☆★ 2015 桜 4

2015年4月29日 (水)

伏見 柳の濠川と十石舟 長建寺・ぼたん桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_3502a
※写真は全てクリックで拡大します。

柳が美しい伏見の濠川。十石舟の起点にある長建寺は糸桜に始まり、黄桜、ぼたん桜へと桜の名所でもあります。

長建寺
東光山と号し、真言宗醍醐派に属する。八臂(はっぴ)弁財天(鎌倉時代後期作)を本尊とし、一般に「島の弁天さん」の名で知られています。
元禄12年(1699)、伏見奉行建部内匠頭政宇が、中書島を開拓するに当たり、深草大亀谷 即成就院の塔頭・多聞院を当地に移し、弁財天を祀ったのが当寺の起こりで、寺名は建部氏の長寿を願って名付けられました。

Amp_3458a

弁財天は、音楽をもって衆生を救う女神で、福徳・智恵・財宝をもたらす七福神の一つとして、多くの人々の信仰を集めています。「開運弁財天」と額があがっています。

Amp_3424a

閼伽水(あかすい)で、水で身も心も、お金も洗い清め平和で財宝の貯まる様に弁財天様に祈願します。
閼伽水の横の石、カエル石と云うらしい。
財布に蛙の形の小さなのを入れて「お金が帰る(カエル)」ってお守りにしますが・・・私はどう見ても「E.T.」に見えますが。。。

Amp_3427a

三十石船に時を知らせた梵鐘は太平洋戦争時に供出されてしまい、今は「みくじ舎」となっています。
ここのおみくじは「おみくじの元祖」の『元三大師』の元本そのままを使っていましたが、現在は現代流にアレンジした和歌を使っています。

Amp_3419a

境内には八重桜がまだ綺麗に咲いていました。(撮影:4月21日)

Amp_3436a

八重桜はぼたん桜ともいわれるそうですが、この大きな花はぼたん桜と言うほうがあってるみたいです。

Amp_3434a

落ちた花びらもまだ綺麗な色。

Amp_3435a

こちらは黄桜

Amp_3442a

長建寺を後にして、前を流れる濠川。柳の枝も伸びて、緑美しくなってきました。

Amp_3459a

十石舟が停まっています。

Amp_3465a

十石舟は4月1日~11月30日まで運行。(10:00~16:20の間20分間隔)

Amp_3466a

三十石船は連休中の土・日・祝日などに運行されます。

十石舟、三十石船の運行について詳しくはこちら

Amp_3463a

爽やかな風が柳を揺らせます。

Amp_3477a

月桂冠大倉記念館

Amp_3491a

過去記事は下です。(ランキング応援クリックは、この記事最後、忘れずに宜しくお願いします)

伏見 酒蔵 柳の濠川

      ★旧 寺田屋 

柳の濠川 伏見奉行所跡 京町通 魚三楼 大手筋 JR桃山駅(桜) 松本酒造 桃山丘陵 桓武天皇陵 明治天皇陵 昭憲皇太后・伏見桃山東陵 大善寺(六地蔵) 酒蔵 月桂冠大倉記念館 宝福寺 かき仙 龍馬通り商店街 龍馬館 乃木神社 油懸(掛け)地蔵尊 十石舟 寺田屋 鳥せい 黄桜かっぱカントリー・黄桜 長建寺 本成寺 勝念寺

御香宮神社 (御香宮)    ★旧は↑

Amp_3527a

Amp_3530a

ちょうど十石舟がやってきました。

Amp_3506a

三十石船の船着き場の前を通ります。

Amp_3513a

Amp_3500a

※今日もご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングの応援のクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
----------------------------------------------------------------

Amp_3515a

| | コメント (1)

2015年4月28日 (火)

松尾大社 三玲の庭と磐座信仰

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_8314a
※写真は全てクリックで拡大します。

一昨日の記事では、松尾大社の歴史を振り返りながら境内を歩きました。今日は重森三玲の庭「松風苑」と磐座(いわくら)信仰について見て回ることにします。上の写真の奥にある受付から右に入ると、松風苑のひとつ「曲水の庭」の入り口があります。

