« さつきの庭園 曼殊院門跡  | トップページ | せせらぎと緑 貴船祭 奥宮 »

2015年6月 4日 (木)

貴船神社 緑の貴船祭  

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_7156a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日、近畿地方は梅雨入りしました。
梅雨入り前の天気の良い6月1日、京の奥座敷「貴船」へ行って来ました。貴船神社の貴船祭、緑あふれる中で、それはそれは綺麗でした。

貴船神社 (きふねじんじゃ) 
水の供給を司る水神である高?神(たかおかみのかみ)を祀る旧官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。全国に約500社ある貴船神社の総本社です。

Amp_6947a

中古より賀茂別雷神社(上賀茂神社)の摂社とされ、祭祀も賀茂別雷神社の神職らによって奉仕されていましたが、明治以後独立しました。

Jms_8201a

社名は古くは木船、貴布祢とも書いたが、明治4年(1871)以降「貴船」と改められました。(地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることから濁らず「きふね」といいます)。

Amp_7048a

6月1日は貴船神社での最大の祭儀の例祭 「貴船祭」です。

Amp_7088a

旧暦4月の祭の頃は、貴船神社付近の山間に虎杖(いたどり)が繁茂し、神職らが摘んでその多少を競い合ったことから、俗に「虎杖祭」とも呼ばれていました。

Amp_7052a

本殿で例祭が行われようとしています。窓ガラスに映った緑が綺麗ですね。

Amp_7050a

本宮にて厳かに神事が

Jms_8046a

静けさのなか、貴船川のせせらぎの音が心地よく聞こえてきます。

Jms_8182a

神事の後に舞楽が奉納されます。*記事の最後にある「お願い」を忘れないでね。

Amp_6992a

今年の演目は 左方舞 「胡飲酒 (こんじゅ)」  別名:「宴飲楽」

Jms_8150a

林邑(りんゆう ・ベトナム)八楽のひとつで、雅楽の中でも非常に有名とか。

Amp_7005a

舞楽奉納の後、石清水八幡宮、上賀茂神社、下鴨神社、吉田神社、各地の貴船神社の代表の方々の玉串奉納がありました。午後からは御神輿が出ます。

Amp_7017a

絵馬の発祥
貴船神社は古くから祈雨の神として信仰されてきました。晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されましたが、馬に代わって木の板に描いた馬が奉納されたこともあり、このことから絵馬が発祥したとも言われています。

Amp_7068a

本宮にて貴船大神の分霊を移した御神輿は貴船町内を巡行します。

山門をくぐり、御神輿が下りてきました。

Jms_8228a

もみじの枝を避けながら、ゆっくりゆっくり御神輿が下りてきます。

Jms_8239a

青もみじ、赤い灯籠、金色の御神輿、白い法被の若衆・・・美しいですね。

Jms_8242a

貴船神社の氏子は、わずか20世帯だそうです。御神輿の担ぎ手は他からも大勢来ておられます。

Jms_8252a

御神輿に乗っておられる方が枝を掃ったり、鳥居や門をくぐる時に屋根の上の鳳凰を外されます。

Amp_7161a

御神輿の後ろには綱を持った参拝客が続きます。

Jms_8263a

神輿は貴船町を巡行して行きました。後ろに続いておられる方々も一緒に・・・ 

Jms_8267a

神輿は午後3時半頃に奥宮に到着して、そこで奥宮例祭や出雲神楽の奉納などがあります。貴船川に沿って青もみじの中を神輿は進みます。

Jms_8270b

最後に、励みにしていますので、ブログランキングの応援をよろしくお願いします。(・・・ピンチが続いています)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
----------------------------------------------------------------

美しい鳳凰でした

Amp_7230b

|

« さつきの庭園 曼殊院門跡  | トップページ | せせらぎと緑 貴船祭 奥宮 »

 4 鞍馬 貴船」カテゴリの記事

祭 行事 ライトアップ 夏 5」カテゴリの記事

コメント

写真を拝見しているうちに、音楽や川の流れが聞こえてきそうです。
緑がほんとうにすがすがしいですね。
いつもすてきな写真を、ありがとうございます。

投稿: もっちゃん | 2015年6月 4日 (木) 06:49

青紅葉、赤い灯篭、金色の神輿、白い半被の若衆。
ねえ、本当に美しい。

真剣な若衆のお顔がまた素敵。

目にも心にも沁みるよいお祭りですね。

投稿: 8mama | 2015年6月 4日 (木) 10:21

ここは訪れたことがなくて、早く行かなきゃ!と思いつつなかなか行けてない所です~
日の光が強そうですが、木陰は涼しそう
本宮の中の白木が新品の色ですね~
神輿の担ぎ手は、どこの地方でも年々減少してるみたいですが、ここは大丈夫なんでしょうかね
三社祭などは、氏子以外から広く応募したりしてますが。。。有名なお祭だと、氏子じゃなくても担ぎたい人は沢山いそう。。

投稿: ばるさろ | 2015年6月 4日 (木) 21:26

★もっちゃんさん こんばんは♪
有り難うございます。
爽やかなせせらぎの音が伝わってたら嬉しいです。
本当に緑が深い貴船です。

投稿: りせ | 2015年6月 4日 (木) 23:41

★8mamaさん こんばんは♪
御輿を担ぐ会があるそうです。若い担ぎ手さんが多かったです。
なかなかのイケメンさんぞろいです。
以前行った時は雨だったので御神輿は中止でしたが、新緑の時期に素敵なお祭りです。

投稿: りせ | 2015年6月 4日 (木) 23:46

★ばるさろさん こんばんは♪
貴船神社のお祭りは7月にもありますし、七夕は8月中旬まで綺麗に飾ってますので、これから夏が良いですよ。
京都はお祭りには学生アルバイトの募集ポスターをよく見かけます。体験が記念にもなるし、学生寺時代の思い出に良いですね。
女性には巫女さんの募集がありますよ。
何処も担ぎ手不足なのでしょうか・・・京都にも御輿を担ぐ会があるそうです。
京都って結構御神輿の出るお祭りが多いですね。(よその事は知らないんですが)

投稿: りせ | 2015年6月 4日 (木) 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さつきの庭園 曼殊院門跡  | トップページ | せせらぎと緑 貴船祭 奥宮 »