« 本能寺 受難と再建の歴史  | トップページ | 矢田寺 地蔵菩薩と送り鐘 »

2016年2月16日 (火)

天性寺 中将姫ゆかりの寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmw_7829a
※写真は全てクリックで拡大します。

寺町商店街の本能寺の南に天性寺があります。お店の間にぽっかりとスペースが空いて参道が東に延びています。

「天性寺」は、山号を曼茶羅山、院号を當麻院という浄土宗総本山知恩院の末寺です。

Jmw_7831a

天性寺は、安土・桃山時代の天正5年(1577)大和当麻寺の眼誉道三により、「中将姫(ちゅうじょうひめ)」の遺徳をしのんで創建されました。(境内が東に低くなっているのはかって鴨川の河原だった名残だそうです。)

Jmw_7992a

この寺の由緒は中将姫の物語にかかわっています。中将姫(747-775)は、奈良の当麻寺に伝わる当麻曼荼羅(国宝)を織ったとされる伝説上の人物で、その物語は平安時代中頃から世間に広まり、様々な戯曲の題材となりました。

Jmw_7988a

藤原鎌足の曾孫の右大臣藤原豊成とその妻の間には長い間子どもができず、桜井の長谷寺の観音に祈願して中将姫を授かりました。しかし、母親は娘が5歳の時に亡くなり、7歳の時に豊成は橘諸房の娘である照夜の前を後妻に迎えます。

Jmw_7847a

中将姫は美貌と才能に恵まれ、9歳の時には孝謙天皇に召し出されて百官の前で琴を演奏して賞賛されます。13歳の時には三位中将の位を持つ内侍となりました。しかし、継母に憎まれるようになり、盗みの疑いをかけられて折檻などの虐待を受けました。

Jmw_7858a

14歳の時、豊成が諸国巡視の旅に出かけると、照夜の前は家臣に中将姫の殺害を命じました。しかし、亡き実母への供養をして極楽浄土へ召されることを祈り読経を続ける中将姫を殺すことができず、雲雀山の青蓮寺 (宇陀市)にかくまいました。(本堂)

Jmw_7871a

翌年豊成が見つけて連れ戻し、中将姫は1000巻の写経を成しとげたそうです。(本尊として阿弥陀如来を祀っています。)

Jmw_7873a

16歳の時、淳仁天皇より後宮へ入るように望まれるが断り、その後二上山の山麓にある当麻寺に入り尼となり、法如という戒名を授かりました。

Jmw_7877a

26歳のとき、長谷観音のお告げで当麻曼荼羅を織り上げました。仏行に励んだ徳によって仏の助力を得て一夜で蓮糸の当麻曼荼羅(観無量寿経の曼荼羅)を織ったとされます。(弁財天社)

Jmw_7879a

29歳で亡くなりますが、このときは阿弥陀如来を始めとする二十五菩薩が来迎して生きたまま西方極楽浄土に向かったといわれています。

Jmw_7882a

以上は伝説として伝わっている話ですが、藤原豊成は実在の人物で、その娘や実母、継母の存在については様々な説があるそうです。各地に中将姫についての具体的な言い伝えが残っているので、モデルとなる女性が実在したのかも知れません。

Jmw_7890a

開祖・眼誉は、模した当麻曼荼羅を用いて浄土の世界を示し釈迦の教えを説いたといいます。天性寺は、当初当麻町(上京区曼茶羅町)にあったとされます。(境内の東北には墓地があります。)

Jmw_7901a

安土桃山時代の1587年に豊臣秀吉により現在地に移転させられました。また、江戸時代になって天明の大火(1788年)で焼失しましたが、文化年間(1804-1818)に再建されました。(延命地蔵大菩薩を祀っています。)

Jmw_7905a

明治13年(1880)に現在の本堂、昭和31年(1956)に山門が再建されました。

Jmw_7908a

歴代住持の墓

Jmw_7978a

江戸時代に真鍮の製造法を発明して真鍮祖神といわれた「藤左衛門」の墓があります。 その他、江戸時代の画家・原在中一族の墓や四条派画家・横山清暉の墓などもあります。

Jmw_7945a

「碁盤目に 世界の京として 灯里」紅寿 

Jmw_7851a

賑やかな寺町商店街にあるとは思えないほど静かな世界でした。

Jmw_7853a

Jmw_7995a

今日もご覧いただき、ありがとうございます。励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmw_7869a

|

« 本能寺 受難と再建の歴史  | トップページ | 矢田寺 地蔵菩薩と送り鐘 »

コメント

昔話は、たまに複雑で、うーんって思うやつがあるよね。
後妻。女関係とかは結構、理不尽なことがあるよね。

投稿: munixyu | 2016年2月16日 (火) 15:44

当麻曼荼羅は曼荼羅の展覧会で見たはずなんですが、他のものも併せて見れば見るほどどれがどれだかわからなくなってしまってw織物の曼荼羅ってのもすごいですね。一夜ってのはまぁ伝説っぽいですが、中将姫の物語は史実も結構反映されてるのかも。。
原在中といえば、今回の京の冬の旅でもいくつか襖絵がありましたね~どこだったかなぁ。。。早く自分のブログも書かないと。。。

投稿: ばるさろ | 2016年2月16日 (火) 23:12

★ばるさろさん こんばんは♪
曼荼羅を織る場面は、いろいろなストーリーがあるそうです。その中で、謎の尼僧が現れて曼荼羅を織っていくうちに、あの世の世界に懐かしい母の姿があらわれた、というのは泣けてしまいます。
原在中一族の墓があると書いたのですが、実際には見つかりませんでした。原在中の襖絵は、今回の特別公開で、建仁寺開山堂、相国寺方丈、相国寺塔頭・真如寺などで見られます。

投稿: りせ | 2016年2月18日 (木) 21:25

なかなかに、山の奥こそ住みよけれ、草木は人の性を言わねば
中将姫がよんだと言うわれています。
私の好きな歌です。

投稿: あこシャン | 2020年5月31日 (日) 19:50

★あこシャン こんばんは♪
お返事が遅れてすみませんでした。コメントありがとうございます。歌は、青蓮寺にかくまわれているときに詠んだものですね。その時の心情がよくわかります。

投稿: りせ | 2020年6月 7日 (日) 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本能寺 受難と再建の歴史  | トップページ | 矢田寺 地蔵菩薩と送り鐘 »