« 哲学の道の夏 法然院へ | トップページ | 哲学の道の夏 大豊神社へ »

2015年8月25日 (火)

八坂神社から円山公園へ ちょいと寄り道

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmt_0511a
※写真は全てクリックで拡大します。

だいぶ前になりますが、智積院からの帰り道に八坂神社に立ち寄りました。ここの狛犬は人通りが多い四条通を見張るだけあって、いかつい顔をしています。

Amp_9227a

お昼を食べるところを探してぶらぶらと歩き回りました。舞殿から本殿

Jmt_0518a

Jmt_0519a

東の鳥居から円山公園に出ました。

Jmt_0526a

途中にある「祇園祭山鉾館」 保存が困難だった10基の山鉾を収容するために昭和43年に建設されました。

Jmt_0548a

なお、扁額は京都在住の芸術家たちの揮毫だそうで、それぞれの山鉾特有の字体になっています。

Jmt_0546a

その前の広場の中央にある「ラジオ塔」 昭和7年にNHK京都放送局が開局した際に、ラジオの普及のために建てられました。この前で毎朝大勢の人がラジオ体操をしたそうです。人気の番組は野球中継だったそうで、新聞記事のパネルが張ってありました。

Amp_9160a

戦争中に資材を供出しましたが、昭和57年に開局50周年を記念して再建されました。「音声合成など最新の技術によって古都にふさわしい姿で修復」されたそうで、一度聞いてみたいものです。

Amp_9158a

この広場の向こうにある「いもぼう」

Jmt_0529a

しだれ桜の前まで来ました。この時期には青々と葉をつけて、まだまだ元気なようです。

Jmt_0555a

池の前まで来ました。この近くでお昼を頂きました。

Jmt_0554a

アオサギ

Jmt_0573a

飛び立つと、無意識にカメラで追いかけてしまいます。

Jmt_0578a


Jmt_0587a

そろそろ戻ることにします。北東の鳥居から八坂神社を通り抜けます。

Jmt_0591a

このまま真っすぐ行けば東大路まで近いのですが、

Jmt_0593a

横を見ると、「美御前社」の向こうに人だかりがしていました。

Jmt_0595b

「悪王子社」の社祭が行われるところでした。「悪」とは、力強いという意味で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の荒御魂(あらみたま)を祀っているそうです。

Jmt_0597a

「悪王子社」は、もともと東洞院四条下る「元悪王子町」にあったのですが、秀吉の命によって、烏丸通万寿寺下る「悪王子町」に移り、その後四条京極を経て、明治10年に八坂神社の摂社としてこの地に移りました。

Amp_9209a

荒御魂とは荒々しい勇猛な魂のことだそうです。この八坂神社も素戔嗚尊(とその妻子)を祀っているので、「悪王子社」は落ち着くべきところにたどりついたといえます。神職さんがやって来て、社祭が始まりそうです。

Jmt_0598a

現在の「悪王子社」は、祇園祭の無事を祈願する神として崇高されているそうです。

Amp_9213a


Jmt_0515a

最後に、励みにしていますので、ブログランキングの応援のクリック↓をお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmt_0589a

|

« 哲学の道の夏 法然院へ | トップページ | 哲学の道の夏 大豊神社へ »

コメント

おおっ、いもぼう。
母が昔いったことがあるらしい。
里芋とかが出るんだよね。
アオサギくん、今日は至近距離でワイルドだね。

投稿: munixyu | 2015年8月25日 (火) 14:32

おひさでございます~ 夏風邪絶賛ぶり返し中でした~w
末社や摂社でもちゃんと儀式があるんですねぇ
最近は美御前社が泉に群がる。。いやいや、集まるお姉さま方で人気な感じでしたがw
ここ数年 桜の時期の円山公園にしか行ってないので、のんびりした風情の円山公園もいいですねぇ
お盆になんとか京都に行けましたが、そのあたりのブログを書こうと思いつつあまり進んでおりません~。毎日書き続けることのなんとすばらしいことか!

投稿: ばるさろ | 2015年8月25日 (火) 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哲学の道の夏 法然院へ | トップページ | 哲学の道の夏 大豊神社へ »