☆★ 2015 桜 2

2015年4月13日 (月)

春爛漫 大覚寺・大沢池 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_2580a
※写真は全てクリックで拡大します。

大覚寺の大沢の池を囲む桜がとても綺麗でした。その前に大覚寺の中に入ります。

大覚寺 (旧嵯峨御所 大覚寺門跡)
真言宗大覚寺派の本山。876年(貞観18)、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改め、歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院で、嵯峨御所として知られます。

境内の東側に広がる大沢の池(名勝地)は、平安時代、唐の洞庭湖を模して造られた日本最古の林泉式庭園です。

Amp_2623a

大沢の池の桜を見に来たので、ここで桜を見れることを予想していませんでした。

Amp_2654a

勅使門の前の紅枝垂れが満開を迎えていました。

Amp_2643a

お椀を伏せたようなとても良い形です。

Amp_2658c

大覚寺と大沢池の過去記事は下を見て下さい。寺院の説明もそちらで宜しく。

大覚寺 大沢の池     /★旧

観月の夕べ 嵐山・花灯路 ライトアップ 嵯峨菊 大覚寺 大沢池 宵弘法 嵯峨の送り火 秋、冬 cherryblossommaplesnowmoon1

Amp_2640b

Amp_2642a

観月台から大沢の池を見下ろして・・池を囲む桜が満開です。では、大沢の池へ

Amp_2647a

大沢の池
日本三大名月観賞地であることから観月の名所として知られています。中秋の頃には観月の夕べが開催され、また華道のいけばな嵯峨御流の礎となった菊ヶ島があり、大覚寺はいけばな嵯峨御流の総司所としても知られています。

Amp_2459a

池畔には桜や楓が約650本、池内には約3000株もの蓮が自生しており、平安時代から変わらない風光明媚な風景を今に楽しむことができます。

Amp_2469a

大沢の池には何度も来ていますが、桜を見に来たのは初めてでした。

Amp_2466a

こんなにも見事な桜並木だったとは・・・

Amp_2473a

Amp_2511a

じっと水面を見つめる白鷺さん

Amp_2516a

のどかな桜の風景です。

Amp_2564a

Amp_2591a

赤い心経宝塔

Amp_2579a

Amp_2582a

Amp_2605a

観月台のある五大堂が見えています。

Amp_2555a

ちょうど反対側に来ました。

Amp_2610a

大沢の池の桜に嬉しくなって、今日は写真が多いです。

Amp_2598a

この春、満開の京都の桜を楽しめなかった方に・・・ブログでは京都の桜がまだまだ続きますよ。楽しんでくださいね。

Amp_2562a

※今日もご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングの応援のクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amp_2601a

| | コメント (2)

2015年4月10日 (金)

下鴨神社 桜満開の楼門と輪橋

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_1171a
※写真は全てクリックで拡大します。

「春に三日の晴れ無し」とか。
今年は桜が開花してから雨の日が多かったですね。その合間をぬって桜めぐりしました。今日は下鴨神社です。この日は朝早くからアチコチ廻って来ました。

Amp_1257a

下鴨神社の赤い楼門に山桜が似合います。

Amp_1163a

下鴨神社は桜の木は少ないですが、この楼門の桜は良いですねえ。

Amp_1241a

花の密集したソメイヨシノより、葉と花が同時に出る山桜の方が趣が出るのかも。爽やかな感じがします。

Amp_1243a

鮮やかな朱色に、満開の山桜

Amp_1172a

透けて可憐な感じです。

Amp_1248a

*************************************************

ところで、8日のBS-TBSの番組「高島礼子・日本の古都」の『醍醐の花見』使われた写真2枚のうち1枚が下の写真です。
醍醐寺の楼門にかかる枝垂桜・・・やはり赤い楼門に似合いますね。