Jmr_8186a

重森三玲作の松風苑三庭は、四国・吉野川産の青石(緑泥片岩)を200余個用い、昭和50年に完成した、昭和を代表する現代庭園といわれています。

Jmr_1342a

曲水の庭は、王朝文化華やかなりし平安貴族の雅遊の場を表現したものだそうです。松尾大社は、平安時代に京の都を守る西の神様とされ、隆盛を極めていました。

Jmr_8193a

滑らかな曲線を基調に、洗練されたデザインで鑓水が表現されています。だだし、この日は水量が多く、岩と相まって渓流の雰囲気もしました。

Jmr_1350a

雨が降ってさらに水量が増すと、どうなるのか見たい気もします。

Jmr_8215a

上古(じょうこ)の庭の入口 遠く昔の上古の時代には神社も社殿もなく、山中の巨岩などが神霊のやどる聖地とされ、その場所を磐座(いわくら)と呼んでいました。

Jmr_1358a

松尾大社でも本殿が建てられる以前は、神社後方の松尾山頂上近くにある磐座で祭祀が営まれており、この古代祭祀の場を模して造られたのがこの庭です。

Jmr_8234a

この庭を出ると順路は坂道となり、、

Jmr_8237a

その上に、「心願盃投げ」と「磐座遥拝所参道」の立て札がありました。

Jmr_8238a

盃投げは、樽の中に盃を投げ入れる境内にあるのと同じものです。その後ろにタヌキがいてビックリしました。

Jmr_1376a

磐座遥拝所は、磐座まで登らずにその方向を拝む場所です。庭園入り口にかかっていた大きな看板は「磐座登拝の心得」でした。

Jmr_8251a

かっては神職以外は登拝ことができませんでしたが、特に希望する場合は、人数、時間、服装、携帯品その他の心得などの制約の上、神社の許可を得なければならないと書かれていました。

Jmr_8247a

もう一度「磐座遥拝所参道」の入口まで戻り、山裾に沿う順路を行くと、磐座登拝口がありました。もちろん、許可者以外の登拝禁止とあります。日本の太古の信仰の形を、千数百年にわたって守り続けていることが驚きです。

Jmr_8266a

さらに先を行くと、偶然登拝者に出会いました。服装も決められているそうです。

Jmr_8284a

松尾山は七つの谷を持っていますが、社務所の裏の渓流を御手洗川とよび、霊亀の滝がかかっています。

Jmr_8310a

滝の上部の岩に「天狗の顔」があるそうですが、お分かりでしょうか?

Jmr_1437a

Jmr_8292a

霊亀の滝の手前に「亀の井」という霊泉があり、酒造家はこの水を酒の元水として造り水に混ぜて用い、また「延命長寿」「蘇り」の水としても有名だとか。

Jmr_8303a

また、茶道や書道の用水あるいは家庭用水として、早朝から開門と同時に汲みに来られる方もいるそうです。

Jmr_8304a

ここから境内に出て、茶店の横にある三玲の「蓬莱の庭」の入り口に来ました。

Jmr_8367a

蓬莱とは不老不死の仙界の意味で、その島にあこがれる蓬莱思想が鎌倉時代に流行し、作庭技術にも採用されて来ました。

Jmr_8375a

松尾大社は、鎌倉将軍・源頼朝を始めとして、武門の崇敬は変わることなく明治の時代まで続きました。

Jmr_8368b

この庭は、そんな鎌倉期に代表される回遊式庭園を取り入れたもので、全体が羽を広げた鶴を形どっています。

Jmr_8386a

池に浮かぶ島々(岩)を眺めながら周囲を巡ると、一歩ごとに景色が変わります。そのうちに、幽玄の世界にいる気分になって、三玲の心が少し分かったような気がしました。

Jmr_8397a


Jmr_8410a

今日も見に来ていただき、ありがとうございます。励みになりますので、ブログランキングの応援のクリック↓をお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_8308a

――――――――――――――――――――――――――――
松尾大社の記事は終わりですが、昨日の下鴨神社について少し。昨日27日は下鴨神社の式年遷宮。お昼にちょっと寄って来ました。遷座祭は夜の7時から、正午には閉門、3時半からは参道も閉じられました。

Amp_4429a

4月29日から5月6日までは午前10時~午後4時まで「新殿昇殿参拝」「1番祈祷」が行われます。5月3日の流鏑馬、15日の賀茂祭(葵祭)社頭の儀に向けていろいろな行事が始まります。

Amp_4436a

| | コメント (1)

2015年4月24日 (金)

