« 桜の松ヶ崎疏水を溯る2016 | トップページ | 嵐山 渡月橋と中之島 2016春 »

2016年4月16日 (土)

嵐山 法輪寺 2016春

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmy_0775a
※写真は全てクリックで拡大します。

桜がまだ見頃の頃、嵐山に行ってきました(4月6日)。平日にも関わらず渡月橋は人であふれていました。

Jmy_0685a

橋の向こうに法輪寺の桜が見えます。

Jmy_0688a

「法輪寺」 奈良時代の和銅6年(713)行基が開創して、木上山葛井寺(かずのいでら)と呼ばれました。以後、歴代天皇の勅願所として国家安泰、五穀豊穣、産業興隆などの信仰を集めました。(山門)

Jmy_0730a

平安時代の天長6年(829)、空海の弟子・道昌が寺を再興、虚空蔵菩薩像を安置して法輪寺と称しました。

Jmy_0737a

本尊の虚空蔵菩薩(嵯峨虚空蔵)は、丑年と寅年の守り本尊だけでなく、記憶を増し智慧を授けるとの信仰があります。産業振興、技芸上達、学問向上、開運・招福などのご利益もあるとされます。

Jmy_0745a

また、数え年13の男女が智恵と福徳を授かるために参詣する「十三まいり」の寺としても知られています。

Jmy_0746a

「多宝塔」 1942年に再建された方形と円形の二重塔です。

Jmy_0744a

見晴台となっている舞台に行きます。先日の雪の日は立ち入りできませんでしたが、いつもは入ることができます。

Jmy_0757a

西の方向には市内の全域が見渡せ、背後に東山から比叡山、比良山まで見えます。

Jmy_0802a

市内の南部、京都タワーが見えます。

Jmy_0764a

市内の中央部、向こうは大文字山。送り火の夜はこの舞台が開放されるそうです。

Jmy_0763a

市内の北部、向こうは双ヶ岡と比叡山。

Jmy_0762a

山際に仁和寺の五重塔、向こうの山は比良山系の南部です。

Jmy_0794a

北の方に五山送り火の鳥居形が見えます。

Jmy_0779a

下には渡月橋が見えます。

Jmy_0772a

法輪寺には、針供養塔、人形塚、うるしの碑、電気・電波守護の電電宮社、記念碑や歌碑などいろいろな見どころがありますが、今日は次の目的地に急ぎます。、

Jmy_0812a

石段の上にある羊舎、羊は虚空蔵菩薩の使いだそうです。

Jmy_0816a

Jmy_0837a

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmy_0842a

|

« 桜の松ヶ崎疏水を溯る2016 | トップページ | 嵐山 渡月橋と中之島 2016春 »

2016 桜 3」カテゴリの記事

コメント

地震。桜の頃って多いよね。
桜は美しいのに、春なのに。
悲しいよね。

投稿: munixyu | 2016年4月16日 (土) 14:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の松ヶ崎疏水を溯る2016 | トップページ | 嵐山 渡月橋と中之島 2016春 »