« 2015 紅葉 嵐山 野宮神社から竹林の道 亀山公園へ | トップページ | かやぶきの里の秋 »

2015年11月16日 (月)

美山町自然文化村からかやぶきの里へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmv_3904a
※写真は全てクリックで拡大します。

朝早く天龍寺から竹林の道を訪れた後、美山町に行きました。JR園部駅まで行って、9月7日から12月13日の期間に運行している「園部・美山周遊バス」に乗りました。このバスで到着したのが「美山自然文化村」です。下は中心的な施設「河鹿壮」

Jmv_3890a

中には、宿泊施設、レストラン、売店、大浴場などがあります。

Jmv_3885a

「かやぶき民家別館」  美山の伝統的なかやぶき屋根の民家を移築して、食事や宿泊に利用できるそうです。だだし、利用は10名からとのことです。

Jmv_3896a

周遊バスは、自然文化村で約2時間、その後かやぶきの里で1時間の停車の予定です。かやぶきの里まで約2㎞の距離だそうで、食事を済ませたあと歩いて行くことにしました。

Jmv_3903a

ここには、(オート)キャンプ場、野球場(サッカー場)、ホール、遊歩道などの施設があります。上と下、TOPは「第2オートキャンプ場」で由良川の向こう岸を歩くために少し逆方向に戻ります。

Amq_8078a

「蔵王橋」の上から由良川 「芦生原生林」から流れてきました。

Jmv_3922a

振り返って見ると

Jmv_3929a

橋を渡ったところに「蔵王権現」があります。創祀は不詳ですが古くより蔵王権現として崇敬されていました。明治の神仏分離から戦前までの時期は「河合神社」と呼ばれたそうです。

Jmv_3930a

蔵王権現は日本独自の仏で、修験道の本尊(吉野の金峯山寺の本尊)で、安閑天皇と同体とされるそうです。

Jmv_3936a

知井八幡宮・佐々里八幡宮とともに知井九ヶ村の神社であつたが、明治9年に境内地をこの場所(中村)に永代譲渡し、中村の崇敬社になったそうです。

Jmv_3938a

由良川に沿って府道(京都広河原美山線)を歩きます。

Jmv_3952a

先ほど通ったオートキャンプ場

Jmv_3954a

途中に階段式の「魚道」が設けられています。サケやアユなどが遡行するそうです。

Jmv_3959a

府道と交差する旧道 知見に向かいます。

Amq_8091a

自然文化村の西端にあるドーム。「出合橋」は沈下橋で、増水すると水に潜るそうです。由良川には沈下橋がいくつもあるそうです。

Jmv_3976a

府道沿いには桜や紅葉の並木が何か所かあります。

Jmv_3979a

バス停(南丹市営バス、下中)

Amq_8092b

「曹洞宗 医王山 継福禅寺」 とあります。  

Jmv_3974a

Jmv_3981a

葉が落ちていたので写真は載せませんが、桜並木があちこちにあって春は壮観だと思います。

Amq_8101a

このあたりで流れが急になって、ちょっとした渓谷です。

Jmv_3994a

ところどころにかやぶき屋根の家が見えてきます。

Jmv_4001a

宝篋印塔(ほうきょういんとう) 明応4年(1495)の銘がありかなり古いものですが、真新しいお供え物がありました。ここから府道と別れ、山沿いの旧道を行きます。

Jmv_4011a

このあたりの旧道は川から離れた山沿いを通っています。かやぶきの里の東のはずれです。

Jmv_4022a

向こうの紅葉のところを府道が通っています。

Jmv_4035a

「かやぶきの里」が見えてきました。

Jmv_4032b

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしく。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amq_8104a

|

« 2015 紅葉 嵐山 野宮神社から竹林の道 亀山公園へ | トップページ | かやぶきの里の秋 »

2015 紅葉 1」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
美山町いいですね。
私たち都会のネズミは田舎のネズミにあこがれますね。
自然が豊かで、こういうところで暮らしてみたいと思いますね。以前にツアーで美山町の「芦生の森」の中を歩いたことがあります。あいにく小雨でしたが、でも気持ちよかったです。自然のままの森を残してあるとか。京大の演習林なのですね。鹿の爪痕が木に残っていたり、うっそうと茂っている森の中は小鳥がさえずっていて神秘的でした。由良川の源流をたずねて、というコースだったとおもいます。最後の地点ではここから40キロ先が日本海とか言っていたように思います。毎年でも行きたい所です。

投稿: レモン | 2015年11月16日 (月) 08:55

京都は、都会あり、田舎ありなところがいいよね。
同じ京都とは思えないってとこが、京都らしいよね。

投稿: munixyu | 2015年11月16日 (月) 14:28

美山きになってます~~。周遊バスに任せるのがよさそうですねぇ。思ってた以上にレジャーとしての施設も充実していていろいろなレベルのアウトドアが楽しめそうですね!美山というと、お土産屋さんで見た八ツ橋の美山ミルク味というのが美味しかったので。。。牛がウロウロしてるような牧場っぽい所を想像してたんですがw
蔵王権現と言うと、金峯山寺のが有名ですよね。。ここのも足を上げて怒ってるのかな~。見てみたいです~

投稿: ばるさろ | 2015年11月16日 (月) 22:47

★レモンさん こんにちは♪
お返事が遅くなり、ごめんなさい。芦生研究林までいかれたのですか。京都の人でも行ったことがある方は少ないと思います。最近、テレビでトロッコの線路が復活しているのを見て懐かしく思いました。芦生から三国峠まで登り、福井県の小浜までの道も鯖街道の一つだったそうで、昔の人はすごかったですね。

投稿: りせ | 2015年11月18日 (水) 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 紅葉 嵐山 野宮神社から竹林の道 亀山公園へ | トップページ | かやぶきの里の秋 »