Amg_3866c

**************************************************

また下鴨神社に戻って・・・

Amp_1213a

境内から楼門前の桜です。

Amp_1232a

このヤタガラスは3月23日の昼に近所を廻ったそうですが、式年遷宮の4月27日は中に明かりが入って夜に近所を廻るそうです。

Amp_1185a

橋殿から、輪橋の桜が見えます。

Amp_1182a

輪橋、鳥居と桜

Amp_1208a

下鴨神社には記事のネタが無くなると行っている感じ。。。なので記事数がこのブログではトップです。下にリンクしますのでお暇な時にでも見て下さい。

Amp_1187a

○1つに10記事入っていますから100記事は越えています。

 ★下鴨神社の四季      

境内 葵祭 流鏑馬 雛祭 斎王代禊の儀 御手洗祭(みたらし祭)

 ★糺の森 河合神社 (流鏑馬も)     

糺の森 河合神社 鏡絵馬 鴨長明・方丈 夜景 妙音弁財天 夜

  ★旧←七不思議 葵祭、流鏑馬 赤の宮神社(賀茂波爾神社)

Amp_1188a

Amp_1194a

Amp_1189a

御手洗池からのこの景色、定番になっていますが、四季折々に美しい姿を見せてくれます。

Amp_1195a

楼門、輪橋、、、そして桜。

Amp_1199a

こちらは西参道の鳥居の横、大炊殿の桜。横に御所車が置かれています。

Amp_1221a

※今日もご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングの応援のクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amp_1178a

| | コメント (2)

2015年4月 9日 (木)

渡月橋 2015春

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_5557b
※写真は全てクリックで拡大します。

お知らせしました、昨日(4月8日)のBS-TBSの番組「高島礼子・日本の古都」の醍醐の花見を見て頂きましたでしょうか・・・野球延長で放送開始が遅れましたが、番組が始まって直ぐに当ブログの写真が2枚使われました。右下に「京都を歩くアルバム」と長~く写っていました・・・感激でした。ヽ(´▽`)/

一昨日の記事では嵐電で嵐山に来たのですが、今日は渡月橋あたりの春景色です。

Jmr_5550a

もう少し下流から見ると

Jmr_5556a

対岸は嵐山公園の中之島地区ですが、桜が満開ですごい人出です。

Jmr_5560a

綺麗な紅枝垂もありますね。

Jmr_5564a

かなり大きなパノラマ写真を作ってみました。よろしかったらクリックして見てください。

Jmr_5570_78b

後ろを振り返ると、小さな神社がありました。「大井神社」です。秦氏とゆかりの深い神社で、大堰川の守り神あるいは商売繁盛の神として住民に信仰されてきたそうです。

Jmr_3184a

創建年代は不明ですが、「延喜式神名帳」(927年)に記載があり(式内社)、明治時代に村社となりました。社殿は野宮神社の旧社殿を移築したものだそうです。

Jmr_3187a

2組のカップルが仲良く食事中

Jmr_2583a

法輪寺の桜も満開のようです。

Jmr_5548a

渡月橋の上から 保津川下りの船着き場あたり

Jmr_5584a


Jmr_5589a

ボートが一面に広がっています。

Jmr_5688a

岩田山 嵐山モンキーパークがあります。

Jmr_5691a


Jmr_5585a

中之島にある「渡月亭」の前 

Jmr_5592a

渡月小橋の上から下流(南)を見ると、保津川下りの船を引き揚げていました。ここからトラックに乗せて亀岡まで運びます。

Jmr_5595a

こちらは小橋の上から上流 手前は「星のや京都」の上り桟橋

Jmr_5681a

ここから法輪寺に向かったのですが、明日の記事をどこにするかはまだ決めていません。

Jmr_5682a

ブログランキングに参加しています。励ましのクリック↓をしてくださると嬉しいです(いつも応援してくださる方、ありがとうございます)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_5684b

| | コメント (5)

2015年4月 8日 (水)

