« 2015 紅葉 吉田山 栄摂院へ | トップページ | 源光庵 2015秋 »

2015年11月22日 (日)

赤山禅院 2105秋の黄昏

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmv_4742a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事で鷺森神社から曼殊院を訪れましたが、その後赤山禅院に向かいました。山沿いの道に沿って修学院離宮の前を通り、音羽川を渡ってしばらく下ったところに、鳥居があります。「赤山大明神」と書かれた扁額は後水尾天皇に賜ったものだそうです。

Jmv_4740a

赤山禅院(せきざんぜんいん)は、平安時代の仁和4年(888)に、第3世天台座主・円仁の遺命によって創建された、天台宗総本山延暦寺の塔頭のひとつです。山門(TOPの写真)からの参道は曼殊院よりは紅葉が色づいていました。

Jmv_4943a

慈覚大師 円仁(794年~864年)は、838年に遣唐使船で唐に渡り、苦労の末に天台教学を納めました。その行程を守護した赤山大明神に感謝して、赤山禅院を建立することを誓ったとされます。(参道の突き当りの左手に石段があります。)

Jmv_4749a

日本に戻った円仁は天台密教の基礎を築きましたが、赤山禅院の建立は果たせませんでした。その遺命により、第4世天台座主・安慧(あんね)が赤山禅院を創建したと伝えられています。(拝殿)

Jmv_4756a

平安京の東北にあり表鬼門に当たることから、赤山大明神は皇城の鎮守として祀られました。拝殿の屋根の上には、鬼門除けの猿が御幣とかぐら鈴を持ち、皇城を守護しています。かって夜な夜な悪さをしたため、逃げ出さないよう金網の中に入れられているとか。

Jmv_4752a

以下では、順路に従って境内のお堂を巡ります。寒桜が咲いていました。

Jmv_4760a

赤山大明神は地蔵菩薩の化身であるとされ、拝殿の横の「地蔵堂」に地蔵菩薩が祀られています。

Jmv_4766a

「正念誦(しょうねんじゅ)」 この珠数をくぐりながら、心にうかんだ願いについて、参拝の間、思い続けるのだそうです。

Jmv_4771a

神殿(本堂) 本尊の赤山大明神は、唐の赤山にあった泰山府君を勧請したものです。

Jmv_4778a

泰山府君は、中国五岳(五名山)の中でも筆頭とされる東岳・泰山(とうがく・たいざん)の神であり、日本では、陰陽道の祖神(おやがみ)になりました。

Jmv_4783a

左手に「十六羅漢」、「三十三観音」が見えます。

Jmv_4788a

「十六羅漢」 *記事の最後にある「お願い」を忘れないでね。

Jmv_4796a

「三十三観音」 向こうは地蔵堂

Jmv_4808a

この広場の隅に「弁財天」があります。奈良時代から仏として信仰され、七福神の一神としても知られています。赤山の弁財天は「出世弁財天」として信仰されています。

Jmv_4815a

順路は山の方に向かいます。左が「福禄寿殿」で都七福神の一神「福禄寿神」を祀ります。七福神の御朱印は右の社殿で受け付けています。

Jmv_4841a

前に七福神像があります。

Jmv_4838a

左手の山の中に「稲荷社」があります。

Jmv_4848a

もう一度福禄寿殿の前まで戻り、右手の鳥居をくぐります。

Jmv_4840a

石段を登ると、

Jmv_4862a

「金(こん)神社」があります。鬼門、方除の神で、家を護り家に金具を打つことを防ぐ神とか。

Jmv_4864a

「歓喜天」 山の中は暗くなってしまいました。

Jmv_4874a

「相生社」 縁結びの神として知られています。

Jmv_4879a

並んでいる二つの鳥居は夫婦鳥居とよばれ、手をつないで通った二人は結ばれる、とのいい伝えがあるそうです。

Jmv_4880a

山を下ります。

Jmv_4898a

「御滝堂」 「駒滝不動尊」を祀ります。

Jmv_4905a

再起延命地蔵

Jmv_4914a

「不動堂」 比叡山延暦寺と赤山禅院を結ぶ雲母坂(きららざか)にあった雲母寺(うんもじ)の本堂と本尊・不動明王が移されたものです。不動明王像は、伝教大師・最澄の作と伝えられています。

Jmv_4915a

雲母寺は、平安時代に千日回峰行の創始者・相応和尚が開いた寺院でしたが、明治に入って廃寺となりました。

Jmv_4911a

「還念珠(かんねんじゅ)」 お堂を巡った後も最初の願いが大切だと考えるなら、この還念珠をくぐりながら、願いに向けて努力をすることを誓い、仏に力をかしてくれるように祈るのだそうです。

Jmv_4920a

ところで、先日、千日回峰行で比叡山中を1日30キロを歩く700日の行の後、9日間の断食、断水、不眠、不臥の「堂入り」を終えた行者さんが話題になりました。

Jmv_4928a

来年には、赤山禅院への往復が加わり60キロの「赤山苦行」、さらに京都市内の巡礼が加わり84キロの「京都大廻り」をそれぞれ100日行います。最後は比叡山山中の30キロの行程を100日で満行となり、7年間かかるそうです。

Jmv_4942a

赤山禅院では、千日回峰行を満行した大阿闍梨が住職をつとめ、「八千枚大護摩供」「ぜんそく封じ・へちま加持」「珠数供養」をはじめとする数々の加持・祈祷が行われているそうです。

Jmv_4925a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしく。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmv_4763a

|

« 2015 紅葉 吉田山 栄摂院へ | トップページ | 源光庵 2015秋 »

2015 紅葉 2」カテゴリの記事

コメント

今年は、黄葉より紅葉のほうが遅いみたいだね。
寒桜、いい色してるよね。

投稿: munixyu | 2015年11月22日 (日) 18:27

還念珠!!インパクトありますねぇ~~
赤山禅院はまだ行けてません~。そういえば雲母坂に雲母寺のことが書かれた看板が立っていたような。。。ここに移転されてるってのも書いてあったかなぁ。。千日回峰というと、酒井雄哉さんを思い出しますねぇ。堂入りが結構厳しいっていいますから、山場は超えたのかも。。頑張ってほしいですね~。
紅葉もかなり葉っぱが落ちてるところがありますねぇもうこの辺りは紅葉終盤ってとこでしょうか。。

投稿: ばるさろ | 2015年11月22日 (日) 22:45

★munixyuさん こんばんは♪
今年の紅葉は確かに散りながら紅葉するという感じですね。まだ緑の葉も多いので、それが何時紅葉するのか気になりますね。

投稿: りせ | 2015年11月22日 (日) 23:18

★ばるさろさん こんばんは♪
赤山禅院は1週間前に行ったので、現在どうなっているのか分かりません。最初の鳥居のところに看板があって、「紅葉11月XX日まで」と書いてあって「XX」のところに紅葉のシールが貼ってありました。

投稿: りせ | 2015年11月22日 (日) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 紅葉 吉田山 栄摂院へ | トップページ | 源光庵 2015秋 »