« 永観堂 紅葉の諸堂を巡る | トップページ | 南禅寺 三門からの眺望 »

2016年11月17日 (木)

永観堂 紅葉の境内

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnc_1079b
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の永観堂のお堂を出て境内を巡ります。

下は釈迦堂南庭にある勅使門、このあたりの塀には格式が最上位であることを示す5本の筋が入っています。

Jnc_0813a

最初に本堂まで続く南北の通りを歩きます。右手は一段低くなっていて、放生池を中心とした庭園になっています。

Jnc_0817a

すぐに、左手に多宝塔への道があります。

Jnc_0826a

昨日の回廊の下をくぐり、山の斜面の急な石段を上ります。

Jnc_0908a

石段の途中で開山堂の横を通ります。ここはちょっとした見晴らし台になっていますが、休まずにさらに上ります。

Jnc_0900a

多宝塔の前まで来ました。多宝塔(祖廟)は、昭和初期(1928年)に建立された上部が円形の二重塔です。近すぎて写真が撮れないので、下から見たTOPの写真を見てください。ここから西の眺望が開け、市内中央部から西山まで見渡せます。

Jnc_0871a

北の方には吉田山があり、金戒光明寺の文殊塔(三重塔)が見えます。

Jnc_0856a

西の方には、このあたりでは一番高い「京都ホテルオークラ」、その手前に京都市美術館があります。平安神宮の大鳥居もちょっとだけ見えます。

Jnc_0872a

南の方には蹴上の「ウェスティン都ホテル京都」。

Jnc_0885a

正面の手前は放生池の周囲の庭園。

Jnc_0860a

もう一度南北の道に戻り、御影堂の前を通ります。

Jnc_0921a

さらに先に行くと、阿弥陀堂(本堂)への石段があります。

Jnc_0949a

お堂の中の拝観順路では、ここから境内に出るようになっています。

Jnc_0953a

この道の一番端(東)には滝があり、その前に「獅子門歴代句碑」があります。獅子門とは各務支考(かがみしこう)が率いた俳諧の一派・美濃派のことです。芭蕉の弟子であった彼は、芭蕉の没後その俳諧を広めることに努め、各地に多くの門人を輩出しました。

Jnc_0978a

南北の道の突き当りには「永観堂幼稚園」があります。

Jnc_1005a

ここから南北の道を引き返し、御影堂の前から放生池にかかる極楽橋を渡ります。このあたりが一番混雑していました。

Jnc_1014a

橋の上から放生池の北、中の島があります。

Jnc_1031a

極楽橋を渡って振り返ると、多宝塔が見えます。橋の向こうは御影堂の屋根です。

Jnc_1044a

Jnc_1055a

「画仙堂」 日本画家・鈴木松僊の発願により1914年に建立され、松僊の「天龍」や長谷川等伯の「波濤図」(重文)などが納められました、後に波濤図は京都国立博物館に寄託されたそうです。 多宝塔から見えた四角い屋根はこの建物でした。

Jnc_1096a

放生池の西には茶店の席がでていたので、ちょっと一休みしました。

Jnc_1093a

池の中央の弁天島に「錦雲橋」がかかっています。「弁天社」は江戸時代の歌人・尼僧の大田垣蓮月(1791-1875)の寄進で1866年に建立されました。


Jnc_1065a

お茶席の北に池から流れ出る小川の橋があって、ここから池の向こうに多宝塔が見えます。

Jnc_1080a

1900年11月に与謝野晶子、鉄幹、その弟子の山川登美子の三人が永観堂を訪れました。そのときの与謝野晶子の歌碑 「秋を三人椎の実投げし鯉やいづこ池の朝かぜ手と手つめたき」

Jnc_1117a

Jnc_1083a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnc_1070a

|

« 永観堂 紅葉の諸堂を巡る | トップページ | 南禅寺 三門からの眺望 »

2016 紅葉1」カテゴリの記事

コメント

最後の団子がまたいいよね。
紅葉と団子、秋の最高の取り合わせだね。

投稿: munixyu | 2016年11月17日 (木) 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永観堂 紅葉の諸堂を巡る | トップページ | 南禅寺 三門からの眺望 »