« 伏見稲荷大社 田植祭   | トップページ | 真如堂 菩提樹と紫陽花 »

2015年6月12日 (金)

美しき朱の鳥居 伏見稲荷大社

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_8217a
※写真は全てクリックで拡大します。

伏見稲荷大社の鳥居の数はお稲荷さんのお山には一万基あるそうです。

「千本鳥居」が特に有名で、テレビでもよく紹介されますが・・・一万基に比べるとたったの十分の一。境内は約27万坪、お山一周には約2時間かかります。
・・・朱塗りの鳥居の列がずーっと続きます。

鳥居が朱色であるのは、古来その色が生命の躍動を表し災いを防ぐとして神殿などに多く使われたためで、これが鳥居にも影響しているとされます。

元気になる朱の鳥居。今日は、田植祭の前後に撮った美しい朱塗りの鳥居の景色を紹介します。 

Amj_9085a

千本鳥居の手前、修学旅行生も並んでいます。

Amp_8343a

千本鳥居の入り口。2つとも奥の院に通じていますが、右から進みます。

Amp_8365a

伏見稲荷大社の「よくあるご質問」から

お稲荷さんに鳥居がいっぱいある訳は?
願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がった結果です。

Amp_8370a

お稲荷さんは なぜ朱塗りなのか?
朱色は、魔力に対抗する色ともされていて、古代の宮殿や神社仏閣に多く用いられています。当社に限って云えば稲荷大神様のお力の豊穣を表す色と説明されています。

また朱の原材料は水銀=丹です。昔から木材の防腐剤として使われてきました。

Amp_8382a

鳥居の間から覗いて見ると・・・2列の千本鳥居

Amp_8396a

奥の院に向かうとき見える方は鳥居に奉納者は書かれていません。

Amp_8378a

奥の院が見えてきました。

Amp_8388a

重軽石(おもかるいし)の行列。

Amp_8353a

奥の院から戻る方には奉納者が書かれています。

Amp_8392a

千本鳥居を上から見てみると。。。

Amj_9063d

奥の院から先に進みます。

Amp_8200a

鳥居は大きくなって間隔も広がります。

Amp_8209a

かつて「お山一周」しています。興味のある方は→こちらから見て下さい。

Amp_8218a

朱色の鳥居の中、元気いっぱい

Amp_8215a

お山一周をそろそろもう一度・・・と、思っています。

Amp_8194a

Amp_8349a

この道を下がった先に田植えの神田があります。

Amp_8186a

下りてきたら、田植祭の神楽女さんが本殿の方に行かれました。

Amp_8405a

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こ ちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
----------------------------------------------------------------

Amp_8354a

|

« 伏見稲荷大社 田植祭   | トップページ | 真如堂 菩提樹と紫陽花 »

 2 伏見稲荷大社 摂社」カテゴリの記事

コメント

行きと帰りで、見え方の違う鳥居。
綺麗な朱。いつみても、いいもんですよね。

投稿: munixyu | 2015年6月12日 (金) 13:42

時代劇とか、ファンタジー系の映像で、ちょっとホラーチックに演出されることも多くて、ここを訪れるまではちょっとコワイんじゃないかと思ってたぐらいですが、全ての鳥居に奉納者の名前が書いてあって、人々の感謝と祈念の証だなぁ。。とわかると怖さも消えましたw重軽石って人が並んでるので、よく見ないで通り過ぎちゃったんですが、今宮神社の阿呆賢さんみたいなものかなぁ

投稿: ばるさろ | 2015年6月13日 (土) 18:36

★munixyuさん こんばんは♪
朱の鳥居も塗り立てが鮮やかで良いですね。
奉納者名が書いて無い方がやっぱり綺麗ですね。

投稿: りせ | 2015年6月13日 (土) 21:51

★ばるさろさん こんばんは♪
今宮神社の阿呆賢さんは身体の悪いところを撫でてこの石を摩れば回復が早まるという神占石ですが、
お稲荷さんの「重軽石」は、大小2つの石があってどちらかを選びます。そして持ち上げる時に思ったより軽かったら願いが叶う。予想より重かったら叶わないというものです。
千本鳥居よりもっともっと上に行くと、小さな祠とかあって・・・何となく気味悪いとこが出てきますよ。夜なんか恐いですよ。

投稿: りせ | 2015年6月13日 (土) 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伏見稲荷大社 田植祭   | トップページ | 真如堂 菩提樹と紫陽花 »