醍醐寺 伽藍の春

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_4894b
※写真は全てクリックで拡大します。

春の醍醐寺の最後は下醍醐の伽藍です。主だった建物を見て回り、弁天堂までいくことにしました。総門から続く参道の突き当たりに仁王門があります。

Jmr_4821b

豊臣秀頼が金堂再建の後に、慶長10年(1605)に再建したものです。

Jmr_4818a

安置されている仁王像(重文)は、平安後期の長承3年(1134)に仏師勢増・仁増によって造立され、もとは南大門に祀られていました。

Jmr_4826_27

仁王門から両側を天幕で仕切られた道が続き、やがて右手に清瀧宮本殿/拝殿が見えます。

Jmr_5014a

清瀧宮本殿(重文)は、醍醐寺の総鎮守清瀧権現(せいりゅうごんげん)を祀る鎮守社です。永長2年(1097)に、最初に建立された上醍醐から分身を移しました。

Jmr_4867a

その後、この社殿の前で清瀧会(桜会)が行われるようになりましたが、文明の兵火により焼失。現在の社殿は永正14年(1517)に再建され、慶長4年(1599)から拝殿(下の写真)が整備されました。

Jmr_4869a

毎年4月1日から21日まで「清瀧権現桜会(さくらえ)」として様々な法要が行われるそうです。拝殿横の枝垂桜は見事でした。

Jmr_4852a

拝殿の横から、五重塔が見えます。五重塔は、醍醐天皇の冥福を祈るために、第一皇子・朱雀天皇が承平6年(936)に着工し、第二皇子・村上天皇の天暦5年(951)に完成しました。

Jmr_4886a

高さは約38メートルで屋根の上の相輪は約13メートルあり、相輪が塔の三分の一を占め、安定感を与えています。京都府下で最も古い木造建築物だそうです。

Jmr_5011b

初層の内部には両界曼荼羅や真言八祖が描かれており、日本密教絵画の源流をなすものといわれています。

Jmr_4896a

五重塔の前から左手に金堂(国宝)が見えます。

Jmr_4911b

醍醐天皇の御願により延長4年(926)に創建され、当時は釈迦堂といわれていました。永仁、文明年間に二度焼失しましたが、秀吉の命によって紀州湯浅から移築が計画され、

Jmr_4914a

秀頼の時代、慶長5年(1600)に完成しました。この金堂が、醍醐寺の中心のお堂であり、安置されている薬師如来坐像が醍醐寺の本尊です。

Jmr_4926a

Jmr_4924a

*ブログランキングからお越しの方、ありがとうございます。できましたら、記事の最後のバナーをクリックしてからお帰りください(励みになります)。

Jmr_4999a

不動堂・護摩道場 堂内には不動明王を中心に五体の明王が安置されています。また、堂前の護摩道場では修験道の柴燈護摩が焚かれ、様々な祈願を行っています。

Jmr_4942a

祖師堂 慶長10年(1605)に建立され、弘法大師・空海と、その孫弟子で醍醐寺を開創した理源大師・聖宝が祀られています。弘法大師の誕生日、6月15日に降誕会が行われます。

Jmr_4996a

この門の名前が分かりません。

Jmr_4943a

観音堂(旧大講堂) この観音堂を中心に広がる、林泉及び弁天堂、地蔵堂、鐘楼、伝法学院等を総称して大伝法院と呼びます。これら諸堂は、醍醐天皇一千年御忌を記念して昭和5年(1930)に造築されたものです。

Jmr_4951a

弁天堂 カエデやイチョウが色づく秋には、朱塗りの弁天堂が水面に映えて素晴らしい風景となります。

Jmr_4975a

堂内には、音楽などの学芸や知識の女神の弁才天(七福神の一つ)が祀られています。

Jmr_4953a

池の周囲を一周しました。

Jmr_4960b

ここから、さらに上に行くと女人堂があり、上醍醐に登る登山口となっています。この日はここから引き返すことにしました。

Jmr_4959a

Jmr_4938b

仁王門まで戻って来ました。

Jmr_4829a

いつも見に来ていただき、ありがとうございます。励みになりますので、ブログランキングの応援のクリック↓をお願いします(現在の順位が分かります)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
------------------------------------------------------------------

Jmr_4849b

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 紅葉2 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | 2017 桜1 | 2017 桜2 | 2017 雪景色 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2