« 天龍寺 方丈から見る秋の庭園 | トップページ | 2015 紅葉 嵐山 野宮神社から竹林の道 亀山公園へ »

2015年11月14日 (土)

天龍寺 秋の庭園巡り

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amq_7583a
※写真は全てクリックで拡大します。

天龍寺の方丈からの景色を見た後、庭園を散策しました。庭園の入口

Jmv_3564a

大方丈の東庭 天龍寺は勅使門から大方丈までの伽藍が東向きに並んでいます。

Jmv_3566a

唐門

Jmv_3567a

庭園の参拝順路は大方丈の東から西に回ります。向こうに西庭の「曹源池庭園」が見えます。

Jmv_3570a

室町時代の開山・夢窓国師が作庭した池泉廻遊式庭園で、国の史跡・特別名勝に最初に指定されました。

Jmv_3579a

この地にはかって亀山上皇の離宮があり、その庭を晩年の夢窓国師が改修したといわれます。西(正面)は亀山、南(左)は嵐山を借景としています。

Jmv_3581a

池に中之島はなく、石群で鶴島(正面)と亀島(右)を造っています。中央の岸には石組で滝(龍門瀑)を造り、江戸時代には水を流していたそうです。

Jmv_3474b

龍門瀑は中国の故事・登竜門にならっています。滝は三段となっていて、通常は滝の下に置かれる鯉魚石(りぎょせき)を中ほどに置き、龍になる直前の姿を表しています。

Jmv_3474c

滝を登る鯉の姿を、悟りを開くための厳しい修行の励みとしたそうです。

Jmv_3585a

曹源池の名は、夢想国師が池の泥をあげたとき「曹源一滴」と刻まれた石碑が現れたことにちなんでいます。

Amq_7611a

禅の初祖・達磨大師から六代目、曹渓山宝林寺の六祖慧能禅師によって禅は栄え、五家七宗の禅宗の法脈が生まれ、さらに二十四流に分かれてますます盛んになったそうです。

Amq_7604a

これから、禅法は曹渓の一滴の源泉から栄えたとして「曹源の一滴水」という禅語ができました。

Jmv_3590a

小方丈から渡り廊下が多宝殿まで続いています。

Jmv_3597a

廊下の右には祥雲閣や甘雨亭の茶室があります。中庭は「大堰川」などがあり嵐山を表現しています。

Jmv_3612a

多宝殿 昭和9年(1934)に建築され、後醍醐天皇の尊像を祀ります。

Jmv_3618a

ここは、亀山上皇が離宮を営んだときに、幼少の醍醐天皇が学問所とした場所です。建物は、後醍醐天皇の吉野行宮時代の紫宸殿の様式を伝えているそうです。

Jmv_3623a

山沿いの道を行くと

Jmv_3631a

山の中腹に登る道があります。

Jmv_3636a

Jmv_3649a

木の間から市内が見渡せます。比叡山から大文字山あたり。

Jmv_3652a

こちらは北山?

Amq_7666a

下の道に降ります。

Jmv_3687a

多宝殿から北門までの道沿いは「百花苑」とよばれ、昭和58年に北門の開設と同時に整備された庭園になっています。

Amq_7698a

Amq_7703a

平和観音 観音像は中国から伝来したとされ、夢窓国師は観音菩薩を篤く信仰していたそうです。

Jmv_3694a

観音像の前の「愛の泉」 地下80mから湧くこの水を口に含むと愛と幸を授かるとか。でもコインがいっぱいで、口にするのは無理かも。

Amq_7700a

「硯石」 明治32年(1899)に鈴木松年が法堂に雲龍図を描いときに使ったもので、60人の僧がこの硯で墨をすったといいます。

Jmv_3720a

北門から竹林の道に出ました。

Jmv_3730a

ブログランキングに参加しています。励みにしていますので、応援のクリック↓をよろしく。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amq_7685a

|

« 天龍寺 方丈から見る秋の庭園 | トップページ | 2015 紅葉 嵐山 野宮神社から竹林の道 亀山公園へ »

2015 紅葉 1」カテゴリの記事

コメント

紅葉は、この辺りからは好みの問題だよね。
真っ赤な紅葉もいいけど、薄紅葉な時もいいし。
見頃っていうのも、きっと人それぞれでも違うんだろうね。

投稿: munixyu | 2015年11月14日 (土) 16:03

★munixyuさん こんにちは♪
同じ境内でも、紅葉の色づき加減がいろいろありますね。できるだけ今の雰囲気にぴったりするような枝葉を撮ろうと思っています。

投稿: りせ | 2015年11月14日 (土) 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天龍寺 方丈から見る秋の庭園 | トップページ | 2015 紅葉 嵐山 野宮神社から竹林の道 亀山公園へ »