醍醐寺三宝院 大紅しだれとクローン桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_4723a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事では嵐電で嵐山まで来たのですが、今日は山科の醍醐寺三宝院の桜です。その理由は昨日のお知らせをご覧ください。醍醐寺の近くに行くと大変な人出で、ビックリしました(4月2日)。総門

Jmr_4516a

醍醐寺塔頭の三宝院は、永久3年(1115)醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在で、歴代座主が居住する坊です。現在の三宝院は、その建造物の大半が国宝や重要文化財に指定されています。

Jmr_4535a

今回は桜が目当てなので、秀吉が「醍醐の花見」のために自ら基本設計をした庭には行っていません(いずれにしても撮影禁止ですが)。表から見た唐門(国宝)、門跡寺院の勅使門でもあります。

Jmr_4807a

門を入ると、大きな枝垂桜が目に付きます。

Jmr_4782a

「大紅しだれ」ですが、この日はかなり白っぽく見えました。

Jmr_4717a_2

豊臣秀吉が「醍醐の花見」をした桜の子孫と言われており、推定樹齢は150年とのことです。

Jmr_4719b

日本画家・奥村土牛の「醍醐」という絵に由来して、「土牛の桜」と呼ばれています。

Jmr_4730a

Jmr_4737a

Jmr_4743a

三宝院境内の西にある「憲深林苑(けんじんりんえん)」 お茶席が出ていました。

Jmr_4748a

醍醐寺の桜は、春の彼岸の憲深林苑の河津桜で始まり、しだれ、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラが続き、三宝院の大紅しだれと金堂わきの大山桜で終わるといわれています。

Jmr_4771a

この日の憲深林苑は、枝垂桜が満開でした。

Jmr_4762a

もう一度、土牛の桜のところに戻ると、風で花びらが舞い散っていました。

Jmr_4787a

Jmr_4788a

門の脇にある桜は、2004年に住友林業・住友林業緑化が「土牛の桜」をバイオ技術で増殖して移植したものです。その後の遺伝子鑑定の結果、クローン桜であることが判明し、さらに花の色や形も「土牛の桜」と同じであることが分かったそうです。

Jmr_4781a

枝垂桜は比較的長寿ですが、樹齢が高くなると挿し木や接ぎ木という従来の方法では増殖が難しいのだそうです。今後は、開発した技術により、各地に残る貴重な名木や絶滅の危機に瀕している植物の保存に役立てる計画とか。

Jmr_4792a

先日記事にした北野天満宮の「飛梅伝説」のクローン苗木も、この技術を応用したものです。このクローン桜も、将来「土牛の桜」のような名木になるかも知れません。

Jmr_4795a

今日もご覧いただき、ありがとうございます。励みになりますので、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(できれば毎日heart)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_4742b

| | コメント (2)

2015年4月 7日 (火)

桜の中、嵐電で嵐山に行く

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_5480a
※写真は全てクリックで拡大します。

先週の土曜日(4月4日)は、天気予報では雨でしたが朝から青空が広がっていました。そこで、とりあえず嵐山に出かけることにしました。北野白梅町から嵐電に乗ると、土曜日とは思えないほどすいていたので、写真を撮りながら嵐山に向かいました。

Jmr_5417a

この区間(京福電気鉄道北野線)は、沿線に名刹が多く駅名にもなっています。 3.8 kmの距離を約15分で走ります。北野白梅町から次の等持院駅までの間に桜が咲いていました。

