« 紅葉2016 神護寺の諸堂を訪ねて | トップページ | 秋の琵琶湖疏水を遡る 南禅寺船溜へ »

2016年11月13日 (日)

秋の琵琶湖疏水を遡る 鴨川合流点から冷泉橋まで

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnc_0057a
※写真は全てクリックで拡大します。

久しぶりに晴れ渡った昨日、秋らしい風景を求めて琵琶湖疏水沿いを歩きました。今年の桜の頃に疏水を遡りましたが、その桜が紅葉して見頃になっていました。

下は琵琶湖疏水と鴨川の合流点で、「冷泉放水口」は疏水の増水時だけ使用されます。

Jnb_9990a

疏水の水は通常ここで向きを変え、鴨川に沿って南に流れていきます(鴨川運河)。

Jnc_0008a

川端通が通る田辺橋の上から。左は白川放水路で、白川が増水時に、この水路を通って鴨川に放水されます。

Jnc_0024a

疏水沿いの小道に入ると、すぐにお地蔵さんがあります。

Jnc_0028a

「秋月橋」の上から下流の田辺橋の方向。

Jnc_0047a

上流には「夷川発電所」の放水口が見えます。右は発電しないときのバイパス用だそうです。落差は3.4m、最大出力は300kWだそうで、現在でも少ないながら安定した電力を供給しています。

Jnc_0041a

放水口の左には閘門(こうもん)という、水位が違う場所で船を上下させる装置があります。かって琵琶湖疏水が水運に使われたときの名残です。

Jnc_0063b

明治24年(1891)に蹴上発電所が送電を開始しましたが、やがて電力需要が増加したため、明治41年(1908)から:第二疏水建設jが始まり、夷川発電所と伏見発電所(墨染発電所)が大正3年(1914)に完成しました。

Jnc_0066a

かっての三条大橋の橋げたが置かれています。

Jnc_0071a

「夷川船溜」 疏水が「鴨東運河」とよばれ水運に利用されたときの船着き場です。左は琵琶湖疏水開発に尽力した京都府知事・北垣国道の像です。

Jnc_0078a

その後、スイミングクラブであす「京都踏水会」の水泳場として使用され、現在では遊覧船「十石船」の折り返し地点となっています。

Jnc_0086a

ここは鴨たちのたまり場にもなっています。

Jnc_0096a

平安時代後期の1095年頃、白河上皇はこの付近に白河南殿を造営して、院御所として幼帝を補佐し、院政の舞台となりました。現在遺構は残っていないそうです。

Jnc_0117a

この東にある「熊野橋」は来年3月まで補修工事中です。

Jnc_0126a

東大路通の橋の上から東

Jnc_0131a

平安時代末期の1133年に平清盛の父・忠盛が鳥羽天皇のために寄進したのが得長寿院です。忠盛は得長寿院に三十三間堂を建て千一躰仏を奉納したそうです。このことで但馬国の国守に任じられ、殿上人となり昇殿を許されました。

Jnc_0140a

このあたりの桜は落葉しかかっています。

Jnc_0146a

Jnc_0148b

琵琶湖疏水はここで向きを変えます。

Jnc_0163a

武道センターの前から今まで歩いてきた方向、向こうに愛宕山が見えます。

Jnc_0172a

冷泉通は疏水の南に沿って川端通からここまで来て、ここから東の若王子町まで延びます。この先に平安神宮の応天門があります。

Jnc_0177a

鴨川の西に家具屋さんが多い夷川通がありますが、飽和10年までは橋がありこちらまで通りが伸びていたそうです。その通りは平安京の「冷泉小路」にあたります。(「冷泉橋」の上から南の方。)

Jnc_0181a

その後、鴨川東の夷川通はなくなりましたが、地名だけが残されています。最初に見た夷川発電所や夷川船溜の名前もかっての夷川通の名残だそうです。また、この冷泉通は明治になtって古い名を復活させた通りです。

Jnc_0186a

Jnc_0160a

ブログランキングに参加しています。応援のクリック↓をして下さると励みになりますのでよろしく。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnc_0102a

|

« 紅葉2016 神護寺の諸堂を訪ねて | トップページ | 秋の琵琶湖疏水を遡る 南禅寺船溜へ »

2016 紅葉1」カテゴリの記事

コメント

水の澄み方が凄いね。
冷たいというか凍てつく感じ。
秋から冬への移り変わりだね。

投稿: munixyu | 2016年11月13日 (日) 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉2016 神護寺の諸堂を訪ねて | トップページ | 秋の琵琶湖疏水を遡る 南禅寺船溜へ »