« 清凉寺 2015秋 | トップページ | しょうざん北庭園 2015秋 »

2015年12月 1日 (火)

宝筐院 2015秋

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmv_6600a
※写真は全てクリックで拡大します。

清凉寺の仁王門を出ると、西の方に宝筐院が見えます。

「宝筐院」は臨済宗の単立寺院で、庭園内には多くのモミジやドウダンツツジがあって紅葉の名所として知られています。ただし、今年は紅葉が色づきが遅く、まだ見頃とはいえない状態でした。

Jmv_6604a

宝筐院は、平安時代に白河天皇(1053~1129)の勅願寺として建てられました。勅願寺とは、勅願によって鎮護国家・玉体安穏のために建立された寺です。(散策路が真っすぐ西に延びています。)

Jmv_6607b

建立当時は「善入寺(ぜんにゅうじ)」という寺名でした。平安時代末から鎌倉時代にかけては、数代にわたって皇族が住持となりました。(庫裡の玄関、花の苗を販売していました。)

Jmv_6610a

南北朝時代の貞和年間(1345~50)に夢窓国師の高弟・黙庵周諭禅師が入寺し、衰退していた寺を復興しました。門弟の教化を盛んに行い、以後は臨済宗の寺となりました。

Jmv_6622a

室町幕府の二代将軍足利義詮(よしあきら)は、貞治4年(1365)に母の法要の席で黙庵から経典の講義を聞き、参禅問答したことを契機に黙庵に帰依しました。(本堂)

Jmv_6625a

本尊の十一面千手観世音菩薩立像を安置しています。

Jmv_6648a

義詮は、師のために善入寺の伽藍整備に力を入れ、東から西へ総門・山門・仏殿が一直線に建ち、山門・仏殿間の通路をはさんで北に庫裏、南に禅堂が建ち、仏殿の北に方丈、南に寮舎が建ちました。

Jmv_6628a

貞治5年(1367)に義詮が没すると、善入寺はその菩提寺となりました。そして、八代将軍義政の代になって、義詮の院号の宝筐院にちなみ、寺名が宝筐院と改められました。

Jmv_6649a

足利幕府の保護もあって、この時期の宝筐院は隆盛をきわめ。備中・周防などには寺領がありました。

Jmv_6690a

しかしながら、応仁の乱以後は幕府の衰えとともに宝筐院も衰退していきました。寺領も横領されるなど、経済的に困窮したからだそうです。

Jmv_6679a

江戸時代の宝筐院は天龍寺末寺の小院となり、幕末には廃寺となってしまいました。(通路が何度も枯川と交差し、境内全体が枯山水となっています。)

Jmv_6646a

ところで、南北朝時代に寺を復興した黙庵は、南朝の武将楠木正行(まさつら)と知り合いで、彼に後事を託されていました。

Jmv_6655a

正平3年・貞和4年(1348)正月、正行は四条畷の合戦で足利方の高師直の率いる北朝の大軍と戦って討ち死し、黙庵はその首級を生前の約束に従い善入寺に葬りました。

Jmv_6656b

後に、この話を黙庵から聞いた義詮は、正行の人柄を褒めたたえ、自分もその傍らに葬るよう頼んだといいます。(境内の西端に二人の塚があります。)

Jmv_6658a

右が楠木正行の首塚とされる五輪石塔、左は足利義詮の三層石塔。敵同士だった二人が並んで葬られています。

Jmv_6659a

明治24年(1891)京都府知事・北垣国道は、楠木正行の遺跡が人知れず埋もれているのを惜しんで、首塚の由来を記した石碑(欽忠碑)を建てました。(散策路に沿って北に行くと、滝の石組があります。)

Jmv_6661a

大正5年に、高木龍淵天龍寺管長や神戸の実業家・川崎芳太郎によって、楠木正行ゆかりの遺跡を護るため、宝筐院が再興されました。(本堂の裏)

Jmv_6674b

旧境内地を買い戻し、新築や古建築の移築によって伽藍を整え、屋根に楠木の家紋・菊水を彫った軒瓦を用いて、楠木正行ゆかりの寺であることを示しました。

Jmv_6698a

その後、更に茶室が移築され、現本堂が新築されました。(山門の中から)

Jmv_6703a

最後に、励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしく。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmv_6704a

|

« 清凉寺 2015秋 | トップページ | しょうざん北庭園 2015秋 »

2015 紅葉 3」カテゴリの記事

コメント

小春な感じのいい天気。
今日から12月。もうすっかり冬だよね。

投稿: munixyu | 2015年12月 1日 (火) 14:25

清凉寺のすぐ近くだったんですね~~。この辺りは一回しか来たことが無くて、時間も無く清凉寺近辺は素通りせざるを得ませんでした。。。嵯峨野は観光客だらけ。。。ってイメージがあって敬遠してしまうのですが、奥の方は少しだけ人が少ないから毛嫌いせずに行ってみよう!と思っている所です。
下のほうだけ狭くなっている障子がオシャレですねぇ。石畳が縦に敷いてあると、ちょっと湿原の板張り遊歩道みたいで面白いなぁ。足利義詮って、地味で何をしてたかイマイチピンと来ない人ですが、やはり人に歴史ありですね。ちゃんとした人はちゃんと残ってる。。。というか北垣国道がすごいのかなw近代京都をバリバリ推し進めている間に、ちゃんと歴史も引き継いでる!

投稿: ばるさろ | 2015年12月 1日 (火) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清凉寺 2015秋 | トップページ | しょうざん北庭園 2015秋 »