Jmr_5423a

なお、路面電車のように道路上に敷かれたレールを併設軌道、専用の場所に敷かれたものを専用軌道(新設軌道)というそうです。北野線はすべて専用軌道です。竜安寺駅

Jmr_5434a

妙心寺駅

Jmr_5444a

御室仁和寺駅

Jmr_5453a

宇多野駅

Jmr_5464a

この区間が桜並木になっています。

Jmr_5473a

桜のシーズン中、夜はライトアップされます。

Jmr_5477a


Jmr_5478a

線路沿いに「撮り鉄」

Jmr_5482a

鳴滝駅

Jmr_5489a

常盤駅

Jmr_5491a

枝垂桜もあります。

Jmr_5494a

帷子ノ辻駅 北野線の終点で、ここで四条大宮発の嵐山本線に乗り換えます。嵐山本線は約7.2kmの距離ですが、この駅から嵐山までは6,7分で行きます。

Jmr_5502a

嵐山本線は、西大路三条駅 - 山ノ内駅間と蚕ノ社駅・太秦広隆寺駅付近が併用軌道となっています。市電がなくなってからは、京都では珍しい光景が見られます。有栖川駅

Jmr_5510a

車折神社駅

Jmr_5517a

鹿王院駅 山が近くなってきました。

Jmr_5519a

嵐電嵯峨駅

Jmr_5525a

嵐山駅 終点です。

Jmr_5536a

渡月橋に来ると、やはり人がいっぱいでした。ここから、何カ所かの桜を見に行きましたので、後日ご紹介します。

Jmr_5543a

※お知らせ
明日4月8日(水)、夜9時から・・・BS-TBSの番組「高島礼子・日本の古都」の醍醐の花見で、当ブログの写真が数枚使われます。

Jmr_5562a

最後に、励みになりますので、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_5555a

| | コメント (1)

2015年4月 6日 (月)

勧修寺 桜咲く庭園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_5235a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の雨で散ってしまった桜も多いと思いますが、このブログではしばらくの間、見頃の桜をお楽しみください。今日は山科の勧修寺(かじゅうじ)です(4月2日撮影)。山門までの白い築地塀には桜の木が並び、白とピンクの花が咲いていました。

Jmr_5043a

勧修寺
真言宗山階派大本で、醍醐天皇の勅願寺。昌泰3年(900)天皇の生母藤原胤子追善のために創建、山号を亀甲山と称します。開山(初代住職)は承俊律師で、皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院でした。

Jmr_5032a

文明2年(1470)に兵火で焼失しましたが、徳川氏と皇室の援助で復興します。代々法親王が入寺し、門跡寺院として格式を誇りました。山門

Jmr_5045a

内側から見た中門 最初に境内の東に並ぶ諸堂の間を通ります。

Jmr_5299a

宸殿(京都市文化財) 元禄10年(1697)に明正天皇の旧殿を下賜されたもの。

Jmr_5070a

宸殿の横を通って書院の前庭に出ます。向こうは庭園、左手前に徳川光圀(1628-1700)により寄進されたという雪見燈籠の傘石が見えます。

Jmr_5076a

五大堂

Jmr_5092a

本堂 寛文12年(1672)に霊元天皇の仮内侍所を下賜されたもので、元は近衛家の建物だったとか。本尊の千手観音立像は、醍醐天皇の等身像と伝えられますが、現存の像は室町時代頃の作。ここには桜はありませんが、紅葉が美しいところです。

