« 京都御苑の秋 九條池あたり | トップページ | 天龍寺 秋の庭園巡り »

2015年11月13日 (金)

天龍寺 方丈から見る秋の庭園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmv_3416a
※写真は全てクリックで拡大します。

紅葉が色づき始めたと聞いて、朝早く天龍寺を訪れました。この地は、平安時代の初めに檀林皇后(嵯峨天皇の皇后橘嘉智子)が開創した日本初の禅寺・檀林寺があった場所です。(上と下は総門で東向きです。)

Jmv_3418a

檀林寺が廃絶した後、鎌倉時代に後嵯峨上皇が仙洞御所を造営し、その後、亀山上皇が離宮「亀山殿」を建てました。後の後醍醐天皇もここで幼少期を過ごしたそうです。(中門)

Jmv_3426a

南北朝時代、後醍醐天皇は夢窓疎石を開山として亀山殿内に臨川寺を建立しました。(勅使門)

Jmv_3429a

後醍醐天皇没後の暦応2年(1339)に、その菩提を弔うため、足利尊氏が夢窓疎石を開山として、開いたのが天龍寺です。(庫裡は明治32年の建立。)

Jmv_3453a

造営に際して尊氏や光厳上皇が荘園を寄進しましたが造営費用には足りず、元冦以来途絶えていた元との貿易を再開し、その利益を造営費用に充て(天龍寺船の始まり)、康永4年(1344)に完成しました。(庫裡を入ったところが拝観受付。)

Jmv_3561a

南禅寺を五山の上にして、天龍寺を五山の第一位とする位置づけは以後長く続きました。下の写真の大方丈は明治32年(1899)の建設で天龍寺最大の建物。内部は入れません。

Jmv_3492a

方丈前庭(東庭) 大方丈の本尊は釈迦如来坐像(重要文化財)で、平安時代後期の作とされ、天龍寺の造営よりもはるかに古いものです。(正面は唐門。)

Jmv_3494a

本尊は、天龍寺が受けた8度の火災にも罹災せず、天龍寺に祀られる最も古い仏像とされます。大方丈の東側は広縁とその外に落縁が設けられています。

Jmv_3498a

東側から西庭が見えます。

Jmv_3486a

こちらが南側、向こうは禅堂。

Jmv_3495a

大方丈の南側には花壇があります。

Jmv_3500a

西庭の「曹源池庭園」 明日庭に降りますので説明はその時に。

Jmv_3505a

こちらからも東庭が見えます。

Jmv_3458a

池の周りの木が色づいてきました。

Jmv_3511a

縁側に沿って小方丈の方に行きます。

Jmv_3558a

植木の手入れをしていました。

Jmv_3556a

開門直後だったのでほとんど人がいません。

Jmv_3544a

小方丈から北西に延びる回廊に沿って「多宝殿」まで行けますが、後で庭から行くことにします。

Jmv_3551a

小方丈は大正13年(1924)の建築で、中に入ることができます。ただし、ここで寝転がってはダメと、あちこちに書いてあります。

Jmv_3536a

この時は襖を取り払っていましたが、小方丈は書院で2列に部屋が並んでいて、来客や接待、様々な行事、法要などに使用されるそうです。(西側)

Jmv_3540b

こちらが南側

Jmv_3532a

朝早く来たので、初めてこの場所から誰も映らない写真が撮れました。

Jmv_3521a

Jmv_3525a

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしく。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

前管長・平田精耕老師による達磨図

Jmv_3560b

|

« 京都御苑の秋 九條池あたり | トップページ | 天龍寺 秋の庭園巡り »

2015 紅葉 1」カテゴリの記事

コメント

今週来週なんだろうけど、来週だと、場所によっては遅いかもだよね。
来週半ばが、丁度かな。

投稿: munixyu | 2015年11月13日 (金) 16:59

紅葉がきれいですね。
今年はきれいみたいですね。
京都へ行きたくなりますね。

投稿: レモン | 2015年11月13日 (金) 17:40

こんばんは
大好きな天龍寺です
紅葉が綺麗ですね~ ほんとこの庭はすごいと思います
しかし・・開門してすぐとの事ですが この時期に
ほんと人居ないですね~∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 驚きです
京都は今まさに絶景の時期ですね(゚▽゚*)

投稿: たくろう | 2015年11月13日 (金) 22:20

朝の天竜寺いいですね~~ 解放感と清々しさがたまらないっ
紅葉も色づいてきて、ちょっとヒンヤリしてる感じも。。。やっぱり観光客がたくさん来る時期ってのは、いい時期なんですよねぇ
小方丈とは言っても、襖を取り払うと広々してますね~。自分の家だったらもちろんゴロゴロしますよ!!w

投稿: ばるさろ | 2015年11月13日 (金) 23:30

★レモンさん こんにちは♪
今のところ、紅葉の色づきは良いみたいですね。暖かい日が続いていて、平野部では見ごろが例年より少し遅いそうです。

投稿: りせ | 2015年11月14日 (土) 16:38

★たくろうさん こんにちは♪
天龍寺を訪れたのは11日でした。実は、紅葉の頃は開門が朝7:30だったそうで、それから1時間ほど経っていました。今からは早朝でも人出が多いかも知れません。
曹源池庭園は東向きなので、写真を撮るなら午前中の方がいいと思います。

投稿: りせ | 2015年11月14日 (土) 16:54

★ばるさろさん こんにちは♪
写真から朝の雰囲気が伝わればうれしいです。大方丈は入れないので、ゆっくり庭を眺めるには小方丈の畳はありがたいですね。写真を撮る側からすると、前であまりゆっくりされていても困ることがあります。

投稿: りせ | 2015年11月14日 (土) 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都御苑の秋 九條池あたり | トップページ | 天龍寺 秋の庭園巡り »