-834)、空海の弟子で甥の智泉大徳(789-825)が開創した神護寺の別院が始まりといわれています。

Jnb_8299a

「表門」(京都市指定有形文化財)は、江戸時代の元禄13年(1700)に建立された一間薬医門です。

Jnb_8301a

その後荒廃しましたが、鎌倉時代中期の建治年間(1275-1278)、和泉国槙尾山寺の我宝自性上人が中興し、出家者の律院としました。律院とは戒律を厳守する寺、修行道場のことだそうです。(「本堂」も表門と同年に建立され、京都市指定有形文化財。)

Jnb_8304a

本尊の釈迦如来像(重文)は、鎌倉時代の仏師・運慶が清凉寺の釈迦如来像を模して作ったといわれています。脇侍に十一面千手観世音菩薩像(重文)、脇陣に愛染明王像が祀られています。

Jnb_8310a

1288年には後宇多天皇から平等心王院の院号を賜り、1290年に神護寺から独立しました。

Jnb_8372a

室町時代の永禄年間(1558-1570)、兵火により焼失し、その後再び神護寺に合併されました。(本堂の裏の谷には修行の滝があります。)

Jnb_8368a

安土・桃山時代の1602年、明忍律師(1576-1610)により再興され、真言律宗の本寺(本山)となりました。(本堂から客殿への渡り廊下から。)

Jnb_8318a

江戸時代の1700年、第5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院(1627-1705)の帰依により再建されたといわれますが、後水尾天皇中宮・東福門院(1607-1678)の寄進という説もあります。(渡り廊下の反対側には小さな池があります。)

Jnb_8317b

「客殿」では山本道彦氏の写真展をしていました。

Jnb_8320a

客殿は本堂より古く、江戸時代前期に移築されました。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用されたそうです。

Jnb_8326a

明治初年(1868)の神仏分離令後の廃仏毀釈により、明忍の開創した戒律道場は廃止されました。

Jnb_8330a

客殿ではお茶とお菓子を頂けるようです。「八重」は焼菓子で、上品な甘みのこしあんを、もちもちした食感の生地で包んで、焼き上げたそうです。

Jnb_8346b

大正期に西明寺が属していた古義真言宗(従来の真言宗)は、戦時中に政府の宗教政策により新義真言宗(興教大師らが高野山で開いた真言宗の宗派)と合同して大真言宗となりました。境内に降ります。

Jnb_8380a

「聖天(しょうでん)堂」 祀られている大聖歓喜天は、仏法を守護し、 仏道を行ずる人々を守護する神様で、夫婦和合の神でもあります。

Jnb_8307a

中央の背が高い木は槇(高野槇)で、樹齢700年の日本最古とされます。鎌倉時代の中興の祖・自性上人の手植えともいわれています。

Jnb_8389a

自性上人の歌碑、「白露のおのが姿をそのままに紅葉におけば紅の玉」

Jnb_8386a

戦後の1949年に大真言宗が解消され真言宗大覚寺派が独立したのにともない、西明寺は準別格本山として真言宗大覚寺派に属するようになりました。(鐘は一撞き100円だそうで、澄んだ音が谷に響き渡っていました。右の道を奥に行きます。)

Jnb_8385a

寺務所、さらに奥には神護寺方面からの入り口があります。

Jnb_8397a

客殿と社務所の間に庭園があり、「阿育王石柱」が建っています。石像彫刻家で特に狛犬(獅子像)彫刻を芸術にまで高めた名工と言われる小松寅吉の作品だそうです。

Jnb_8418a

小松寅吉最後の作品とされるこの像の行方が、小松家の方や研究者、愛好家の方たちに分からないままだったそうです。私のブログの写真からこの像が見つかり、お役に立って喜んだことがありました。表門の方に戻ります。

Jnb_8428a

面白い配置の石灯籠。この後、清滝川に沿って神護寺に向かいます。

Jnb_8434a

Jnb_8443b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnb_8336b

|

« 紅葉2016 栂ノ尾から槙ノ尾へ | トップページ | 紅葉2016 神護寺・楼門へ »

2016 紅葉1」カテゴリの記事

コメント

今ちょうど薄紅葉と紅葉の境目かな。
少しづつの変化が、楽しいよね。

投稿: munixyu | 2016年11月10日 (木) 14:31

つづら折りの階段はちょっときつそうですが、境内に入ると、すっきり、広々って感じで、山の奥にある感じがあまりしない所が面白いですねぇ。この時期、落ち葉が沢山で大変そうですが、道がキレイに掃除されているのがステキだなぁ~
お茶菓子も、上品な雰囲気で美味しそう。。。
小松寅吉さんの作品の話、すごいですね!りせさんが発掘したと言ってもいいかも~~。
そこまでは行かなくても、オレもなるべく気になったものは撮っておこう!と思いました~

投稿: ばるさろ | 2016年11月10日 (木) 21:21

★munixyuさん こんばんは♪
毎日テレビで京都の紅葉情報を見ていますが、今日はどこも色づき始めとなっていました。ここ2,3日寒い日が続きましたので、一気に紅葉が進むかも知れません。

投稿: りせ | 2016年11月10日 (木) 23:56

★ばるさろさん こんばんは♪
この馬の像はどう見ても西洋的な感じがしたので、私にとっても謎でした。名前も由来も分からないものを、ブログに載せるのは躊躇しますが、謎が解けることもあるのですね。

投稿: りせ | 2016年11月11日 (金) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉2016 栂ノ尾から槙ノ尾へ | トップページ | 紅葉2016 神護寺・楼門へ »