Jmr_5099a

南の方に歩いて行くと

Jmr_5101a

観音堂があります。昭和初期の建立だそうですが、楼閣風の美しい建物です。

Jmr_5102a


Jmr_5290a

やさしいお顔の観音菩薩がいらっしゃいます。

Jmr_5266b

Jmr_5115a

観音堂は池の畔に建っていて、池泉回遊式の庭園が広がります。

Jmr_5134a

書院 貞享3年(1686)に後西天皇の旧殿を下賜されたもの、あるいは明正天皇の旧殿ともいう説もあります。

Jmr_5277a

Jmr_5267a

これから池の周りを歩きます。

Jmr_5169a

この池は「氷室の池」と呼ばれ、杜若や蓮の花が美しいことで知られています。

Jmr_5187a

平安時代には、ここに張った氷を1月2日に宮中に献上してその厚さによって五穀豊穣を占ったと言われています。

Jmr_5201a

池の周りには石仏が並んでいて、西国四十八箇所巡りができるようになっています。

Jmr_5207a

この池は、水鳥が多いことでも知られていて、中の島はそのねぐらになっています。

Jmr_5214a

弁天堂

Jmr_5224a

向こうの小島には、1羽の青サギが陣取っています。

Jmr_5258a

一周して観音堂の近くまで戻ってきました。

Jmr_5240a

帰り道で築地塀の桜をもう一枚

Jmr_5332b

今日もお越しいただき、ありがとうございます。お帰りの前に、励ましのクリック↓をしてくださると嬉しいです(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_5175a

| | コメント (2)

2015年4月 5日 (日)

高野川・満開の桜並木 2015 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_1301a
※写真は全てクリックで拡大します。

高野川の桜の満開は4月2日。市内は大概2日か3日がピークだったように思います。今日は高野川を御影橋から上流の蓼倉橋、高野橋に向かいます。

高野川沿いの桜が樹齢50年を超えたといわれて数年が経過しています

Amp_1302a

枝を大きく切られたり、中にはごっそり無くなってるのもありますが・・・

Amp_1324a

それでも元気いっぱい見事な大木の桜並木です。

Amp_1369b

Amp_1296a

川端通りからの桜並木、桜の時期は桜見物の車でギッシリになりますよ。

Amp_1360a

御影橋(出町の1本北です)

Amp_1288a

草も芽吹いて春の色合い

Amp_1286a

桜の下を歩くって幸せですね。

Amp_1292a

川端通り沿いの桜を見ながら上流に行きます。

Amp_1273a

桜が咲いたら、散るまでに何ヵ所廻れるか・・・毎日凄く出歩いていっぱい撮ってきました。

Amp_1349a

Amp_1114a

水面に映る桜色

Amp_1125a

出町から2つ目の蓼倉橋から、今まで見てきた下流の桜並木・・・長いですね。桜並木はまだまだ続きますよ。

Amp_1084a

比叡山が見えています。

Amp_1121a

Amp_1099a

「法」を思いっきり拡大させて・・・

Amp_1272a

Amp_1278a

蓼倉橋の左岸の桜。

Amp_1053a

Amp_1020a

北大路通りに架かる高野橋のちょっと上流・・・桜並木はまだ続きます。

Amp_1566a

ソメイヨシノは散り始め、早咲きの枝垂れ桜はほぼ見頃終了になりましたが、紅枝垂れが見頃を迎えております。八重桜はもう少し先。京都の桜はまだまだ続きますよ。

※最近コメントのお返事を失礼しております。ゴメンナサイm(_ _)m

※今日もご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングの応援のクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amp_1148a

| | コメント (4)

2015年4月 4日 (土)

立本寺 桜咲く境内

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_4438c
※写真は全てクリックで拡大します。

桜を見に訪れた西陣のお寺の最後は立本寺(りゅうほんじ)です。

立本寺 日蓮宗本山。元亨元年(1321)日像が京都最初の道場として四条大宮に開いた妙顕寺龍華院が始まりです。七本松通に面する山門(京都市指定有形文化財)

Jmr_4315a

何度も比叡山の衆徒に破却されるが、応永20年(1413)に立本寺として再興。その後、後水尾天皇より「園林堂(客殿)」を賜る程の名刹となりました。山門を入って振り返ると

Jmr_4339a

以後何度か場所を変えますが、宝永の大火(宝永5年、1708年)で類焼した後、現在地に移りました。左は児童公園になっていて、子供たちが行き来していました。

Jmr_4333a

当時は広大な境内を有し、明治維新前は20に及ぶ塔頭を擁していましたが、現在では4ヶ寺の塔頭が残るだけです。

Jmr_4338a

刹堂(鬼子母神堂) 安産・子育て守護で有名な子安鬼子母神(北野の鬼子母神さん)のご開帳は毎月8日です。

Jmr_4352a

刹堂に祀られている日審上人には「幽霊子育て飴の伝説」があります。右に見えるのは妙見堂

Jmr_4351a

身ごもった母が病で急逝し、墓地に葬られました。雨降る夜に墓地からかすかな赤子の泣き声が聞こえ、急いで塚を掘り返します。掘り出された壷の中にいた赤子が、後の日審だったという話です。

