« 大徳寺塔頭・黄梅院と大仙院 | トップページ | 櫟谷宗像神社と大堰川夕景 »

2015年10月26日 (月)

嵐山モンキーパーク 2015

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_2905a
※写真は全てクリックで拡大します。

お猿に会いに嵐山に行ってきました。といっても、今年の春なのですが記事にする機会がありませんでした。渡月橋の西岸にある「星の屋京都」の乗船場から少し行くと、

Jmr_2871a

嵐山モンキーパークへの登り口があります。このモンキーパークは、1954年から京都大学の研究のために野生のニホンザルが餌付けされたのが始まりで、1957年から一般に公開されました。

Jmr_2872a

櫟谷・宗像神社(松尾大社の摂社)の境内にある入園券売り場を通ると、さっそく山道になります。

Jmr_2877a

約20分くらいの登りですが、途中にはお猿に関するクイズや資料の看板が並んでいて、上に着くまでにかなりお勉強ができるようになっています。

Jmr_2881a

お猿を見る時の注意点も書いてあります。

Jmr_2883a

ここの正式名称は、「嵐山モンキーパークいわたやま」といい、嵐山の支峰・岩田山にある6000平方メートルの野猿公園になっています。(ところどころで現在の高さも分かります。)

Jmr_2885a

ここでは、約120頭のニホンザルが自然の状態で暮らしていて、野鳥や昆虫、植物などとともに自然を身近に観察し、体験できる自然公園でもあります。(餌場になっている展望台に近付くと、あちこちでお猿さんが見えてきます。)

Jmr_2898a

ここのお猿は人を襲ったり食べ物を奪ったりしません。人間の方が、登ってくる間に勉強して、お猿に接する方法を知っているからだと思います。

Jmr_2903a

飼育員さんにはおねだりしますが、

Jmr_2923a

入園客にはあまり関心を示しません。

Jmr_2926a

時間になるとスタッフが広場で一斉に餌をまくそうです。下は展望台にある休憩所 その一角(左)でお猿に餌をやることができます。

Jmr_2920a

外からはこんな感じです。

Jmr_3029a

休憩所に入ります。

Jmr_3035a

お猿にはすべて名前がついているそうです。

Jmr_3017a

可愛いので、時々会いに来たくなります。

Jmr_3009a

この展望台からは京都市内が一望できて、東山三十六峰もすべて見えます。

Jmr_3025a

比叡山と双ヶ丘

Jmr_2948a

南は京都タワーも見えます。

Jmr_2916a

休憩所の横からもう少し高いところに登れます。

Jmr_2974a

下は桂川です。

Jmr_2957a

このモンキーパークでは、毎年京都大学理学部の3~4回生向け実習が行われるほか、常に数名の大学院生が研究をしているそうです。(気持ちよさそう!)

Jmr_2971a

過去には、サルを見に来る人間を観察して論文をまとめた学生もいたそうです。この上はスタッフと研究者以外立ち入り禁止になっていました。

Jmr_2941a

このモンキーパークは外国人に人気があり、この日も出会ったほとんどが外国人でした。

Jmr_3022a

帰りは違う道から下ります(途中で登ってきた道に合流します)。

Jmr_3038a

最後に、励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしく。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_2931a

|

« 大徳寺塔頭・黄梅院と大仙院 | トップページ | 櫟谷宗像神社と大堰川夕景 »

コメント

凄く至近距離でみれて、しかも、おとなしくていいねぇ。
箕面の凶暴猿とは、えらい違いだね。

投稿: munixyu | 2015年10月26日 (月) 14:25

お猿カワイイなぁ~~。ふわふわの毛皮を撫でたいけど。。。触っちゃだめですよね~。まあノミをうつされそうなので、我慢しますw
京都の人は小さいころに遠足でここに来たりするって話をちらっと聞いたことがありますが、まずは寺社仏閣のほうに目が行ってしまって、遠くから来た人はあまり居ないでしょうね。。。でも、京都の山に登ったりするようになって、文化財はもちろん自然や、今の流行、普段の生活も興味が湧いてきたので、京都の楽しみが増えて嬉しかったです~

投稿: ばるさろ | 2015年10月26日 (月) 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大徳寺塔頭・黄梅院と大仙院 | トップページ | 櫟谷宗像神社と大堰川夕景 »