Jmr_4404a

母親の幽霊が飴で子を育てたとされ、その逸話にゆかりの「幽霊子育て飴」が寺務所で販売されているそうです。こちらは、祖師堂

Jmr_4357a

本堂 本尊は十界曼陀羅です。

Jmr_4358a

蓮上人座像は、かつて祖師堂にありましたが、現在は本堂に安置されています。この像には「兜の御影の伝説」があります。

Jmr_4360a

戦国武将の松永久秀家臣・佐々木広次が信仰し、出陣の際に生還すれば一寺を建立すると祈願して、像に冑を被せ地中に埋めました。盗賊がこれを盗もうとしましたが、像は岩盤のように重くて動かなかったという話です。

Jmr_4366a

本堂の前の枝垂桜 満開のもあれば、5分咲き程度のもありました(3月31日)。

Jmr_4367a


Jmr_4379a

境内の西から南へ広がる庭園は嘉永3年(1850)頃に造営されたもので、京都市の指定名勝になっています。平成23年には6年の歳月をかけた庭園の修復が終わりました。

Jmr_4466a


Jmr_4384b_2

この日はときどき風が強く吹き、花びらが舞っていました。でも、写真に撮るのは難しいですね。

Jmr_4473a

Jmr_4390c

境内の東側は駐車場になっています。

Jmr_4375a

境内の西には、吉野太夫を身請けした灰屋紹益や石田三成の軍師・島左近らの墓地があります。

Jmr_4305a

境内の南3分の1は児童公園になっています。

Jmr_4456a

もう陽が傾いてきて、子供たちも帰り支度です。

Jmr_4441a

児童公園の南にある鐘楼 戦時中に供出されて梵鐘がありません。

Jmr_4415a

立本寺は、参拝客により一定の収入が得られるお寺ではなく、いわゆる街中のお寺です。駐車場や児童公園は地域の役にたっているとは思いますが、ちょっとさびしい気もしました。それでも、境内一円に咲く桜から、隆盛を誇った当時の面影がしのばれます。

Jmr_4426a

いつも見に来ていただき、ありがとうございます。お帰りの前に、励ましのクリック↓をしてくださると嬉しいです(できれば毎日heart01)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_4453a

| | コメント (4)

2015年4月 3日 (金)

疏水分線の桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_1550a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は予定を変更して、琵琶湖疏水分線沿いの桜をお届けします。3か所の桜のうち、最初の二つは3月29日の撮影で、桜が散ってしまわないうちにお届けししようと思ったからです。熊野若王子神社の東に、桜花苑の上り口があります。

Jmr_3508a

しばらく上ると視界が開けて、斜面に濃いピンクの桜(陽光桜)の林があります。

Jmr_3512a

この桜にはそれぞれ名札が付けられていて、記念植樹されたものです。

Jmr_3547a

ここからは、ある程度の見晴らしもあります。西の方

Jmr_3557a

南の方

Jmr_3529a

下に見えるのは、若王子取水施設です。琵琶湖疏水は、蹴上で発電所に流れる本線と北に行く分線に分けられ、その分線は南禅寺の水路閣を通ってこの取水池に流れます。

Jmr_3537a

ここの桜はこの日で7分咲き程度でしたので、今日の雨で散ってしまうかも知れません。

Jmr_3518a

若王子取水池を通りすぎた水は、哲学の道沿いに流れ、銀閣寺橋で西にさらに志賀越道で北に流れを変えて、「北白川疏水」と呼ばれます。その中ほどの伊織町にある「銀月アパートメント」

Jmr_3759a

戦前からあるレトロな建物だけでなく、早咲きの枝垂桜でも有名です。

Jmr_3747a


Jmr_3755a

2階の角部屋でウクレレ教室を開いていて、その音が聞こえてきます。

Jmr_3753a

疏水分線は、西北の方向に流れて北大路通、高野川を渡って、西に向きを変えて「松ヶ崎疏水」になります。一方、若王子で取水された水は配管を通って松ヶ崎浄水場まで運ばれます(左の建物)。ここからは、昨日の撮影です。

Jmr_5414a

松ヶ崎浄水場の水は、市内北部に給水されています。かっては、松ヶ崎疏水の水を使っていたそうです。

Jmr_5392a

疏水分線は、松ヶ崎浄水場を過ぎたあたりから南西へ方向を変え、下鴨中通で暗渠となり開渠区間は終わります。

Jmr_5399a

Amp_1556a

かっては、京都の近代化のための水利施設として建設された琵琶湖疏水分線ですが、その目的を終えた現在でも、周辺の景観のために十分役目を果たしているといえます。

Jmr_5396b

今日もご覧いただき、ありがとうございます。最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(できましたら毎日)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_3741a

| | コメント (2)

2015年4月 2日 (木)

上品蓮台寺 桜咲く境内

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_3996a
※写真は全てクリックで拡大します。

千本釈迦堂を出て次に訪れたのは上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)です。蓮華金宝山九品三昧院と号する真言宗智山派の寺です。

Jmr_3997a

聖徳太子の創建と伝えられ、当初香隆寺(こうりゅうじ)と称しましたが、天徳4年(960)宇多法皇の勅願により、寛空僧正(かんくうそうじょう)が再建し、寺号を上品蓮台寺と改めたといわれています。玄関

Jmr_4172a

当時は広大な寺域に伽藍(がらん)が建ち並び壮大なものでしたが、応仁の乱により焼失してしまいます。その後、文禄年間(1592~96)に性盛上人(しょうせいしょうにん)が復興しました。境内の南側に行きます。

Jmr_4114a

当時は、十二の支院が建立され、俗に十二坊の名で呼ばれるようになりました。現在では三支院を残すだけですが、北区の「紫野十二坊町」という地名がかっての隆盛を伝えています。大師堂

Jmr_4123a

紅枝垂は2~3分咲き程度(3月31日)でした。こちらも満開になると、一層華やかな境内になることでしょう。

Jmr_4150a

こちらは、南の門

Jmr_4116a

鐘楼

Jmr_4163a

本堂 村上天皇より賜った上品蓮台寺の勅額を掲げ、本尊として延命地蔵菩薩像を安置しています。

Jmr_4155a


Jmr_4137a

Jmr_4124c

今度は、山門から北の方に行きます。境がはっきりしませんが、隣接する塔頭・真言院の境内(前庭)になります。

Jmr_4008a

かって、この地の西には「鳥辺野」、「化野」と並ぶ葬送の地「蓮台野(れんだいの)」が広がっていました。

Jmr_4087a

化野念仏寺と同様に、掘り出された多数の石仏が寺に持ち込まれたのでしょう。

Jmr_4062a

墓地の椋の木の根元にある源頼光朝臣塚(蜘蛛塚) 源頼光によって退治された土蜘蛛が埋められた場所とされます。

Jmr_4067b

Jmr_4038a

山門に戻ります。

Jmr_4099a

この後、桜で知られたもう一つの寺院に向かいます。

Jmr_4110a

*ブログランキングからお越しの方、ありがとうございます。よろしかったら、下のバナーをクリックしてからお帰りください(ポイントになります)。

Jmr_4002a

いつも応援していただき、ありがとうございます。今日も、励ましのクリック↓をしてくださると嬉しいです(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_4146b

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 雪景色 1 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2